『CAFETERIA ROSE』は全面ガラス張りのもっとも高いところで地上20階建てを誇る東京工科大学蒲田キャンパスの学食



スポンサーリンク↓

『CAFETERIA ROSE』は全面ガラス張りのもっとも高いところで地上20階建てを誇る東京工科大学蒲田キャンパスの学食です
『CAFETERIA ROSE』という学食があります。全面ガラス張り建物で、もっとも高いところで地上20階建ての東京工科大学蒲田キャンパスです。今や蒲田というより大田区一のランドマークといっていいかもしれませんが、学食は一般の人にも開放されています。



JR蒲田駅西口。

JR蒲田駅西口

グランデュオ蒲田を出て、バス通りを2分程歩くと、東京工科大学と日本工学院専門学校(通称日本電子工学院)があります。

東京工科大学と日本工学院専門学校

日本電子工学院については、以前からあり、秋の「かまた祭」も大田区の定例行事です。

運営する学校法人片柳学園は、6年前、その敷地を広げ、東京工科大学蒲田キャンパスを作りました。

学校法人片柳学園

大田区としては、東邦大学に続く2つめの私立大学となります。

東京工科大学は、大田区蒲田と八王子にキャンパスがあり、蒲田キャンパスには、デザイン学部、医療保健学部(看護学科、理学療法学科、作業療法学科、臨床工学科、臨床検査学科)などがあります。

東京工科大学
東京工科大学公式サイトより

東京工科大学
東京工科大学公式サイトより

東京工科大学
東京工科大学公式サイトより

隣接する日本工学院は、マスコミ志望者が入っているので、いつもキャンパスには撮影クルーが。

日本工学院

もともと日本電子工学院界隈は、学生の街らしい、大衆的な飲食店で賑わっていました。

それは現在も同様で、持ち合わせが少なくても食べたり飲んだりには困りません。

日本電子工学院界隈

が、それと並行して、東京工科大学は、全面ガラス張りの建物で、もっとも高いものは地上20階建てがたちならびます。

東京工科大学

校舎はとにかく壮大で、美術館のような建物の並びに蒲田西口のランドマークとしてひときわ輝いています。

東京工科大学

その3号館が、FOODS-FUU(フーズ・フー)という食堂館です。

FOODS-FUUは、道路を隔てて2棟あり、その一方の1階にレストランCAFETERIA ROSE(カフェテリアローズ)、2階は弁当・飲料販売になっています。

CAFETERIA ROSEは、肉を基調にした定食やカレー、パスタなどを提供し、反対側には、新しくできた『ROSE kitchen』も、ラーメンなど学食の定番を提供しています。

CAFETERIA ROSE

CAFETERIA ROSEは、肉のスエヒロ(銀座スエヒロカフェテリアグループ)が学食を提供する学食として作られました。

嬉しいことに、学生だけでなく一般の人も利用できます。



スポンサーリンク↓

ワンコインで894kcalのヴォリュームランチ

ということで、前置きが長くなりましたが、これが日替わりランチの回鍋肉定食です。450円。

回鍋肉定食

決して大げさでなく口の中でとろけるような、やわらかいバラ肉が皿いっぱいに盛られていて、894kcal。

すき家の『うな牛並盛テイクアウト』と同じカロリーですが、 値段は830円+税。

同じメニューではないので単純な比較はできないかもしれませんが、450円では十分なコスパと言えます。

最上位メニューは鉄板焼きなど520円ですが、そのひとつが生姜焼き定食です。

生姜焼き定食

普通の店なら2枚もあればいい肉が、もやしを下敷きにしてなんと6枚ものっています。

やはり894kcalです。ほぼワンコインでこれから満足メニューでしょう。

ちなみに、東京工科大学は、学食だけでなく図書館も一般開放しています。

大学の図書館は、区立の図書館にはない貴重な文献があるので、ありがたいことですね。

いずれにしても、学校のある街は活気があってすばらしい。

大田区にとっても大きなランドマークと言えます。

日本で一番まっとうな学食
日本で一番まっとうな学食