編プロ・Webコンサル

蒲田、京浜東北線(大田区)

市井文化社の近くにJRの駅はないが、5分ほど私鉄に揺られると蒲田に着く。新幹線や在来線を使うときは、まずこの蒲田駅に出る。蒲田駅もここ数年で様変わりした。駅ビルは「グランディオ蒲田」としてリニューアルし、隣接する東急プラザの別館も1年以上かけて作り直された。クレジット売買の先駆的役割を果たした丸井は...

≫続きを読む

 

【首都圏温泉銭湯探訪】炭酸水素塩泉・桜館

市井文化社(編集プロダクション)の地元について御紹介しよう。地震の多い日本列島は、一方で温泉大国ともいわれている。ビルの林立する東京でも温泉は数え切れないぐらいあり、また現在も新たに掘られている。それは同時に、日本人が温泉好きということでもある。温泉というと、ひなびた所へ転地療養というイメージが強い...

≫続きを読む

 

大田区・東矢口マンションで深夜のガス爆発騒ぎ

東京の編集プロダクション、市井文化社の作業所に近い大田区東矢口3丁目のマンションで、深夜大騒ぎです。2009年11月21日午前1時30分、ボーンという音がしたため、ガス爆発を疑い消防車が10台出動。ところが、調べても結局何の異常もなし。結局、消防署員と警官が地域を見回って終わり。このガス爆発騒ぎは何...

≫続きを読む

 

蒲田駅(池上線)

東京の編集プロダクション、年中無休の市井文化社は、蒲田駅の近くにある。東急池上線と多摩川線の始発駅、蒲田。今さらではあるが、ご紹介しよう。東急の蒲田駅は「京急蒲田」のように「東急蒲田」とはいわない。それは、JR東日本と蒲田東急プラザ2階にて連絡しているからである。ホームは現在では珍しい5面4線の頭端...

≫続きを読む

 

65歳以上の方に特別価格、新宿・アシベ会館のお寿司屋さん

東京の編集プロダクション、年中無休の市井文化社です。プレスネットからのお知らせです。魚心新宿総本店では、敬老の日(9月21日)65歳以上の方を対象に敬老の日特典特別価格にて「特上にぎり-茶碗蒸し、椀物付き」(通常価格2,600円)2,000円「特選にぎり-茶碗蒸し、椀物付」(通常価格1,800円)1...

≫続きを読む

 

荏原町商店街弁天通りのお祭り(東京・品川)

8月25ー26日、荏原町商店街の通称弁天通りでは、「第36回ちびっ子集まれ子供縁日」が行われた。商店街には露天が出て、26日には「ジャンボのり巻き大会」が行われた。東京の編集プロダクションである弊社としては、ぜひ見ておきたい名物大会である。商店街には机が一直線に並び、そこに寿司飯約450キロ、玉子焼...

≫続きを読む

 

玉川野毛町公園

遊戯施設、スポーツ場、古墳、といっても落語の三題噺ではない。玉川野毛町公園は、東京・世田谷は環状八号線(東京都道311号)沿いにある、それらの何ともユニークな取り合わせで人気のスポットだ。遊戯施設は、ジャングルジム、滑り台、シーソー、ブランコ、砂場と一通り揃っており、近所の親子連れを中心に平日もにぎ...

≫続きを読む

 

大田区2009年『花火大会』六郷土手

かつて、捕虜収容所だった平和島のある東京・大田区が平和都市宣言を行ったのは1984年。87年からはこれを記念して、毎年「終戦の日」の8月15日に花火の祭典を実施している。打ち上げ場所は大田区と神奈川県川崎市の境になる多摩川・六郷橋付近の河川敷だ。催し自体は花火だけでなく和太鼓演奏やアトラクション、平...

≫続きを読む

 

川崎市夢見が崎動物公園

動物園といえば、昔から家族揃って楽しむ定番スポットだが、たとえば上野動物園、多摩動物公園、葛西臨海水族館、井の頭自然文化園などの都立動物園は、廉価ながらもみな有料である。自然の動物を飼育することはコストがかかるから当然といえば当然かもしれない。例外的に大島動物公園は無料だが、ここは文字通り伊豆七島の...

