目利きの銀次(大田区池上駅前)、鮪の磯丼や漬けマグロ二種丼



スポンサーリンク↓


目利きの銀次という、東急池上線池上駅前にある地元では有名な、昼はランチ、終日飲み屋さんの店に寄って昼食を摂りました。商標については揉めているらしいので、「築地直送仲買人」と前につけなければならないのですが、味は決して悪くなかったと思います。



「築地直送仲買人 目利きの銀次」vs「産地直送仲買人 目利きの銀次」というサイトがあります。

モンテローザが、恵比須など各地に、「築地直送仲買人 目利きの銀次」という店名で一気に展開していることにつしいて、「産地直送仲買人 目利きの銀次」のオーナーが、ウチとは無関係である、と怒りのツイートをしているという話です。

そうなった原因は、商標登録をしなかったからとか。

どちらが先で、権利があるのかはわかりませんが、ほっかほか亭紛争とは違い、こちらは「目利きの銀次」とそのものスバリなので、紛らわしいことは事実ですが、飲食店はこういう紛争が多いですね。

それはともかくとして、モンテローザの『築地直送仲買人 目利きの銀次』という店が、東急池上線池上駅前にあります。

モンテローザの『築地直送仲買人 目利きの銀次』

モンテローザというのは、笑笑とか魚民とか、白木屋などのグループですね。

そういえば、『築地直送仲買人 目利きの銀次』は、もともと『笑笑』の看板を掲げていました。

『築地直送仲買人 目利きの銀次』は、午前11時から午前3時まで開いている入りやすい店です。

座席数220というのは広いでしょう。

そして、午後3時まではランチも提供。

モンテローザの『築地直送仲買人 目利きの銀次』

ただし、この日、来店したのは午後3時過ぎでした。

ランチを食べることはできませんでしたが、丼ものがあるので、さっそく注文することに。

しょうゆは、本醸造、利尻昆布、さしみと3種類用意されています。

本醸造、利尻昆布、さしみ

これが、『漬けマグロ二種丼』です。

漬けマグロ二種丼

舌がこえているわけではないので違いがわからなかったのですが、たぶんめばち鮪のハラミとトロ近くの2酒ではないかと思います。

「漬け」ですが、しょうゆというより、蜂蜜のようなほんのり甘みを感じ、それが酢飯やわさび醤油とあっていたように思います。

要するにうまかった!

もうひとつは、『鮪の磯丼』です。

鮪の磯丼

鮪、松前漬け、シラスなどが入っています。

松前漬けにはつぶ貝が入っていました。

バランスよく入っていましたが、もう少し鮪が多いと良かったですね。

いずれも、飲んだ後のシメという感じで、ご飯も少なめでした。

正直、これだけだと足りないですね。

今度は、ランチタイムに来てみましょう。

注意点は、駐車場がないこと。

駅前なので、徒歩か電車ということです。

あとは居酒屋のため、店内は喫煙状態です。

タバコの臭いがどうしてもダメ、という人はむずかしいと思います。



スポンサーリンク↓

まだある池上の名所・名物・名店

東急池上線池上駅といえば、最大のスポットは、もちろん池上本門寺です。

このブログ自体、おそらくは池上本門寺に関する記事が最も多くなると思います。

『築地直送仲買人 目利きの銀次』は、駅前のバス通りにめんしていますが、踏切を超えて反対側には駅前商店街、右側には東電通り会があります。

駅前商店街には、池上駅前通り商店会の惣菜戦争先駆店である『からあげ割烹 福のから』があります。

『からあげ割烹 福のから』というお店が、東急池上線池上駅の池上駅前通り商店会にあります。以前は、誠文堂というご…

そのとなりには、太い麺にコクのある豚骨スープの横浜家系ラーメン希家池上店があります。

『横浜家系ラーメン 希家 池上店』。商店名通り、池上にできた家系ラーメンです。太い麺に、コクのある豚骨スープは…

東電通り会の名店としては、くろむぎ堂をご紹介しました。

くろむぎ堂(大田区池上)に大盛り蕎麦を食べに行きました。くろむぎ堂は、東急池上線池上駅を下車して徒歩2分(17…

東急池上線池上駅は、2020年を開業予定として、駅舎改良および駅ビル開発計画が始動したとの報道もあります。

池上の町もこれからが楽しみですね。

ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK)

ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: ムック