TRAVELMATE5360 TM5360-XC843(Acer)は2012年発売のWindows7搭載マシンだったのでCloudReady(ChromiumOS)をインストール

この記事は約6分で読めます。

TRAVELMATE5360 TM5360-XC843(Acer)は2012年発売のWindows7搭載マシンだったのでCloudReady(ChromiumOS)をインストール

TRAVELMATE5360 TM5360-XC843(Acer)は2012年発売のWindows7搭載マシンだったのでCloudReady(ChromiumOS)をインストールしました。CloudReadyはChromium OSをベースにしたカスタムOSで、古いWindows PCやMacにすぐにインストールするできます。

さて、昨日は、Windows7がインストールされていた2012年発売のマシンTRAVELMATE 5360 TM5360-XC843(Acer)のCPUクーラー(CPUを冷却)とヒートシンク(放熱部品)の間に、新しいグリスを塗って放熱を向上させました。

Windows7がインストールされていたマシンTRAVELMATE 5360 TM5360-XC843(Acer)CPUをグリスとエアーダスターでリフレッシュ
Windows7がインストールされていたマシンTRAVELMATE 5360 TM5360-XC843(Acer)CPUをグリスとエアーダスターでリフレッシュしました。電源も入り、OSやアプリも動いていたのに突然電源が落ちるのは、放熱がうまくいかなくなっている場合があります。

しかし、Windows7は、すでにサポートを終了しています。

かといって、Windows10をインストールするのは、CPUがCeleron Dual-Core B815 1.6GHz/2コアというスペックでは、かりにSSDを搭載したとしてもいささか酷です。

とはいえ、画面サイズが15.6インチですから、もう少し働いてほしいという気持ちもあります。

そこで、Windows7よりも少しだけ軽いOSに載せ替えてはどうだろうか、と考えました。

それは、Chromium OSです。

Chromium OSとはなんだ

Chromium OSは、Googleが開発したオープンソースのOSです。

この記事でご説明していますが、簡単に振り返ります。

Chromium OSからUbuntu(Linux)をインストール。2つのOSを並行して使うことで古くなったマシンを再び有効活用してみた話
Chromium OSからUbuntu(Linux)をインストール。2つのOSを並行して使うことで古くなったマシンを再び有効活用してみた話です。どちらも無料のOSで、かつ利用者も多いためトラブルシューティングの情報も多く、比較的ハードルの低い再生術です。

Chromiumというブラウザで、すべて作業を完結します。

簡単に述べれば、Chromium専用機としての働きをさせるのがChromium OSです。

オープンソースですから、ChromiumもChromium OSも無償です。

それをもとに、Googleがいくつかの機能を加えたのが、ChromeとChrome OSです。

Chromeは無償でWindowsやmac OSやLinux用に配布されています。

Chromium専用機としての働きをさせるのがChromium OSです。

Chromium OSで動いているのがChromebookです。

Chrome OSとChromium OSには、多少違いがありますが、Chrome OSはChromium OSをもとに開発しています。

ですから、オープンソースのChromium OSを古いマシンにインストールすることで、Chromebookに近いマシンが出来上がるということです。

もうお役御免だったかもしれないマシンが、新しいOSの基本部分を無償で試せるマシンになるわけて゜す。

Chrome OSとChromium OSの違い

オープンソースと、それをもとにしたChromebook用のOSですから、当然後者の方ができることが多くなっています。

ユーザーとして、Chrome OSにあって、Chromium OSにない点を枚挙します。

  • Androidアプリを使える
  • 自動アップデートがある

画面のデザインも若干違いますが、機能上の違いは大きくはその2点のみです。

スマホアプリとWebアプリを両方使えるChromebookの環境はなかなか便利でいいですが、すべてのスマホアプリを使えるわけではないので、そこに重きを置かなければ、Chromium OSでも十分ではないかと思います。

CloudReadyをインストール

Chrome OSは『The Chromium Projects』で公開されているオープンソースです。

といっても、それをそのままパソコンで使うわけではなく、ビルドという作業が必要です。

ビルドされたChromium OSは、有志の個人や企業から公開されていますが、すぐにインストールできるNeverware社のCloudReadyがもっともポピュラーです。

なぜかというと、Neverware社は昨年、Chromium OSの開発元であるGoogleに買収されました。

これによってCloudReadyは、Googleにより公式にサポートされたOSになったのです。

もちろん、Chrome OSとの差別化は行われるでしょうが、安心して利用することができます。

こちらが、ダウンロードサイトです。

CloudReady for Home: Free Download — Neverware
CloudReady: Home Edition is the free way for anyone to convert existing PCs and Macs to Chrome OS.

「CloudReady:Home Editionは、古いPCまたはMacを高性能のChromeデバイスに変換するための無料の簡単な方法です。」と記載されています。

CloudReady はUSBメモリからの起動だけではなく、インストールしての使用もできますが、まずはUSBメモリからの起動にしましょう。

ここで、ひとつ問題が。

現在、Neverware社は64ビットのマシンしかサポートしていません。

32ピットマシンは2019年8月でサポートを打ち切ったそうです。

古いマシンを蘇らせる、という大義があるはずなのに、それでは2012年~2013年ぐらいまでに発売していたマシンは諦めなければならないのか、ということになりますが、サイトによっては、アーカイブページを紹介していますね。

消えていないので、ここでご紹介してもいいと思いますが。

CloudReady 76.3 Stable Home Edition (Aug, 2019) 32-bit, 64-bit ISO Disk Image Free Download - GetMyOS.Com
CloudReady 76.3 stable home version was released in August 2019, based on Chromium OS 76, and was designed for desktop / laptop computers. 32-bit (x86) and 64-b...

Neverware社のサポートは打ち切られているので、あくまでも自己責任でお願いします。

USBメモリからの立ち上げは、BIOSの設定を変更しなければならないかもしれませんが、それはわからない場合、マシンごとのメーカーサポートでクリアにしてください。

USBメモリから立ち上げて、もしイケそうなら、そのままハードディスクにインストールすることもできます。

インストール後、時刻がUSAに変わってしまうので日本時間に直してください。

使用後の感想とまとめ

Chromium OSは、Chromium OSのもととなっているオープンソース。

Chrome OSは、Chromebookに搭載されているOSです。

CloudReadyは、無償でインストールできるHome Editionがあります。

インストールして使った個人的な使用の感想は、Chromiumのフォントが少し馴染みにくいかなという気がしました。

ただ、それは読めないということではなく、作業に支障をきたすものでもなく、単なる慣れの問題だと思います。

ブラウザからの作業は、もちろん何の問題もありません。

押入れの餌にするなら、CloudReadyのインストールをおすすめしたいですね。

以上、TRAVELMATE5360 TM5360-XC843(Acer)は2012年発売のWindows7搭載マシンだったのでCloudReady(ChromiumOS)をインストール、でした。

ドンキPCをChromebookにする: Androidアプリが使えるFydeOSでドンキPCを実用的に (品質とコスパ) - 品質とコスパ
ドンキPCをChromebookにする: Androidアプリが使えるFydeOSでドンキPCを実用的に (品質とコスパ) – 品質とコスパ

コメント

タイトルとURLをコピーしました