≫続きを読む

 

洗足池(東京・大田区)

その昔、日蓮上人が足を洗ったことからその名がついたと言われる洗足池。豊かな自然が四季折々の表情を見せる。近隣には公園や図書館、児童館などもあり、訪れる人があとを絶たない人気のスポットだ。東急池上線「洗足池駅」改札口を出ると、目の前は中原街道。幹線道路とあって交通量も多く騒々しいが、歩道橋を渡ると、ま...

≫続きを読む

 

西郷山公園

流行誌ではつねに人気ナンバーワンのショッピングスクエア・代官山。旧山手通りを中心に、青葉台の高級住宅街にハイセンスな店舗がバランスよく点在する街のデザインは、青山や原宿ともひと味違う個性的な雰囲気を醸し出している。その代官山の名物スポットとして、若者の来園者も多いのが西郷山公園である。「代官山」では...

≫続きを読む

 

グランデュオ蒲田(東京・蒲田)

高度経済成長期の前に作られた駅ビルが、各地で改装されている。東京南端のJR駅・蒲田駅の駅ビルは、駅中央改札から東口にパリオ、西口にサンカマタが長らく営業されてきた。それが、一昨年8月でいったん休業。改装工事を経て、昨年夏からグランデュオ蒲田(東館・西館)としてオープンした。売り場面積は約19,000...

≫続きを読む

 

東芝科学館(川崎市幸区)

東芝科学館デモビデオより国道一号線(第2京浜国道)が、東京から多摩川を渡って神奈川県・川崎市に入ってまもなく、向かって右側に日本を代表する総合電機メーカー・東芝の小向工場がある。その敷地の一角で、展示物や技術のデモンストレーションを一般に公開している建物が東芝科学館だ。具体的には、同社の事業に深く関...

≫続きを読む

 

アロマスクエア(東京・大田区)

JR・東急蒲田駅の東口から徒歩3分のところに、大きな建物が出来た。アロマスクエアだ。アロマスクエアは、香料メーカーの高砂香料工業の工場跡地を大田区と日本生命が共同で開発。建物の名称もそこから付けられている。正面の地上18階・塔屋1階・地下3階の巨大な建物は「アロマプラザ」という。立派な蒲田のランドマ...

≫続きを読む

 

大田区の温泉・桜館(池上)

地震の多い日本列島は、一方で温泉大国ともいわれている。ビルの林立する東京でも温泉は数え切れないぐらいあり、また現在も新たに掘られている。それは同時に、日本人が温泉好きということでもある。温泉というと、ひなびた所へ転地療養というイメージが強いが、たとえば首都圏の中にも温泉は実はかなり多く存在するのだ。...

≫続きを読む

 

蒲田電車区は東京・大田区の隠れランドマーク

東京の京浜東北線・蒲田電車区で殺人事件発生!といっても小説のお話である。松本清張の『砂の器』には、国鉄といわれていた時代の「蒲田操車場」が舞台になったことがある。時代は移り変わり、国鉄はJR東日本になったが、東京支社の運転士はここに所属しており、同線にとってもJR東日本にとっても、この電車区は重要な...

≫続きを読む

 

品川区で食べる名古屋うどん

今日も旗の台の飲食店巡りだ。グルメ雑誌などで何度も紹介されている名古屋うどんの店、「でら打ち」。「でら」とは名古屋弁で「どえらい」を意味する言葉だそうで、直訳すると「すごく(旨い)手打ち麺」ということになるらしい。謙遜を美徳とする我が国にあって、そうした店名を名乗るということは麺によほどの自信がある...

≫続きを読む

 

1000円で満腹になる?江戸前寿司?『旗の寿司』(東京都・品川区)

今日は東急池上線の沿線情報を書こう。回転寿司の台頭で、ご馳走からファーストフードへと格下げされた感のある寿司だが、やはり回る寿司と回らない寿司とでは雲泥の差があるだろう。ネタの質が違うことぐらい私にだってわかる。それに回転寿司といえども500円や1000円ではなかなか満腹にはならない。もっとも、一番...

