実用

「そ・わ・か」の法則(小林正観、サンマーク出版)は、そ=そうじ、わ=わらい、か=かんしゃという3つのキーワード実践で幸せに生きる

「そ・わ・か」の法則(小林正観、サンマーク出版)は、そ=そうじ、わ=わらい、か=かんしゃという3つのキーワード実践で幸せに生きることを啓蒙しています。2007年にサンマーク出版から上梓され、2011年に文庫化されました。
文学・文芸・読み物

『マンガで読む名作 地獄変・河童』(原作/芥川龍之介。漫画/地引かずや)は、原作者の心情を色濃く反映したとされる2編の漫画化(後)

『マンガで読む名作 地獄変・河童』(原作/芥川龍之介。漫画/地引かずや)は、原作者の心情を色濃く反映したとされる2編の漫画化です。今回は、日本社会を痛烈に批判し、作者の自サツの動機を考える上でも重要な作品と言われる『河童』をご紹介します。
文学・文芸・読み物

『マンガで読む名作 地獄変・河童』(原作/芥川龍之介。漫画/地引かずや)は、原作者の心情を色濃く反映したとされる2編の漫画化(前)

『マンガで読む名作 地獄変・河童』(原作/芥川龍之介。漫画/地引かずや)は、原作者の心情を色濃く反映したとされる2編の漫画化です。今回は、そのうち芸術至上主義を凄絶に描いた、芥川王朝物の代表作といわれる『地獄変』をご紹介します。
スポンサーリンク
文学・文芸・読み物

『風立ちぬ』は、堀辰雄が自らの経験を中編小説にまとめたといわれる、結核を患った婚約者との切ない恋愛の思い出を描いた作品

『風立ちぬ』は、堀辰雄が自らの経験を中編小説にまとめたといわれる、結核を患った婚約者との切ない恋愛の思い出を描いた作品です。本作を「結婚学」の見地から分析・解説する、森川友義さんに理解を助けていただきながら見ていきたいと思います。
宗教

漫画で読む文学『蜘蛛の糸』(イラスト/だらく)は大泥棒のカンダタがお釈迦様の慈悲に応えられる利他の精神を持たなかった話

漫画で読む文学『蜘蛛の糸』(原作/芥川龍之介、イラスト/だらく)は、地獄に落ちた大泥棒のカンダタが、お釈迦様の慈悲で仏国土に引き上げられる機会を得ながら、利他の精神を持たなかったばかりにそれが実現しなかった仏教的寓話です。
事件・事故

代理ミュンヒハウゼン症候群による我が子サツ害事件(2008年)を漫画化したのは『実録!女たちの猟奇事件簿』(ストーリーな女たち)

代理ミュンヒハウゼン症候群による我が子サツ害事件(2008年)を漫画化したのは『実録!女たちの猟奇事件簿』(ストーリーな女たち)です。母親が5人の女児を産み、そのうち3人をシに至らしめ、1人をコロしかけた事件の背景に「褒めて育てる」危うさを感じさせます。
文学・文芸・読み物

阿Q正伝(原作/魯迅、作画/バラエティ・アートワークス、Teamバンミカス)は、阿Qを当時の中国人の象徴として批判的に描く

阿Q正伝(原作/魯迅、作画/バラエティ・アートワークス、Teamバンミカス)は、阿Qの生き方を当時の中国人の象徴として批判的に描いた小説です。著者の魯迅自身も中国人ですが、中国社会の病理としての人民の無知と無自覚を痛烈に風刺し、社会変革を目指したのです。
文学・文芸・読み物

よみがえった改心(とりもどされた改心)は、オー・ヘンリーの代表作のひとつとして、テレビドラマや映画に翻案されています

よみがえった改心(とりもどされた改心)は、オー・ヘンリーの代表作のひとつとして、テレビドラマや映画に翻案されています。平穏な暮らしを得て足を洗おうとした腕利きの金庫破りと、「最後の仕事」を目撃した老刑事の葛藤を描いています。
文学・文芸・読み物

ある男(平野啓一郎、コルク)は、父親が殺人犯死刑囚ため背乗りしたXと自己同一性に悩みながら正体を突き止める在日三世弁護士の話

『ある男』(平野啓一郎、コルク)は、父親がサツ人犯シ刑囚ため背乗りしたXと自己同一性に悩みながら正体を突き止める在日三世弁護士の話です。いずれも、自らの血(統)に翻弄されながら、その「ほしのもと」に抗い、名前を変える意味を考えさせるヒューマン作品です。
文学・文芸・読み物

坊っちゃん(原作/夏目漱石、漫画・制作/Teamバンミカス)は、言わずとしれた国民的文豪・夏目漱石の代表作『坊っちゃん』を漫画化

坊っちゃん(原作/夏目漱石、漫画・制作/Teamバンミカス)は、言わずとしれた国民的文豪・夏目漱石の代表作『坊っちゃん』を漫画化。数学教師として赴任した四国・松山の中学校で、一筋縄ではいかない連中に立ち向かい自分を貫き通す江戸っ子の痛快活劇です。
文学・文芸・読み物

萩原朔太郎 猫町萬画版(トーエ・シンメ著)は、萩原朔太郎の原作をもとに漫画化し、さらに新たなストーリーを加えています。

萩原朔太郎 猫町萬画版(トーエ・シンメ著)は、萩原朔太郎の原作をもとに漫画化し、さらに新たなストーリーを加えています。ヤく物の中毒である原作者が、三半規管の不具合のせいだと言い訳しながら、自分が見た幻覚について語る物語です。
文学・文芸・読み物

『藪の中』は、平安時代に盗人に襲われた夫婦の事件を、目撃者や当事者たちが検非違使(裁判官)に一人ずつ語っていく物語

『藪の中』は、平安時代に盗人に襲われた夫婦の事件を、目撃者や当事者たちが検非違使(裁判官)に一人ずつ語っていく形式の物語です。今で言えば裁判モノです。というより、現在の公判を舞台にした映画やドラマのもとになっている作品と言えるかもしれません。
スポンサーリンク