大田区のランドマーク

大田区は文化施設が充実。たとえば図書館は洋風建築の羽田図書館が有名です。公園では西六郷公園(タイヤ公園)が、大田区西六郷にある四季折々の花が咲く花壇と3000本の廃タイヤを埋め込んだ遊具や怪獣で人気です。スポーツの大田区総合体育館もあります。

ランドマーク

下丸子河川敷(大田区下丸子)はたまリバー50キロ(多摩川サイクリングコース)合流口、多摩川ガス橋緑地球技場や小球技場

下丸子河川敷(大田区下丸子)です。ジョギングやウォーキングの人で賑わうたまリバー50キロ、多摩川ガス橋緑地球技場や小球技場があります。近隣のスポットには、ガス橋に続く並木道、洗濯資料館(白洋舎)、キヤノン、下丸子公園などがあります。
ランドマーク

宝来公園(大田区田園調布)は多摩川台公園、田園調布せせらぎ公園、六郷用水とともに“雑木林のみち”といわれる自然散策路

宝来公園(大田区田園調布)は、多摩川台公園、田園調布せせらぎ公園、六郷用水とともに“雑木林のみち”といわれる大田区の自然散策路です。かつて東京郊外の一般的な景観であった貴重な雑木林が残っており、そこに暮らす生物や植物を観察できます。
ランドマーク

西六郷公園(タイヤ公園)は大田区西六郷にある四季折々の花が咲く花壇と3000本の廃タイヤを埋め込んだ遊具や怪獣が人気

西六郷公園(タイヤ公園)は大田区西六郷にある都市公園です。入口には「タイヤ公園」の看板と、四季折々の花が咲く花壇。園内の広場や遊具はすべて廃タイヤを埋め込んだり積み重ねたりしており、怪獣やロボット、ロケットなども作られたりしています。
ランドマーク

羽田イノベーションシティ(大田区羽田空港)は旧羽田空港跡地にできた商業店舗・オフィスなど整備した大規模複合施設

羽田イノベーションシティ(大田区羽田空港)に行ってきました。旧羽田空港跡地にできた商業・オフィスなどからなる大規模複合施設。ショッピング、グルメ、ライブイベント、研究開発施設、先端医療研究センター、コンベンション施設も整備されていま...
ランドマーク

多摩川台公園(大田区田園調布)は2つの大型前方後円墳と8基の古墳群、野草園、あじさい園など大田区随一のスポット

多摩川台公園(大田区田園調布)です。古墳のある67154平方メートルの広大な敷地に自然林の道、展望広場、水生植物園(『調布浄水場』沈殿池跡)、四季の野草園(『調布浄水場』ろ過池跡)、あじさい園、山野草のみち、広場がある大田区随一のスポットです。
ランドマーク

東急池上線池上駅(大田区池上)は木造の相対式ホームで渡し構内踏切がある古典的な駅舎に5階建てビルを被せた新駅舎

東急池上線池上駅(大田区池上)の新しい駅舎。すでに地元の人の間では「今更」の話ですが、本格利用が始まりました。木造の相対式ホームで渡しの構内踏切がある古典的な駅でしたが、その上に5階建ての建物を被せる形で新駅舎を作って別物の佇まいです。
ランドマーク

聖跡蒲田梅屋敷公園(大田区蒲田)は江戸(文政)時代に近郷から数百本の梅の銘木を集めて造られた庭園で東海道の名物

聖跡蒲田梅屋敷公園(大田区蒲田)は京急線京急蒲田と梅屋敷の間に国道15号線に面した公園としてあります。梅屋敷という文字通り、江戸(文政)時代に富豪の薬屋・山本久三郎が近郷から数百本の梅の銘木を集めて造られた庭園で東海道の名物だったそうです。
ランドマーク

池上梅園(大田区池上)は約8800平方メートルに30種約370本の紅白梅や多様な植木がありますが2019年梅の開花状況は?

池上梅園(大田区池上)といえば、梅のメッカ大田区の中でもさらに“梅の拠点”です。約8800平方メートルに、園内には30種、約370本の紅白の梅の他、ツツジ・サクラ・モモ等の植木が植えてあります。2019年梅の見頃や開花状況、アクセスなども見ていきます。
ランドマーク

森ヶ崎交通公園(大田区大森南)は大田区でもっとも新しい交通公園で公園内のコースで補助付きからの練習に最適な公園

森ヶ崎交通公園(大田区大森南)は大田区でもっとも新しい5つある交通公園のうちのひとつです。自転車は補助輪あり、補助輪なし、ペダルなし、補助輪なしの3タイプが無料で貸し出されます。公園内のコースで補助付きからの練習に適した公園です。
ランドマーク

羽田の渡し(大田区羽田)は多摩川渡し跡の石碑であり羽田がもともとは漁業の町であることが分かる多摩川八景のひとつ

羽田の渡し(大田区羽田)の石碑は、多摩川渡し跡です。羽田といえば東京国際空港(羽田空港)のお膝元というイメージが強いかもしれませんが、もともとは漁業と工場の町であり、山梨県から138キロ続く多摩川のスポット多摩川八景のひとつです。
タイトルとURLをコピーしました