≫続きを読む

 

JR蒲田東口商店街

「大田」区という名前は「大」森と蒲「田」から、というのは以前も書きましたが、それぞれ町の特長があります。大森は大森の歴史がありますが、繁華街としての歴史は圧倒的に蒲田でしょう。1960年代は国鉄東口に駅ビルがあるだけでしたが、70年の万国博覧会(いわゆる万博)が開かれた年に、西口の駅ビルとその隣に東...

≫続きを読む

 

石丸謙二郎さんも食べた魚屋食堂

『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)という番組で、東急多摩川線の巻が放送されたことがありました(2008年7月26日)。そこではレポーターの石丸謙二郎さんが武蔵新田駅の街を散策するシーンで発見した魚屋さんで、刺身盛合せ定食とアジフライを食べました。あれは、実は武蔵新田からは少し離れています。国道一...

≫続きを読む

 

梅屋敷公園(東京・大田区)

京急線の京急蒲田と梅屋敷の間に、国道15号線に面した公園がある。聖跡蒲田梅屋敷公園。土地の者は、上半分を取ってただの梅屋敷公園と呼ぶ。梅屋敷という文字通り、江戸(文政)時代に富豪の薬屋・山本久三郎が、近郷から数百本の梅の銘木を集めて造られた庭園と聞く。東海道中の名物だったらしい。庭園は東京市に寄付さ...

≫続きを読む

 

京浜東北線上仲踏切(東京・大田区)

JR蒲田と大森の間の踏切です。2009年7月3日17時40分頃撮影。最初に南行電車が通り、次に北行電車が通ります。どちらも京浜東北線です。ここは直線で、電車はちょうど加速されるところです。この間は京浜東北線と東海道本線が走るため、「開かずの踏切」と呼ばれる所が続くのですが、京急とは違い解決の目処は立...

≫続きを読む

 

池尻大橋駅です(半蔵門線)

2009年7月7日14時20分、および15時7分撮影。渋谷方面行は南栗橋行で東急線5000系(5508)です。二子玉川方面行は中央林間行で東武線50000系です。半蔵門線も、ずいぶん遠くまで行くようになりました。他線でいちばん近いのは、井の頭線の駒場東大前駅です。中目黒も歩けないことはないのですが、...

≫続きを読む

 

等々力渓谷公園(東京・世田谷区)

多摩川に流れる河川はいくつもあるが、その中の一つ、世田谷西北部の湧き水が合流したのは谷沢川。東京・世田谷区の東京都道311号(環状八号線)を横切るあたりは、宅地開発も公害も逃れ、自然の生態系を残した森林が残り、ひたすら川のせせらぎと野鳥のさえずりだけが聞こえてくる。そこは東京指定名勝(すぐれた景観)...

≫続きを読む

 

東急大井町線・九品仏から自由が丘

2009年7月7日、15時27分頃撮影駅を出るといきなりカーブ。そして続く直線。自由が丘は東急東横線への乗換駅です。

≫続きを読む

 

東急池上線・石川台から洗足池まで

2009年7月3日、13時47分頃撮影。このへんも大田区です。大田区は広いですね。北部は田園調布、雪が谷、久が原、馬込、池上、中央、南部は多摩川、矢口、蒲田、糀谷、森が崎、羽田。高級住宅街の田園調布と、数少ない関東のアスベスト被害発生地の森が崎が同じ区内とは......。(森が崎に住んでおられる方、...

≫続きを読む

 

兵庫島公園(東京・世田谷区)

今回ご紹介するのは、兵庫島公園だ。東京都と神奈川県の境目になる多摩川には、その両脇に芝生や公園、ゴルフ場やサイクリングコース、釣り場などが造成されたいくつかの河川敷スポットがある。売店や遊具などは少ないが、むしろ飾り気のない土地と緑の中でひとときを過ごすにはことは、都会の喧噪から離れたいい息抜きにな...

