赤坂晃公判取材

赤坂晃公判取材

2007年11月21日、東京地裁(佐々木直人裁判官)に裁判の傍聴に行く。覚せい剤取締法違反(所持)に問われた赤坂晃(元光GENJI)の判決公判があるためだ。だが、抽選で外れた。
赤坂晃見たさに人は集まった

赤坂晃の判決公判を傍聴する人々

佐々木裁判官は、覚せい剤取締法違反(所持)に問われた赤坂に対し、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)を言い渡した。この日は同事件の初公判だったが、東京地検は、事件が明白で刑が軽い場合に行われる即決裁判を申し立てていた。審理が終了しその日のうちに判決が言い渡されるものだ。赤坂の場合は初犯だったので、執行猶予がつくことからこの裁判となった。

 

「刑事責任は軽くないが、社会で立ち直る機会を与えるのが相当だ」(佐々木裁判官)
判決を言い渡された後、赤坂は「離婚して子供に会えないつらさから逃げようとして使用した。ファンの方々には大変申し訳ないことをした」と謝罪した。

 

2007年10月28日、元光GENJIの赤坂晃が、東京豊島区の路上で覚せい剤約0.6グラムを所持していたとして、警視庁大塚署に現行犯逮捕された。スポーツタイプの高級外車で現場付近に乗り付けた際、警ら中の署員から目をそらしたため職務質問を受けてのものだった。所持品から覚せい剤約1グラムや吸引に使う道具などが見つかり、尿の簡易検査でも反応があった。29日には東京都立川市の自宅も捜索、送検された。赤坂は、「自分で使うために持っていた。今年4月ごろから使っていた」と容疑を認め、「(覚せい剤は)職務質問を受ける直前に近くの路上で外国人から買った」「ストレスがあった」などと供述した。

 

31日には、赤坂が3月に協議離婚して元夫人が5歳の長男を引き取ったことも明らかにされ、赤坂の言う「ストレス」は、堀越高校時代の2年先輩だった元夫人との「離婚」と報道された。

 

ジャニーズ事務所は、10月29日正午ごろにFAXでコメントを発表。「本人は、素直に事実関係を認め、自らの行為を深く反省しております。しかしながら、このような犯罪行為は決して許すことのできないものであり、29日、解雇処分と致しました」と綴っている。


 
Home 会社概要 市井のブログ RSS サイト内全記事一覧