文学・文芸・読み物

学研まんが NEW日本の伝記1 織田信長 天下統一をめざした武将(イラスト/山田圭子、編集/田代脩)は、歴史漫画全16巻の第1巻目

学研まんが NEW日本の伝記1 織田信長 天下統一をめざした武将(イラスト/山田圭子、編集/田代脩)は、歴史漫画全16巻の第1巻目です。織田信長の青年時代からその生涯を描いています。仏教の側から見ると、比叡山の焼き討ちや浄土真宗の分裂などを起こした人物です。
文学・文芸・読み物

いつかの人質(芦沢央、角川文庫)は誘拐事件を扱ったミステリー小説。女の子が誘拐され失明して帰ってくるショッキングな始まり

いつかの人質(芦沢央、角川文庫)は誘拐事件を扱ったミステリー小説。女の子が誘拐され失明して帰ってくるショッキングな始まりです。そして、12年後にまた何者かに連れ去られてしまいます。同時期には誘拐事件の加害者の娘の失踪しますが……
文学・文芸・読み物

イヴの末裔-Y氏の隣人特別編(吉田ひろゆき著)は世の中の不条理や、生きることの難しさなどを描く1話完結の短編オムニバス作品

イヴの末裔: Y氏の隣人特別編(吉田ひろゆき著)は、世の中の不条理や、生きることの難しさなどを描く1話完結の短編オムニバス作品。1988年~2002年まで『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に連載されましたが、本書はその21世紀版。全8編うち1本は新作書き下ろしだそうです。
スポンサーリンク
文学・文芸・読み物

よだかの星(原作/宮沢賢治、作画/みつる)は『まんが宮沢賢治童話集1』(かっぱ舎)に収録された同名の童話のコミカライズ

よだかの星(原作/宮沢賢治、作画/みつる)は、『まんが宮沢賢治童話集1』(かっぱ舎)に収録された同名の童話のコミカライズです。『まんが宮沢賢治童話集1』(かっぱ舎)には、13作の宮沢賢治原作による童話のコミカライズが収録されています。
文学・文芸・読み物

ひかりの素足(原作/宮沢賢治、作画/みつる)は、『まんが宮沢賢治童話集1』(かっぱ舎)に収録された同名の童話のコミカライズ

ひかりの素足(原作/宮沢賢治、作画/みつる)は、『まんが宮沢賢治童話集1』(かっぱ舎)に収録された同名の童話のコミカライズです。『まんが宮沢賢治童話集1』(かっぱ舎)には、13作の宮沢賢治原作による童話のコミカライズが収録されています。
文学・文芸・読み物

さぶ(原作/山本周五郎 漫画/青藤いろは、愛本出版)は友情と試練を通して「人間とは?」「生きるとは?」を想いめぐらす

さぶ(原作/山本周五郎 漫画/青藤いろは、愛本出版)は、英二とさぶの友情と試練を通して「人間とは?」「生きるとは?」を想いめぐす日本文学の傑作です。『赤ひげ診療譚』や『季節のない街(『どですかでん』として映画化)』でおなじみ山本周五郎の代表作です。
文学・文芸・読み物

人間交差点(原作/矢島正雄、漫画/弘兼憲史、小学館)は、人生の様々な喜怒哀楽を描いた単話オムニバス形式の人間ドラマです

人間交差点(原作/矢島正雄、漫画/弘兼憲史、小学館)は、人生の様々な喜怒哀楽を描いた単話オムニバス形式の人間ドラマです。登場人物の心理描写や感情表現が非常に細かく、時代背景や社会問題を反映した話題も多く取り上げられました。
実用

新版 厳選紅茶手帖(世界文化社著)は、厳選シングルオリジン紅茶63種を紹介。至福の紅茶を味わうための7テーマを網羅しています

新版 厳選紅茶手帖(世界文化社著)は、厳選シングルオリジン紅茶63種を紹介。至福の紅茶を味わうための7テーマを網羅しています。紅茶の基礎知識やいれ方のコツ、世界の紅茶産地やブランドの紹介、おすすめの紅茶店やアフタヌーンティーの情報など、紅茶に関するさまざまな内容です。
自然科学・医学

僕は、死なない。(刀根健著、SBクリエイティブ)は、肺がんステージ4Bから奇跡的な生還を果たした323日間の壮絶な体験記です

僕は、死なない。(刀根健著、SBクリエイティブ)は、肺がんステージ4Bから奇跡的な生還を果たした323日間の壮絶な体験記です。原発以外に、脳や目を含む全身転移は1カ月の入院を経て奇跡的に回復。2017年7月末の診察でがんはほとんど消失していたそうです。
文学・文芸・読み物

『魔術:マンガ版』は、年の若い魔術家のインド人、マティラム・ミスラ君を訪ねた「私」が魔術を教えてほしいと依頼する話

『魔術:マンガ版』は、年の若い魔術家のインド人、マティラム・ミスラ君を訪ねた「私」が魔術を教えてほしいと依頼する話です。誰でも造作なく使えるという魔術ですが、条件は「欲を捨てること」でした。原作/芥川龍之介、漫画/Midorikodan。
文学・文芸・読み物

罪の余白(つみのよはく)は娘を自殺に追いやったクラスメイトと復讐の炎を燃やす父親との攻防が描かれる芦沢央によるサスペンス

罪の余白(つみのよはく)は、娘をシに追いやったクラスメイトと復讐の炎を燃やす父親との攻防が描かれる芦沢央によるサスペンス小説です。第3回野性時代フロンティア文学賞受賞作。加筆・修正された上で単行本化され、2012年に角川書店から発売されました。
社会

ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活(國友公司著、彩図社)は、大阪西成の「あいりん地区」で実際に暮らした取材記録です。

ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活(國友公司著、彩図社)は、大阪西成の「あいりん地区」で実際に暮らした取材記録です。国立の筑波大学を7年かけて卒業した著者が、取材で同地を訪れ78日間生活しました。人生とはなんだろうと考えさせられます。
スポンサーリンク