Chrome OS Flexを、Apple MacBook Air MD224J/Aで使ってみました。古いWindowsマシンやMacを、Chromebookのように使えます。

この記事は約8分で読めます。

Chrome OS Flexを、Apple MacBook Air MD224J/Aで使ってみました。古いWindowsマシンやMacを、Chromebookのように使えます。

Chrome OS Flexを、Apple MacBook Air MD224J/Aで使ってみました。古いWindowsマシンやMacを、Chromebookのように使えます。作業はWebアプリで完結するブラウザ専用機。Chromebookで動くChromeOSと基本機能が同じなのに、なんと無料で使用可能です。

Chrome OS Flexで古いパソコンの「定年」が伸びる

Googleが、さる2月15日にChrome OS Flexを発表しました。

Chrome OS Flex。

ご存知ですか。

Chromebookで動くChromeOSと、基本機能が同じなのに、なんと無料で使えるOSのことをいいます。

つまり、WindowsマシンやMacに、それをインストールすることで、Chromebookの基本機能が使える、つまりほぼChromebookに変身させることが出来るのです。

「えっ、別に自分はWindowsで満足しているから、わざわざそんなことしなくてもいいよ」

「私はMacのインターフェイスが好きなのよ」

と、おっしゃいますか。

もちろん、それはそれで構いません。

ただ、そのマシンは、たとえ壊れなかったとしても、あなたの気の済むまで、ずっと使い続けられるわけではありません。

WindowsマシンやMacは、新しい機種が出ると陳腐化するだけでなく、そもそも対応OSがサポートを打ち切られてしまいます。

たとえば、現在OSではユーザーがもっとも多いと言われているWindows10は、2025年でサポートを終了することが決まっています。

では、その後継でリリースされたWindows11に載せ替えればいいかと言うと、そうはいきません。

Windows11は、公式にはマシンの対応スペックに条件があり、10年前のマシンには使うことができないことになっています。

では、古いマシンのユーザーは、新しいOSが出るたびに買い換えないとダメなのでしょうか。

YouTubeやブログを見たり、メールのやりとりをしたりするだけなのに、また高いお金を出して、新しいマシンにしなければならないのでしょうか。

今のマシンは壊れてもいないのに……。

資源の無駄じゃないか。

そう思われますか。

そのようなニーズに応えたのが、Chrome OS Flexなのです。

つまり、古いWindowsマシンやMacが、それを動かすためのOSから「対応外」になってしまっても、まだ現役で働けるようにするためのOSなのです。

しかも、無料なのです。

ということで、さっそく使ってみることにしました。

CloudReadyがよりChromeOSに近づいた

Chrome OS Flexは、Googleが買収したNeverware社のCloudReadyを、Chrome OSにより近づけた製品です。

CloudReadyというのは、ChromeOSのオープンソース版であるChromiumOSをパッケージ化したもので、やはり古いマシンを再利用するための無料OSとして使われてきました。

TRAVELMATE5360 TM5360-XC843(Acer)は2012年発売のWindows7搭載マシンだったのでCloudReady(ChromiumOS)をインストール
TRAVELMATE5360 TM5360-XC843(Acer)は2012年発売のWindows7搭載マシンだったのでCloudReady(ChromiumOS)をインストールしました。CloudReadyはChromium OSをベースにしたカスタムOSで、古いWindows PCやMacにすぐにインストールするで...

ただ、ChromiumOSとChromeOSは、違いはあります。

もとより、CloudReadyはあくまでもNeverware社のパッケージでしたから、別製品です。

ところが、今度の買収により、CloudReadyはChrome OSと同じコードベースとリリース時期で開発され、一貫したエンドユーザー向けIT体験を保証されることになったのです。

Google Play非対応など、全く同じというわけではありませんが、無償でChrome専用マシンを経験できるのです。

Apple MacBook Air MD224J/Aにインストール

対象のマシンは、Apple MacBook Air MD224J/Aといいます。

Apple MacBook Air MD224J/A

Corei5 1.7GHz、メモリ4GB、SSD240GBです。

液晶は11.6インチの解像度1366×768です。

SSDはもともとは128GBですが、240GBに換装しています。

2012年に発売された、OS X 10.15.4搭載。

すでに10年目を迎えており、最新のOSは対応しません。

MacBook Airはメモリの増設ができませんから、拡張性に限界があります。

もちろん、そのままでも使えないわけではないのですが、将来的なことを考え、Chrome OS Flexを試してみることにしました。

といっても、当面MacOSもそのまま置いておきたいので、Chrome OS FlexはUSBメモリから立ち上げる、つまりライブUSBでの使用で、ひとまずはヤッてみることにしました。

インストール方法

使い方はきわめて簡単です。

まず、ここにアクセス。

Get Chrome OS Flex for PC or Mac - Chrome Enterprise
Install Chrome OS Flex now on your existing hardware and experience the benefits of Chrome OS on your organization's current fleet of PCs or Macs.

