「逆年の差婚」と名付けられた夫婦の取材記事が話題に。夫37歳、妻62歳と25歳差のカップルです。「逆」とつける必要あるのか

「逆年の差婚」と名付けられた夫婦の取材記事が話題に。夫37歳、妻62歳と25歳差のカップルです。「逆」とつける必要あるのでしょうか

「逆年の差婚」と名付けられた夫婦の取材記事が話題に。夫37歳、妻62歳と25歳差のカップルです。「逆」とつける必要あるのでしょうか。男性目線の憾みは拭えません。一般論として「孫が見たかった何て言い出す親がいるでしょう」という反対コメントも。

夫37歳、妻62歳という25歳差のカップル

文春オンラインの、YouTuberの夫婦を取材して話題になっています。

何が話題かというと、夫37歳、妻62歳という25歳差のカップルであること。

記事の中身は、前妻と離婚して家でふさぎ込んでいた日々、これではいけないとスナックに入ったよしたかさん(37)が、そのママのあきさん(62)と出会い、結婚するまでの経緯。

お互い再婚なのに、事実婚ではなく婚姻届を出した理由。

男性が年上の「年の差」婚は自慢になるが、あきさんは「いい歳していい加減にしなさい」「そんな人とは連絡を取りたくない」って言われて、親友に絶縁されたこと。

といったことが書かれています。


25歳年上妻というと、ヤクルト⇒巨人で活躍した、ロベルト・アントニオ・ペタジーニ・エルナンデス内野手を思い出しますが、あちらはたしか友人の母親でしたね。

こちらは、入ったスマックのママだそうです。

Yahoo!のコメントを引用します。

kod***** | 2日前
>25歳逆年の差夫婦としてYouTubeで発信して
「逆年の差」ってなんなんだよ?
普通に「年の差」でいいだろ。
頭の悪い表現だな。

anz***** | 2日前
今、何かとデリケートな時に「逆歳の差婚」なんて使ってて大丈夫なんでしょうか?
男が年上なのが当然のような扱いすると、過剰に反応する人がいると思います
年齢差で女性が年上だと、孫が見たかった何て言い出す親がいるでしょうね

*v*hf** | 1日前
この男性の場合は結婚歴がありお子さんもいるから。 
これが初婚だったら、自分の子供が欲しいとか、やっぱりさすがにもうちょっと若い方がと、いずれ思った可能性はあると思いますよ。 
一度家庭を持ったことがあれば色々な人間臭い事も経験してるから、ここまで年上でも大丈夫なんじゃないかなと思います。

ima***** | 1日前
それにしても絶縁した親友は
親友じゃありませんでしたね。
縁切ってよかったのでは?
心配して小言を言うのはわかるんですが
連絡したくないって…。
犯罪でも犯してるような言い方してるし。
私がもう片方の親友の方だとしたら
残念だけど距離とったほうがいいよっていうかも。

lov***** | 1日前
うちも妻が10歳以上年上ですが、別にそれで不利益を被った事もありません。
むしろ、理解があって素晴らしい伴侶だと思っています。
お互いの親も反対せず、二人に任せてくれた事に心から感謝しています。

成人同士の場合、お互いの同意のみによって婚姻する事が認められています。
婚姻法より。

他人がとやかく言う事じゃないし、外野は気にしなくて良いと思う。
日本人はとかく、他人の目を気にしすぎ。

幸せの形はカップルの数だけあるはずだし、
自分達が幸せだと言えるなら、それで良いはず。
別に誰にも迷惑をかけてないでしょ?

この方達も、娘さんが肯定的ならそれで十分じゃない?

