ロコモコバーガーは2017夏限定、マクドナルド(1号線池上店)

スポンサーリンク↓

ロコモコバーガーは2017夏限定、マクドナルド(1号線池上店)
ロコモコが昨今のトレンド。ハワイの料理のひとつで、ご飯の上にハンバーグと目玉焼きをのせたものですが、ハンバーグと聞いてハンバーガーショップが黙っていなかった。マクドナルドが2015年に続いて2017年夏限定としてロコモコバーガーを発売中です。

ロコモコバーガーを食べに行ったのは、マクドナルド1号線池上店(大田区池上)。

マクドナルド1号線池上店

「1号線」というのは、もちろん国道1号線で、池上本門寺を下った呑川沿いにあります。

ロコモコは、“夏にぴったりのハワイ料理”として、7月11日から販売されています。

ロコモコ

以前は、「ワールドマック ハワイ」キャンペーンとして、2015年3月から全国のマクドナルドで販売されていましたが、期間限定で、いつしかメニューから消えました。

ネットなどでも、「ロコモコ」と検索すると、たくさんのページ(Googleで「約2,960,000件」)が出くる2017年夏、満を持してロコモコをバンズで挟んだロコモコバーガーを発売することになったのです。

まあ、厳密に述べれば、マクドナルドはロコモコではなく、ロコモコ風バーガーであるのですが。

ロコモコ風バーガー

さて、大田区のマクドナルド1号線池上店は、6月にマックフルーリーを食べたときにご紹介しました。

マクドナルド1号線池上店(東京都大田区池上2-6-12)。東急線池上駅前にある池上駅前店とともに、池上にあるマ…

ロコモコバーガーは、卵とレタスとビーフパティをはさんでいます。

ロコモコバーガー

さすれば、月見バーガーとどう違うのか。

スポンサーリンク↓

バンズのクラウンの上に粉チーズがトッピングされていることと、グレービーソースがかかっている点が新機軸のようです。

では、グレービーソースとは何か。

調理された肉から出る肉汁と、小麦粉、牛乳、野菜の煮汁などで作ったソースだそうです。

これがそうです。

グレービーソース

しかし、2015年に期間限定で販売されていたときには、ビーフパティは2枚、そしてチーズも1枚入っていました。

今回は、たまごとビーフパティ1枚ずつです。

ここは改悪ですね。

感想は、まずくはないですが、絶賛するほどでもなし。

可もなく不可もなく、というところです。

これならビッグマックのほうがいいかな。

ビッグマック

ということで、ビッグマックも行ってみました。

この夏、100円のソフトクリームがお得

ビッグマック。ビーフパテの二重奏です。

ビッグマック

パテ自体はそれほど厚くないように見えますが、これをすべて食べるとさすがに腹持ちがいい。

おすすめなのが、ソフトクリームです。

ソフトクリーム

これだけの大きさで100円です。

マクドナルドは食べる場所が広いので、夏の暑いときに、ソフトクリームを食べて一休みというときにいいでしょう。

お盆休みはまだまだ残暑が厳しいですが、参考にしていただければ幸甚です。

マクドナルド フードストラップ第2弾 全6種コンプリートセット

マクドナルド フードストラップ第2弾 全6種コンプリートセット

  • 出版社/メーカー: マクドナルド
  • メディア: おもちゃ&ホビー

スポンサーリンク↓