都営浅草線

美味しい店

池上本門寺お休み処(大田区池上)は池上本門寺大堂の横にあるそば・うどんの軽食や甘酒、隣は土産物や供養品を扱う店

池上本門寺お休み処(大田区池上)は、言わずとしれた池上本門寺大堂の横にあるそば・うどんの軽食や甘酒、さらに隣は土産物や線香・花などの供養品を扱っている店です。参拝や墓参に来た人たちが立ち寄ることが多いようですがメニューも豊富です。
ランドマーク

池上梅園(大田区池上)は約8800平方メートルに30種約370本の紅白梅や多様な植木がありますが2019年梅の開花状況は?

池上梅園(大田区池上)といえば、梅のメッカ大田区の中でもさらに“梅の拠点”です。約8800平方メートルに、園内には30種、約370本の紅白の梅の他、ツツジ・サクラ・モモ等の植木が植えてあります。2019年梅の見頃や開花状況、アクセスなども見ていきます。
ランドマーク

馬込文士村(大田区山王など)は室生犀星の説明板があり読むと大岩雄二郎(ゆうひが丘の総理大臣)との接点を感じます

馬込文士村といえば、日本の近代文学を支えた作家や詩人や芸術家などが、大正末期から昭和初期に移り住み、互いの家を行き来し交流した場所。今も記念館や居住跡案内板がある散策コースです。室生犀星(1889~1962 詩人・小説家)その一人でした。
美味しい店

『いずみ家』は下処理をとことんまで行い臭みやくどさなどは感じない完成度の高い豚骨スープを実現した横浜家系ラーメン

『いずみ家』でピンとくる有名人といえば泉谷しげるでしょう。その娘夫妻がオーナーと言われるのが『いずみ家』という横浜家系ラーメン。国道1号線(第二京浜国道)の馬込陸橋付近(大田区東馬込)にある20席程度のお店は4人体制で繁盛しています。
名物

馬込三寸にんじんまんじゅう、馬込文士村商店会御菓子司わたなべ

馬込三寸にんじんまんじゅう。馬込文士村商店街の御菓子司わたなべで売っています。大田区馬込の特産品を使ったご当地商品です。そのほか、「文士村」の文字が刻まれている半月状のつぶあんをくるんだ『馬込文士村馬込の月』、こしあんの『文士村まんじゅう』、つぶあんの『馬込文士村どら焼』などがあります。
美味しい店

『智寿司』は大田区でもコスパの高さではピカイチの東馬込寿司店

『智寿司』は大田区でもコスパの高さではピカイチの東馬込寿司店 『智寿司』といえば、大田区の飲食店事情に詳しい人にはおなじみの店です。どうおなじみかというと、コスパの高さです。