≫続きを読む

 

東急池上線・御嶽山から雪谷大塚まで

2009年7月3日、13時44分頃撮影。御嶽山駅は、新幹線・横須賀線が真下を通るため、鉄道マニアの撮影場所として「知る人ぞ知る」駅です。雪谷大塚駅は池上線の電車区があり、池上や旗の台とともに池上線の中では重点駅になります。

≫続きを読む

 

京浜東北線北行山谷道踏切通過!

2009年7月3日16時0分頃撮影。JR大森駅近くにあります。開かずの踏切の一つに数えられています。

≫続きを読む

 

東急池上線荏原中延1号踏切上下線通過!

2009年7月3日、14時2分頃撮影。荏原中延近くの踏切です。池上線としてはまずまず加速されていますね。

≫続きを読む

 

千鳥町(蒲田方面)

今日も千鳥町駅です。相対式ホーム2面2線で、上下線ホーム間の移動はできません。今、池上線でそれができるのは、島式ホームをのぞくと、池上と旗の台、地下の荏原中延と長原ぐらいではないでしょうか。川崎や市川にも同名の町がありますね。

≫続きを読む

 

千鳥町(五反田方面)

東京・大田区の千鳥町。高級住宅街の久が原と、多摩川に続く下丸子に挟まれて目立たない街ですが、駅は一定の乗降客があります。踏切の背後に少しだけ映った薬局は、『ぶらり、途中下車の旅』で取り上げられましたね。薬局なのに各国の国旗を売っているというのです。私はアメリカの国旗を買って、『ゆうひが丘の総理大臣』...

≫続きを読む

 

夕方の池上駅です

6月30日17時40分撮影。池上本門寺で有名な池上です。西島三重子の歌もありましたね。東急池上線池上駅は、東急バスのターミナルでもあります。電車は02運行五反田行1000系(1032)です。

≫続きを読む

 

下丸子(環八側)

東急多摩川線多摩川線蒲田行1000系が下丸子を発車しました。2009年6月30日、18時14分頃撮影。下丸子駅は、下り方面が多摩川側になり、蒲田方面が環状八号線になります。環状八号線の完成は、この下丸子と鵜ノ木の間の貫通をかなり長い間待ちました。今では、たくさんの車が行き来しています。

≫続きを読む

 

下丸子(多摩川側)

東急多摩川線多摩川行7700系が下丸子駅に到着しました。2009年6月30日18時12分頃撮影。最後尾は7705です。「下丸子」というのはたんなる駅名ではなく、駅周辺の町名でもあります。東急東横線にも「新丸子」(川崎市)という駅があります。これは「丸子の渡し」からきており、丸子橋という多摩川の鉄橋は...

≫続きを読む

 

東急東横線5000系が多摩川駅到着

2002年から導入を進めている、「人と環境に優しい車両」をコンセプトにした新車両です。現在、東横線、目黒線、田園都市線で活躍しています。逆光で横浜方面ホームから撮りました。多摩川駅に停車したということで「急行」ですね。池上・多摩川線の7000系、大井町線の6000系など、同様のコンセプトの車両が出て...

≫続きを読む

 

田園調布駅に到着する東横線(みなとみらい線)Y500系

東横線、渋谷行です。車両はみなとみらい線のY500系です。地上駅の頃は西口の駅舎が名物で、待ち合わせにも使われました。お隣には目蒲線が走っていたのですが、今は目黒線です。

≫続きを読む

 

今は懐かしい「目蒲線」の蒲田行きが多摩川駅に到着

今は懐かしい「目蒲線」(現在一部が多摩川線)が、田園調布から多摩川に到着するところです。もう10年ぐらい前のものです。今は多摩川駅で折り返しになりました。もっとも、軌道そのものが取り払われているわけではないと思うので、いずれ、渋谷発多摩川経由蒲田行ができる......かもしれないですけど。

≫続きを読む

 

 
Home 会社概要 市井のブログ RSS サイト内全記事一覧