「 名物 」一覧

京急蒲田人気質、「話し始めると止まらない」「赤でも渡る人」

京急蒲田人気質、「話し始めると止まらない」「赤でも渡る人」

京急蒲田(以前は京浜蒲田といいました)といえば、大田区の新しい中心部として再開発が今も進んでいます。3年前には、本線と羽田空港線が高架化しました。『日刊ゲンダイ』(2014年12月19日付)に掲載された「江戸東京町歩き」という連載の「京急蒲田」編によると、その京急蒲田沿線の人には、独自の気質があるといいます。

蒲田温泉まんじゅう、和菓子処清野、温泉の大田区

蒲田温泉まんじゅう、和菓子処清野、温泉の大田区

蒲田温泉まんじゅう。文字通り、東京大田区・蒲田の名物饅頭です。和菓子処清野というお店で売られています。まんじゅうといってもいろいろ種類はありますが、いわゆる薄皮まんじゅうです。茶色い薄い皮に、たっぷりこしあんが詰まっています。そして、表面には温泉印の刻印があります。

磯崎家(大田区羽田)は羽田太鼓(どら焼き)や穴守の鈴は(一口もなか)など羽田や穴守稲荷をイメージする和菓子販売

磯崎家(大田区羽田)は羽田太鼓(どら焼き)や穴守の鈴は(一口もなか)など羽田や穴守稲荷をイメージする和菓子販売

磯崎家という和菓子屋さんは、穴守稲荷とともに連想できる大田区有数の名店です。「穴守ふれあい通り」という京急羽田空港線穴守稲荷駅前商店街にあり、羽田太鼓・穴守の鈴など、文字通り羽田や穴守稲荷をイメージするオリジナル和菓子を販売しています。

丸子峠大鯛焼き屋大森店(大田区大森西)は勇吉丸が焼いて販売している日本で2番目に大きな鯛焼きで大田区名物です

丸子峠大鯛焼き屋大森店(大田区大森西)は勇吉丸が焼いて販売している日本で2番目に大きな鯛焼きで大田区名物です

勇吉丸が販売している、丸子峠大鯛焼き屋大森店は、大田区の名物の一つです。日本で2番目に大きな鯛焼きを焼いているからです。お店は、蒲田と大森を、国道15号線よりひとつ内側から並走する東邦医大通りを北上した、京急線大森町と平和島の間あたりに位置します。