壱鵠堂環八糀谷店(大田区糀谷)白味噌ラーメンや塩壱鵠堂ラーメンも大衆性とコストパフォーマンス重視のメニュー

スポンサーリンク↓

壱鵠堂環八糀谷店(大田区糀谷)白味噌ラーメンや塩壱鵠堂ラーメンも大衆性とコストパフォーマンスに重きをおくメニュー

壱鵠堂環八糀谷店(東京都大田区糀谷)に久しぶりやってきました。横浜発祥の、赤味噌、白味噌と2通りの味噌ラーメンを安価で、かつ大盛り無料で提供しています。といっても、味噌ラーメンだけではありません。今日は塩ラーメンもいただきました。

濃厚味噌、赤味噌、白味噌と3種類のスタンダードメニュー

壱鵠堂環八糀谷店は、鶏ガラスープによる、濃厚味噌、赤味噌、白味噌という3種類の味噌ラーメンを売り物にしています。

基本メニューの味噌ラーメンは税込み630円で、麺は大盛り無料です。

こってりコクのあるスープで、コシのある麺で、値段もリーズナブルです。

席は、テーブル席もカウンター席もあり、地元のファミリー客も少なくありません。

以前は、そのすぐ近くに、長崎ちゃんぽんリンガーハット環八蒲田店があったのですが、閉店してしまったので、壱鵠堂環八糀谷店はますます繁盛しています。

塩壱鵠堂ラーメン、味玉、辛味ねぎ、のりをプラス

塩壱鵠堂ラーメン(税込み850円)は、屋号を冠したラーメンですから、お店としては最上級ラーメンだと思います。

塩壱鵠堂ラーメン

なるほど、まるごとの味付玉子(味玉)、辛味ねぎ、のり、そしてもちろんチャーシューをプラスした豪華版です。

塩壱鵠堂ラーメンのリフトアップ

スープは、塩ラーメンらしく清湯系といっていいでしょう。

塩壱鵠堂ラーメンのスープ

塩ラーメンとタンメンの違い

ここで気になるのは、塩味のラーメンと言えば、塩ラーメンとタンメンがありますが、それらはどう違うのか、ということ。

しかも、塩ラーメンに野菜までつけば、ますますわかりにくくなります。

塩ラーメンは、文字通り塩によって味付けされたスープのラーメンです。

塩ダレをスープで割るわけです。

醤油ラーメンも味噌ラーメンも塩は使われていますが、塩ラーメンは他の味に比べ、スープ材料の塩味がストレートに出ます。

一方、タンメンは、塩味の野菜炒めに鶏がらスープを加え、麺にかけるものです。

さらにいえば、ちゃんぽんは、本来は具材と麺を一緒に煮込みます。

白味噌ラーメン、まろやかな甘みと、さっぱりした後味

続いて、白味噌ラーメン(税込み630円)です。

前回書いたように、壱鵠堂環八糀谷店の特徴は、濃厚味噌、赤味噌、白味噌という3種類の味噌ラーメンです。

うち、濃厚味噌というのは、背脂が入っています。

前回は、赤味噌ラーメンをいただきました。

赤味噌ラーメン

スポンサーリンク↓

そして、今回は、スタンダードメニューの一つである白味噌ラーメンです。

壱鵠堂白味噌ラーメン

トッピングは、大きめのチャーシューとネギです。

壱鵠堂白味噌ラーメンのスープ

ピリッとからく、麺も硬めで、ご飯も一緒にいただきたくなります。

まろやかな甘みと、さっぱりした後味は、ごはんとともにいただきたくなります。

赤味噌と白味噌の違い

赤味噌は、大豆を蒸し、熟成期間が長いのでコクがあるのが特徴です。

塩分濃度が高く、味も比較的塩辛くなっています。

一方、白味噌は大豆を煮て、赤味噌に比べて短期熟成で作られることが違います。

熟成期間が短いことから、赤味噌に比べて塩分濃度が低くなり、麹の糖分で甘みを感じます。

赤味噌と白味噌の色の違いは、発酵する際のメイラード反応です。

メイラード反応とは、原料である大豆などのアミノ酸が、糖と反応して褐色に変化する現象です。

いずれにしても、味噌の美味しさと栄養はたっぷり含まれています。

壱鵠堂環八糀谷店のある糀谷界隈のお店

壱鵠堂環八糀谷店は、環状八号線(環八)外回りの道路沿いにあります。

壱鵠堂環八糀谷店

向かい側には、丼やたつみ(大田区西糀谷)があります。

https://www.shiseiweb.co.jp/ootaku/%E4%B8%BC%E3%82%84%E3%81%9F%E3%81%A4%E3%81%BF

豚と鶏を扱っていますが、セールスポイントは宮崎名産のチキン南蛮定食ということで、メガ盛り肉料理の店としてネットでも注目されています。

壱鵠堂環八糀谷店とは、「今日は麺を食べたいな」「今日は肉を食べたいな」と、選択肢として棲み分けられるのではないでしょうか。

壱鵠堂環八糀谷店から環八と反対側に入ると、糀谷商店街に出ます。

そこを通り抜けると、大田区立中萩中小学校があり、バス通りをこえると、コーナンがあります。

コーナン

メインはホームセンターですが、たいへん大きな建物で、食品も売っており、地元の人にとっては便利なスーパーです。

壱鵠堂環八糀谷店は、らーめん伝丸と姉妹店といわれています。

らーめん伝丸の運営会社であるエイ・ダイニングの公式サイトの中で壱鵠堂も紹介されています。

つまり、壱鵠堂も、らーめん伝丸も、同じ会社が運営しているということです。

さらにそのおおもとは、ゼンショーグループです。

らーめん伝丸は、以前、北海道らぁめん伝丸環八羽田店に行きました。

https://www.shiseiweb.co.jp/ootaku/%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E3%82%89%E3%81%81%E3%82%81%E3%82%93%E4%BC%9D%E4%B8%B8

たしかに、3種の味噌から選べ、大盛り無料、こってりコクのあるスープ、コシのある麺でリーズナブルなど、特徴は全く同じです。

壱鵠堂環八糀谷店は、大衆性とコストパフォーマンスに重きをおいた、ビジネスマンでもファミリーでも気軽に入れるお店です。

ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK) -
ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK) –

スポンサーリンク↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました