ワードプレス(WordPress)をインストールした同一ドメイン階層にシリウス(SIRIUS)をアップロードし共存させる方法

シェアする

ワードプレス(Wordpress)をインストールした同一ドメイン階層にシリウス(SIRIUS)をアップロードし共存させる方法
ワードプレス(WP)といえば、ブログだけでなく固定ページも作れ、そして両者を共存させられるすぐれた CMSツールです。では、ワードプレスではなくSIRIUSで作ったページを、ワードプレスをインストールしたドメインに共存させることができるでしょうか。

冒頭から結論を述べると、できます。

これ、できるというのは大きいですよね。

シリウス(SIRIUS)は、アフィリエイター、インフォプレナー(情報商材製作販売者)などにとって、もはや必須のツールです。

ペラページ、ブログ形式の複数ページ、オートドックスなサイト、どれも作成可能で、デザインもレスポンシブはもちろんありますし、何よりPC用のサイトを作れば、ソフト側の設定で、スマホや携帯用のサイトも自動的に作ってくれるのです。

一方の、ワードプレス(WordPress)は、SEOの配慮が全くいらないほど、もはや完成した作成ツールです。

最近は、ワードプレス(WordPress)のプラグインにjetpackプラグインが用意され、アクセス解析を含む様々なサイト管理ツールが使えるようになりました。

さすれば、ひとつのドメイン内で、シリウス(SIRIUS)とワードプレス(WordPress)の両ソフトを使って、大量に作り込んだブログページはワードプレス(WordPress)で、ランディングページやペラページ、少数ページの読み物コーナー、もしくは販売ページなどはシリウス(SIRIUS)で作れば、コンテンツの多様な層の厚いサイトが作れるはずてす。

ところが、ワードプレス(WordPress)をインストールした領域に、シリウス(SIRIUS)で作成したページを一緒にアップロードすると、トップページは、SIRIUSの「index.html」を表示してしまいます。

ワードプレスのトップぺージは、ご存知「index.php」ですよね。

うーん、両雄並び立たずか。

何とか、ワードプレスとSIRIUSを同一ドメインで共存させる方法はないものでしょうか。

この場合、「index.php」と「index.html」が置かれている階層にある「.htaccess」のファイルを開き、編集します。

最後の行に

DirectoryIndex index.php index.html

と付け足してください。

そしてサーバーにアップロード。

そうすると、「index.php」が優先されながら、つまりワードプレスのブログや固定ページとともに、SIRIUSの記事ページやランディングページの「.html」も閲覧できます。

トップ階層以外も同様

どういう時に使えるかと言うと、上記のような、ワードプレスとSIRIUSとの共存のほか、たとえば、SIRIUSの記事ページがふえて、ワードプレスに移行する際、少しずつSIRIUSの記事をワードプレスに移行して、最終的にすべての記事をワードプレスに移行できたときに、さきほどの「.htaccess」から逆に

DirectoryIndex index.php index.html

を削除することで、完全なワードプレスサイトに移行できます。

以上のことは、トップ階層に限らず、どのフォルダでも同じです。

なお、「.htaccess」の効力が及ぶ範囲は、あくまでもそれが置かれているフォルダ内なので、対象となる「.html」と同階層にあるものだけでOKです。

ワードプレスとシリウスの共存。

これでサイトづくりは無敵ですね。

本当によくわかるWordPressの教科書 はじめての人も、挫折した人も、本格サイトが必ず作れる
本当によくわかるWordPressの教科書 はじめての人も、挫折した人も、本格サイトが必ず作れる

はじめてのブログをワードプレスで作るための本
はじめてのブログをワードプレスで作るための本