政治・経済

知ってはいけない合本版(矢部宏治著、講談社現代新書)は、戦後一貫して首相や官僚でさえもわかっていない「ウラの掟」が存在と指摘

知ってはいけない合本版(矢部宏治著、講談社現代新書)は、戦後一貫して首相や官僚でさえもわかっていない「ウラの掟」が存在と指摘。それが長く社会全体の構造を歪めていることを明らかにし、日本の権力構造を徹底解明しています。
自然科学・医学

歯医者が難病になってわかったこと(長尾周格著、三五館)は、糖質制限や牛乳・ヨーグルトの忌避によって口を含めた健康を指南

『歯医者が難病になってわかったこと』(三五館)を読みました。著者は歯学博士の長尾周格医師。虫歯や歯周病のメカニズムではなく、糖質制限や牛乳・ヨーグルトの忌避によって、口を含めた健康を指南。歯科医療の視点から食事と健康の関連性を探求しています。
文学・文芸・読み物

タワマンに住んで後悔してる (グラハム子/著、窓際三等兵/その他) は、タワマンに住む家族を中心にした家族3組の虚栄と内情を描く

タワマンに住んで後悔してる (グラハム子/著、窓際三等兵/その他) は、タワマンに住む家族を中心にした家族3組の虚栄と内情を描いています。「タワマン文学」の先駆者、窓際三等兵さんの原作をグラハム子さんが漫画化しました。
スポンサーリンク
芸能・エンターテイメント

君は山口高志を見たか(鎮勝也著、講談社)を読みました。「日本プロ野球史上最も速い球を投げた投手」(wiki)の伝説の時代

君は山口高志を見たか(鎮勝也著、講談社)を読みました。「日本プロ野球史上最も速い球を投げた投手」(wiki)の伝説の時代と、スター選手らしくない謙虚さと真面目さで、60歳過ぎてもユニフォームを着続けたプロ野球人生が書かれています。
政治・経済

人をひきよせる天才 田中角栄【合冊版】(木村周司/著、田中京/読み手、カルトコミックス)は、田中角栄の総理になるまでを漫画化

人をひきよせる天才 田中角栄【合冊版】(木村周司/著、田中京/読み手、カルトコミックス)は、田中角栄の総理になるまでを漫画化したものです。巻末に田中角栄さんの格言集、そして本誌監修者である息子の田中京さんのインタビューを掲載しています。
実用

まるごと覚えて頭も良くなるA4・1枚記憶法(池田義博著、東洋経済新報社)をご紹介します。A4用紙・1枚を使った記憶法を教示

まるごと覚えて頭も良くなるA4・1枚記憶法(池田義博著、東洋経済新報社)をご紹介します。A4用紙・1枚を使った記憶法を教示しています。著者は、世界記憶力グランドマスター・記憶力日本一を6度獲った専門家。「覚えるのが楽しくラクになる、独自メソッド」を標榜しています。
文学・文芸・読み物

ヴィヨンの妻(太宰治著、青空文庫)は、放蕩夫の妻の視点で描いた、太宰作品としてはめずらしくカリカチュアライズされた短編小説

ヴィヨンの妻(太宰治著、青空文庫)は、放蕩夫の妻の視点で描いた、太宰作品としてはめずらしくカリカチュアライズされた短編小説です。6月19日生まれの太宰治さんは東京帝国大学仏文科を中退、共産党新派活動からの脱落、自殺未遂、心中、薬物中毒などを図るなど波乱万丈の人生でした。
文学・文芸・読み物

横山光輝さんは『魔法使いサリー』『鉄人28号』『水滸伝』『コメットさん』など長年にわたり歴史やSFなどのジャンルで漫画を発表

6月18日は横山光輝さん(1934年6月18日~2004年4月15日)の生まれた日です。長年にわたり歴史やSFなど幅広いジャンルで漫画を発表しました。『魔法使いサリー』『鉄人28号』『伊賀の影丸』『仮面の忍者赤影』『コメットさん』『バビル2世』『水滸伝』『三国志』などおなじみです。
実用

葬式は、要らない(島田裕巳著、幻冬舎)は古代から現代までの葬儀様式を考察し、日本人の死生観の変遷を追求しています

『葬式は、要らない』(島田裕巳著、幻冬舎)は、古代から現代までの葬儀様式を考察し、日本人の死生観の変遷を追求しています。奇しくも今日は、原節子さん(1920年6月17日~2015年9月5日)が生まれて104年目。大スターの葬式もひっそりと行われました。
実用

黒酢大辞典(Food for Well-being 編集部著、Kindle)は、「美容・健康効果とレシピ」とサブタイトルが付く、黒酢の効用紹介です

黒酢大辞典(Food for Well-being 編集部著、Kindle)は、「美容・健康効果とレシピ」とサブタイトルが付く、黒酢の効用紹介です。Food for Well-beingとは、オーガニックや無添加の食品を提供するオンラインストア・。かわしま屋が運営するWebサイトです。
実用

親ゆびを刺激すると脳がたちまち若返りだす!(長谷川嘉哉著、サンマーク出版)は、親指を動かすと認知症対策など8つの良いこと

親ゆびを刺激すると脳がたちまち若返りだす!(長谷川嘉哉著、サンマーク出版)は、親指を動かすと認知症対策など8つの良いことがあると指南する書籍です。高齢者による認知機能が原因と思われる交通事故が近年多発しており、本書は12万部を売ったそうです。
芸能・エンターテイメント

カープー苦難を乗りこえた男たちの軌跡(松永郁子著、駒沢悟監修、宝島社)は、OB証言を中心に1975年の初優勝までの苦闘をまとめた

カープー苦難を乗りこえた男たちの軌跡(松永郁子著、駒沢悟監修、宝島社)をご紹介します。長谷川良平、上田利治、古葉竹識、外木場義郎、衣笠祥雄、山本浩二、達川光男といったOBの証言を中心に、その多くを1975年の初優勝までの苦闘に紙数を費やした資料的価値の高い書籍です。
スポンサーリンク