指示に従って、USBインストーラを作成します。

インストーラは、Chromeの拡張機能からアクセスするので、Chromeに追加します。

Chromebook リカバリ ユーティリティ
Chromebook のリカバリ メディアを作成します。

USBメモリはあらかじめ用意しておいてください。

そして、指示通りに入力や選択を行い、USBインストーラを作成。

MacをUSBから起動し、設定を入力すれば使えます。

壁紙

使ってみてCloudReadyからの進歩といいますか、気がついたのは、ブラウザのChromiumとChromeの違いですね。

ブラウザのChromiumとChromeの違い

Macですが、まるでWindowsマシンのようです。

これが無料というのはすばらしいですね。

ChromeOSのインターフェイスについては、まあ論より証拠で、ぜひご自身でインストールされることをお勧めします。

ネットを使うクラウド時代だからChromebook

ところで、そもそも論ですが、Chromebookとはどんなマシンなのかについて一言します。。

さきほどの繰り返しになりますが、Googleが開発したChromeOSを搭載したコンピュータのことです。

つまり、GoogleChromeというブラウザで、すべての操作が完結するコンピュータのことです。

いうなれば、GoogleChrome専用マシンです。

私も2機種持っています。

ASUS Chromebook C202SA-YS02はヤフオクで8950円落札した超美品でまだ新品市場に残っている国内最安値が29800円する機種
ASUS Chromebook C202SA-YS02を、ヤフオクで8950円落札。超美品でした。まだ新品市場に残っている製品で、新品国内最安値が29800円(発売時は40800円)する機種ですが、オークションの上限は「1万円」と定めて入札したので予算内で収まりました。
AcerCB3-111-H14Mは楽天に出品しているリユース(つまり中古)品を購入。液晶が11.6型でサイズが1.1kgのChromebookです
AcerCB3-111-H14Mは、液晶が11.6型、サイズが1.1kgのChromebookです。楽天に出品しているリユース(つまり中古)品から入手しました。現在市場に出ているChromebookR11(29800~49800円)の前機種で税込9980円。肉眼で目立った痛みが見えない優良品です。

ブラウザ専用というと、違和感があるかもしれませんね。

ブラウザは、インターネットのためのアプリで、文書を作ったり、画像を処理したりするアプリではないだろうと。

Windowsマシンにしろ、Macにしろ、Microsoft Officeとか、Adobe Creative Suiteなどをインストールしますよね。

しかし、最近では、わざわざそれらをインストールしなくても、ブラウザを立ち上げて、インターネット(Web)から、Webアプリとしてのそれらを使う「クラウドサービス」に移行する人も増えてきました。

サブスク(月払い)で、それらを利用できますよね。

いちいちアプリを自分のマシンにインストールすることで、マシンの記憶容量(ハードディスクやSSD)を使ってしまいます。

自分のマシンを便利にしようと、アプリをどんどん入れていったら、ハードディスクやSSDの容量をどれだけ増やしてもおぼつかなくなります。

また、それだけつめこんでしまうと、間違ってそのファイルの一部を削除したり書き換えたりして、動かなくなるようなトラブルもあり得ます。

つまり、自分のマシンにアプリをインストールする使い方は、それだけユーザーの負担が増えるわけです。

それに、アプリは普通、1ライセンスで1つのマシンしかインストールできませんから、現代のように、据え付けパソコン、モバイルパソコン、タブレット、スマホなど、様々な端末で作業をする際にも不便です。

そこで登場したのが、ブラウザ専用マシンのChromebookというわけです。

Chromebookは、最近でこそ、スマホのAndoroidのアプリも使えるようになりましたが、こちらはまだ完璧ではなく、基本はあくまでもGoogleChromeというブラウザの専用マシンです。

したがって、使えるアプリは、ブラウザからアクセスするWebアプリのみです。

「のみ」と表現すると、かなり割り切った使い方のように感じるかもしれませんが、アプリをインストールしなければ、マシンはシンプルになりますし、電源を入れてからの起動も素早くなります。

アプリをインストールすることによるトラブルもなくなります。

つまり、安くて早くて壊れにくい、ということです。

最近、学校や一部の企業が、Chromebookを積極的に導入しているのは、そのためです。

といっても、やはり現在、インストールしたアプリで作業するWindowsマシンやMacを使う人にとっては、いきなりブラウザ専用マシンに切り替えるのは「大丈夫だろうか」と不安があるかもしれません。

ですから、古いマシンにChrome OS Flexをインストールすることは、将来Chromebookへ移行するてめの過渡期マシン、もしくはテストマシンという役割を与えることも出来るわけです。


Chrome OS FlexとChromebookの存在意義を、ご理解いただけたでしょうか。

以上、Apple MacBook Air MD224J/Aで、話題のChrome OS Flexを使ってみました。古いWindowsマシンやMacをChromebookのように使えます。でした。

アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日 - 鈴木 章史
アカウントを持って街へ出よう Chromebookとの365日 – 鈴木 章史

仕事で使える!Google Chromebook導入全集 クラウドに最適化された新しいパソコン環境の全貌!【電子書籍】[ 小林 直史 ] - 楽天Kobo電子書籍ストア
仕事で使える!Google Chromebook導入全集 クラウドに最適化された新しいパソコン環境の全貌!【電子書籍】[ 小林 直史 ] – 楽天Kobo電子書籍ストア

コメント

タイトルとURLをコピーしました