「 JR大森駅 」一覧

ブタックカードは野郎ラーメンが発行する常連客カードで1人あたり600円相当の無料260円の割引が期間制限無しで利用可

ブタックカードは野郎ラーメンが発行する常連客カードで1人あたり600円相当の無料260円の割引が期間制限無しで利用可

ブタックカードがネットでも話題になっています。ブタックカードご存知ですか。ブタックカードとは野郎ラーメンが発行している常連客サービスカードです。大田区の野郎ラーメンといえば、大森店があります。JR大森駅東口を下車徒歩3分程度のところです。

馬込文士村(大田区山王など)は室生犀星の説明板があり読むと大岩雄二郎(ゆうひが丘の総理大臣)との接点を感じます

馬込文士村(大田区山王など)は室生犀星の説明板があり読むと大岩雄二郎(ゆうひが丘の総理大臣)との接点を感じます

馬込文士村といえば、日本の近代文学を支えた作家や詩人や芸術家などが、大正末期から昭和初期に移り住み、互いの家を行き来し交流した場所。今も記念館や居住跡案内板がある散策コースです。室生犀星(1889~1962 詩人・小説家)その一人でした。

野郎ラーメン大森店(大田区大森北)の鶏G郎(トリジーロウ)は鶏ガラ鶏塩スープ、皮付き鶏モモ肉のチャーシュー麺

野郎ラーメン大森店(大田区大森北)の鶏G郎(トリジーロウ)は鶏ガラ鶏塩スープ、皮付き鶏モモ肉のチャーシュー麺

野郎ラーメン大森店(大田区大森北1-3-9)の鶏G郎(トリジーロウ)が注目を集めています。同店曰く「モリ系ラーメンの概念をブチ壊す渾身の一杯!」として、鶏ガラ鶏塩スープ、皮付き鶏モモ肉のチャーシュー、平打ち麺、そしてもちろんガツ盛りです。

天冨久(大田区大森北)はネタ7種類以上の昼の天丼と元全日本女子プロレスのゴンゴンこと小倉由美が女将でお馴染み

天冨久(大田区大森北)はネタ7種類以上の昼の天丼と元全日本女子プロレスのゴンゴンこと小倉由美が女将でお馴染み

天冨久(てんふく、大田区大森北)という天ぷら・天丼専門店が人気です。ランチタイムには、7種類以上のネタがのった天冨久の『昼の天丼』を食べるため、車を使ってきた来店者が並びます。元全日本女子プロレスのゴンゴンこと小倉由美が女将をしています。

葡萄の牙(大田区大森)はやわらかいランプ肉とLINEも使うネット戦略奏功居酒屋が昼のランチ開始であっという間に満員

葡萄の牙(大田区大森)はやわらかいランプ肉とLINEも使うネット戦略奏功居酒屋が昼のランチ開始であっという間に満員

葡萄の牙(東京大田区大森)というステーキ&ワインのお店も、大田区では有名です。ネットで「葡萄の牙」と検索すると、店の規模を考えたら失礼ながら予想以上に関連ページがヒットします。それだけ、多くの訪問者がネット上で情報を発信したくなるお店なのでしょう。