フランキー堺の名が石塀に刻まれる成田山成心寺(大田区中央)



スポンサーリンク↓

フランキー堺の名が石塀に刻まれる成田山成心寺(大田区中央)
フランキー堺といえば、フランキー堺とシティ・スリッカーズというコミックバンドに始まり、『幕末太陽傳』(日活)や東宝の社長シリーズ、喜劇駅前シリーズなど俳優として活躍しました。成田山成心寺(大田区中央)の石塀には今もその名が刻まれています。

フランキー堺のプロフィールについては、改めてご紹介するまでもないでしょう。

フランキー堺(1929年2月13日~1996年6月10日)は、鹿児島県生まれとされていますが、その後東京に転居し、池上で過ごした大田区出身の著名人の一人です。

フランキー堺
Google検索画面より

出身小学校は、大田区立池上第二小学校。

大田区立池上第二小学校

地元の人は「イケニ」と呼びます。

そこから、麻布中学・高校に進みますが、同級生には、やはり大田区出身の小沢昭一がいました。

小沢昭一は、女塚(今の西蒲田)にあった小沢写真館の出身です。

ちなみに、女塚は大田区出身の宰相、羽田孜氏の出身地です。

それはさておき、大田区立池上第二小学校とほぼ隣り合わせになっているところに、成田山成心寺という真言宗の寺院があります。

成田山成心寺

石塀の一画には、今も「上目黒、フランキー堺」と刻まれています。

上目黒、フランキー堺

つまり、寄進したのは、フランキー堺が芸能界入りしてからと思われます。

檀家かどうかはわかりません。

ただ、近くの大田区立池上第二小学校出身だから、成田山成心寺の住職とは顔見知りで、小さい頃、お世話になったお礼として寄進したのかもしれません。

大田区出身の著名人はたくさんいますが、フランキー堺は意外と認識している人が少ないのではないでしょうか。



スポンサーリンク↓

フランキー堺ゆかりの人

フランキー堺つながりですと、先の小沢昭一以外には、喜劇駅前シリーズで姉弟役などを演じていた淡島千景が、池上尋常小学校(今の池上本門寺に隣接する池上小学校)の出身です。

wikiによれば、蓮沼の出身ということになっていますが、いずれにしても、フランキー堺とは池上つながりだったわけです。

フランキー堺は、松竹で『喜劇○○旅行』シリーズを何本も撮りましたが、シリーズ序盤は伴淳三郎との親子で、後半は森田健作と親子を演じました。

森田健作といえば、現在は千葉県知事ですが、大田区の矢口東小学校、安方中学校であることはすでに明らかになっています。

フランキー堺の映画に脇役でしばしば出演していた立原博は、現在の京急線大森町駅界隈の出身です。

フランキー堺が出演していた、森繁久彌主演の社長シリーズで、フランキー堺降板後に出演した谷啓は、もともとクレージーキャッツに入る前は、フランキー堺とシティ・スリッカーズの一員(トロンボーン)でした。

谷啓は、大田区田園調布の生まれです。

フランキー堺とは、『喜劇駅前茶釜』(1963年、東京映画/東宝)で共演した“ボンドガール”若林映子は、大田区北千束の出身です。

その人たちとは同郷だから共演したわけではないでしょうが、フランキー堺の活躍ぶりがよくわかります。


芸夢感覚―フランキー人生劇場

芸夢感覚―フランキー人生劇場

  • 作者: フランキー堺
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1993/11
  • メディア: 単行本