西田昌司参議院議員が、安藤裕衆議院議員次期総選挙不出馬表明に言及。財務省黒幕説を否定しつつも財務省には「現実を直視しろ」

西田昌司参議院議員が、安藤裕衆議院議員次期総選挙不出馬表明に言及。財務省黒幕説を否定しつつも財務省には「現実を直視しろ」

西田昌司参議院議員が、安藤裕衆議院議員次期総選挙不出馬表明に言及。財務省黒幕説を否定しつつも財務省には「現実を直視しろ」と述べました。オイルショック以来、経済学主流派がケインズから新自由主義に交代し、デフレが行ったとMMTの立場から財政出動を提言します。

そもそもMMTは事実を指摘しているだけです

このブログでも発言をご紹介した、自由民主党の安藤裕衆議院議員が、次期総選挙不出馬を表明しました。


報道では、「党関係者によると、安藤氏には女性問題が浮上している」とされています。

私は別に自由民主党支持というわけではなく、京都6区の居住者でもないので、自分の投票行動とは直接関係ない方ですが、MMT(現代貨幣理論)に基づいた積極財政論者だけに、人材としては惜しい気がします。

何しろ、立憲民主党や日本共産党、さらに公明党も積極財政、やる気なしですからね。

それに対して、MMTに基づいた財政出動論第一人者と言ってもいい、西田昌司参議院議員は、どう見ているのか、注目の動画がYouTubeにアップされました。


『陰謀?不祥事?安藤ひろし衆議院議員の不出馬表明の真相!』というタイトルです。

西田昌司議員は、「いずれご本人から説明があるでしょう」として、“真相”については、触れませんでした。

安藤さんは私と同じようにMMTを主張し、消費税をゼロにしようと言っていたわけで、大変財務相からは煙たがられていたが、財務省から何かはめられたんじゃないか、というようなことを言ってる人がいますが、まあそんなことはありません。それならまず、私が最初にはめられなければなりませんのでそんなことはないんですね。
いずれにしましても、事実関係については安藤さんからしっかり国民に話をしていただきたいと思っています。

では、その財務省はMMTを認めようとしないのかと。なぜ彼らには理解できないのか。

西田昌司議員は、オイルショックにさかのぼって話を始めます。

MMTは当たり前のことを言ってるわけで、事実を説明しているに過ぎないのです。そして、昔から言われていたケインズ主義。不況のときには財政出動して雇用を守り、加熱してくれば増税や財政を縮めてマクロ経済全体を調整すればいい。この経済政策と全く同じことを言っているわけなんですよ。
とりたててMMTが新しいことを言っているわけではなく、むしろケインズ主義が1970年代以降、急速に存在感を小さくしてしまったわけです。それは何かというと、オイルショックが1970年代にあり、それまで戦後はケインズ政策で順調に世界経済は伸びてきた。
ところが、オイルショックは何だったかというと、成長なき物価上昇ですよね。アラビアの産油国が産油量を調整したわけです。その結果、一挙に石油の値段は高くなったと。高くなるとコストが高くなります。当時は11時になるとテレビ放送は終わってしまう。町も街灯を節約するぐらい経済が落ち込んでしまったのです。
物価は供給量が縮まって物価が高くなってしまったので、コストアップインフレになるだけで経済の成長はしなかったので、ケインズ政策は限界なんだということにされてしまい、その後はミルトン・フリードマン率いるシカゴ学派が、経済はもっと市場の自由にスべきなんだ、共産主義の計画経済のように国家が介入するのではなく、規制を緩和して市場の力で経済を発展させるほうがいいという、東西冷戦時代だったのでイデオロギー的な側面もありました。それによって、ケインズ主義から新自由主義に一挙に移行していったと。
これによって、政府の財政出動は否定されていきました。その理由の一つとしてバブル経済があったわけですが、バブル経済の時に民間が投資してどんどん成長したと。しかしそれは見せかけの需要だったと。そのために借金をして投資をしていたけれども、土地の価格が下落してしまうと借金の返済ができなくなってしまうということで、貸し剥がしが行われたわけです。
それは人為的に行われたもので、日銀の三重野康第26代総裁が、バブルを退治するんだと言って金利を一挙に上げて、土地の値段の上昇を抑えたと。そこでバブルは止まったけれども、一挙に経済もストップして、倒産する企業は増え、民間の貸し出し額も1~2年の間に800兆から600兆に減ってしまった事実があるわけです。
それだけお金が減れば、さすがに財政出動しなければいけないじゃないかということになったのですが、200兆円も民間のお金がなくなったところに、1年で10兆円20兆円の財政出動ではとてもじゃないけど桁が違いますから効果が出ないわけです。
効果がないことを理由に、やはり財政出動しても意味がないとわかったと。だから、民間が身の丈に合うようにと投資を控え、負債を整理しようとしているのに、なんで政府の方だけ負債を増やすのかと。景気対策というけれども、国債残高ばかり増やしてどうするんだということをみんながいい出したんですね。
それで、政府の方も民間に倣って、残高を減らしていくんだと。民間の負債を減らし、国債残高まで減らしたらデフレになりますよね。そうやってデフレ社会を作ったんですよ。毎年物価は下がっていく。物価が下がっていくのは良いものが安く手に入るから、給料が安くても生活できますよと。
これが大間違いで、たしかに給料が一定で物価だけ下がってくると実質の所得は増えたことになりますが、それが続けば給料自体を下げざるを得なくなる。それどころか非正規雇用が増える。それによって商品が安くなる。社会全体では給料が下がってくるわけですから、

