「 名物 」一覧

一本堂・池上店、モチモチぱん焼きたてを一斤まるごと購入

一本堂・池上店、モチモチぱん焼きたてを一斤まるごと購入

一本堂・池上店が話題になっています。2016年7月27日、大田区池上仲通り商店街に開店しました。2013年に大阪の都島に直営の一号店ができた、トリコ株式会社が運営する食パン専門店『一本堂』。その後、フランチャイズ契約をした企業や個人経営者が、大阪、東京、神奈川、愛媛、愛知などで次々と開店。そして我が大田区にやって来たのです。

ブーランジェリーミモレット(南蒲田)で大田区発祥のあげぱんを

ブーランジェリーミモレット(南蒲田)で大田区発祥のあげぱんを

ブーランジェリーミモレット、という大田区南蒲田のパン屋さんに行きました。ここは大田区発祥といわれる『蒲田あげぱん』を、注文すれば揚げたてで売ってくれます。もちろん、他のオリジナル商品もたくさんあるステキなお店ですが、今回はあげぱんについて少し書いてみましょう。

馬込三寸にんじんまんじゅう、馬込文士村商店会御菓子司わたなべ

馬込三寸にんじんまんじゅう、馬込文士村商店会御菓子司わたなべ

馬込三寸にんじんまんじゅう。馬込文士村商店街の御菓子司わたなべで売っています。大田区馬込の特産品を使ったご当地商品です。そのほか、「文士村」の文字が刻まれている半月状のつぶあんをくるんだ『馬込文士村馬込の月』、こしあんの『文士村まんじゅう』、つぶあんの『馬込文士村どら焼』などがあります。

ニーハオの羽根付き餃子(大田区池上)自分でも作ったけど……

ニーハオの羽根付き餃子(大田区池上)自分でも作ったけど……

ニーハオといえば、もう羽根付き餃子発祥のお店としてマスコミでもずいぶんとりあげられました。羽根付き餃子の「羽根」というのは、片栗粉や小麦粉が餃子の肉汁を吸って膜(羽)になり餃子をつなげているものです。パリパリ感とともに、肉汁を逃さず味わうことができるわけです。

グランデュオ蒲田の成城石井で購入した『国内産ごぼうせんべい』

グランデュオ蒲田の成城石井で購入した『国内産ごぼうせんべい』

グランデュオ蒲田といえば、名称はかわったものの、国鉄時代から大田区・蒲田住民に親しまれてきた駅ビルです。そのグランデュオ蒲田に、食料品主体のスーパーマーケットチェーン・成城石井が進出してきました。東口入口の、以前ハンバーガーショップがあったところです。

京急蒲田人気質、「話し始めると止まらない」「赤でも渡る人」

京急蒲田人気質、「話し始めると止まらない」「赤でも渡る人」

京急蒲田(以前は京浜蒲田といいました)といえば、大田区の新しい中心部として再開発が今も進んでいます。3年前には、本線と羽田空港線が高架化しました。『日刊ゲンダイ』(2014年12月19日付)に掲載された「江戸東京町歩き」という連載の「京急蒲田」編によると、その京急蒲田沿線の人には、独自の気質があるといいます。