他人の幸せを素直に祝福できないような人は元から縁の無かった人だから、それよりも大切なものに目を向ければ良いと思う。

lal***** | 2日前
他人のことだし、お互い納得してるんだから構わないけど、奧さんと同い年の身としては驚くしかない。自分なら、相手が気の毒だから恋愛に発展しないようにするなあと思う。水商売されてたから、感性が違うんだろうな。


ということで、たくさんついたコメントの主なキーワードは4つあります。

「逆」年の差って何よ

私が興味深かったのは、妻が25歳年上であることを「年の差」と文春が報じていること。

別に、普通に「年の差」でいいんじゃないでしょうか。

男性から見る女性、という表現がマスコミのデファクトスタンダードである、と週刊文春は思っているようです。

それにしても、25歳差はレアケースかもしれませんが、1つ2つ女性が上でも、女性が歳上であることは「年上妻」として、それ自体がその夫婦のひとつの特徴のように表現されてしまうところが今もありますね。

男性が歳上でも、決して「年上夫」とはいわれないのに。

こういうところにも、我が国の「男社会」の一端を垣間見ることができると思いました。

「反女性蔑視」の人たちが、ここを文句つけたとしても、私は難癖とは思いません。

これはやっぱり「男社会」の表現です。

「いい歳していい加減にしなさい」と絶縁

妻ののあきさんが、親友から「いい歳していい加減にしなさい」「そんな人とは連絡を取りたくない」って言われて、親友に絶縁されたと。書かれていますが、これはもう「嫉妬だろう」という指摘で一致しています。

驚くことはあっても、絶縁する理由がないですからね。

手練手管で、若い男を騙した、というふうに見たのかもしれませんが、それ自体が親友を侮辱していますよね。

スナックのママ

水商売の人だから、あしらいがうまかったのでは? という声もあります。

もしくは、水商売の人は信用ならないから良い結婚の仕方ではない、という考えもあるようです。

こればかりは、本人の立場と心境がすべてなので、なんとも言えません。

本人がいいと言うなら、それがすべてではないでしょうか。

それよりも、私がいちばん気になったのは、次のことです。

「孫」を見せられないことは結婚反対の理由になるのか

このおふたりはともに再婚で、双方に子供がいるので、直接関係はないのですが、一般論として高齢の女性との結婚は、親の賛成を得られないのではないか、という意見もありました。

まあしかし、「孫が生めないからだめだ」などと反対する親は毒親です。

よく、結婚しない人が、親から「孫の顔を見せてくれ」と泣かれるという人生相談を読んだり聞いたりしたことあります。


たとえば、このOGPの質問の場合、もと記事は『All About』。

20代後半は婚活していたものの、30を過ぎたあたりから自由な一人暮らしに慣れてしまい、そのことに罪悪感を覚えています。

母親には、「孫の顔が見たい!!」と目の前で泣きながら叫ばれてしまいました。

そのときは今すぐ死にたい、誰か殺してくれと絶望し、一人暮らしをしている家に帰宅してからも涙が止まらず一睡もできませんでした。

というものです。

回答者の藤本シゲアキさんはこう回答しています。

僕たち人間は、全員親の都合でこの世に誕生しています。誰一人、親に産んでくれとは頼んでいません。
「早く孫の顔を早く見せろ」は、親のエゴの押し付けでしかない。
「誰のおかげでご飯が食べれてると思ってんの!」と言う親に対して、「そもそも産んでくれって頼んでねえよ!」という反論は、至極真っ当。
「孫の顔が早く見たい」という親は、孫ですらも自分の所有物だと勘違いしています。
親離れ・子離れとは、お互いの人生や生き方を尊重すること。
誰が何と言おうと、自分が「幸せ」と思える生き方が正解(だから罪悪感は無用)

「親孝行」という言葉に囚われて、自分の人生犠牲にしても、親はなんの責任も取りませんからね。

自分の成長の過程自体が、親孝行になっているんです。

3歳までで親孝行は終わっているっていうでしょ?

そういう旧弊な価値観に負けずに、お互いを思いやる気持ちを忘れなければ、大丈夫だと思います。

以上、「逆年の差婚」と名付けられた夫婦の取材記事が話題に。夫37歳、妻62歳と25歳差のカップルです。「逆」とつける必要あるのか、でした。

年の差婚【単行本版】 1巻 (G☆Girls) - 中間淳生
年の差婚【単行本版】 1巻 (G☆Girls) – 中間淳生

年の差婚 DVD-BOX [DVD] - ぐるぐる王国DS 楽天市場店
年の差婚 DVD-BOX [DVD] – ぐるぐる王国DS 楽天市場店

コメント

タイトルとURLをコピーしました