要するに、主流派経済学がケインズから新自由主義への変化がデフレ社会をもたらした、ということです。

西田昌司議員は、財務省は今こそ現実を直視した財政政策を実施せよ、とまとめています。

MMTどうすんの

Web掲示板にたった、安藤裕議員不出馬についてのスレッドがたっています。


主なコメントを引用します。

3ニューノーマルの名無しさん2021/06/24(木) 16:26:07.70ID:abd9eHPQ0
MMTをぶっこわーす wwwww

4ニューノーマルの名無しさん2021/06/24(木) 16:26:11.18ID:4PVlS9YD0
MMT推進派の人?

不倫だけならまだしも、療養中の妻を差し置いて不倫相手を連れ回すとかアホだろ。
頭悪いの?

5ニューノーマルの名無しさん2021/06/24(木) 16:27:40.04ID:Yo1OMFGh0>>11>>28
あ、財務省に刺されたか

6ニューノーマルの名無しさん2021/06/24(木) 16:28:28.23ID:ifZrPxxv0
立憲だったら注意で済むのにな

33ニューノーマルの名無しさん2021/06/24(木) 16:59:24.46ID:E9U1A97D0
MMTどうすんの

35ニューノーマルの名無しさん2021/06/24(木) 17:00:43.32ID:ov6Bdxji0
眼鏡安藤なあ

同じ6区の山井が最近になって宇治や城陽で精力的に街宣やり始めるのに、
安藤の事務所がなんの動きもないからおかしいと思ったら理由これか

48ニューノーマルの名無しさん2021/06/24(木) 17:11:18.87ID:oviSjnrA0
その相手ってハニトラ?


ま、こちらは安藤裕議員の会見を待ちましょう。

以上、西田昌司参議院議員が、安藤裕衆議院議員次期総選挙不出馬表明に言及。財務省黒幕説を否定しつつも財務省には「現実を直視しろ」、でした。

財務省からアベノミクスを救う - 西田昌司
財務省からアベノミクスを救う – 西田昌司

MMT現代貨幣理論入門 [ L・ランダル・レイ ] - 楽天ブックス
MMT現代貨幣理論入門 [ L・ランダル・レイ ] – 楽天ブックス

コメント

タイトルとURLをコピーしました