菜香楼(大田区池上)は本格中華料理の一品料理、定食やランチメニュー、セットメニューも充実してファミリーで楽しめる

菜香楼(大田区池上)は本格中華料理の一品料理、定食やランチメニュー、セットメニューも充実してファミリーで楽しめる

菜香楼(大田区池上)でランチをいただきました。東急池上線池上駅近くにあります。本格中華料理を標榜し、メニューもそれを感じさせる料理がたくさん提供されていますが、定食やランチメニュー、セットメニューも充実。老若男女が楽しめます。

菜香楼のアクセス

は、東急池上線池上駅を北口下車。

バスターミナルから、三菱銀行が見える方に1分歩くと、道路を隔てた左側に見えます。

菜香楼

店頭には、ランチメニューや定食メニューが表示されています。

ランチメニューや定食メニュー

中国語で表示され、カッコ書きで日本語で説明されています。

「ラーメン屋さん」ではなく、本格中華料理店です。

お店は、13時過ぎましたが混んでいました。

店外でも待っている人すらいました。

本来は、相席などすれば入れる人数だったのかも知れませんが、コロナ禍で円卓テーブル席も1人置きですから、しかたありません。

といっても、お店によっては、そもそもお客さん自体がこないところもありますから、菜香楼はコロナ禍でもそれだけ集まる人気店ということでしょう。

店内は2階に通されました。

配膳担当の女性店員が1人。下階と連絡をとったり、お店の入口に隣接している中華まんなどテイクアウトの窓口の対応も行っていました。

オーダーを聞かれたときに中国茶と、お替り用のポットが置かれました。

Bランチ、拉面+炒飯(ラーメン+半チャーハン)900円

菜香楼のBランチです。

菜香楼のBランチ

拉面+炒飯(ラーメン+半チャーハン)のセットに、サラダと杏仁豆腐がつきます。

ラーメンは、チャーシューが2枚とほうれん草、メンマ、そしてゆで卵がまるごと入っています。

割れているところからちらりと見えますが、半熟で、一口でいただくとそれが口いっぱいに広がって熱かったですね。

半熟

麺は中太縮れ麺で、具材も含めて、まあ標準的な作り方だと思います。

ラーメン専門店ですと、チャーシューにバラ肉を使うとか、大きさや厚さに特徴を出すと言ったことはありますが、標準的な肩ブロックだと思います。

チャーハンは薄味で、香辛料や塩味はほとんど感じませんでしたが、それでもおいしくいただけました。

チャーハンは薄味

ラーメンの味を活かすように、上手な調味料の使い方をしているのでしょう。

五目そば(800円)

菜香楼の五目そばです。

菜香楼の五目そば

何度か書いてますが、五目というのは、具材が5品目ということではなく、数字はものの例えで、複数の具材という意味です。

実際に、画像で明らかですが5品目以上入っています。

5品目以上入っています

すべてを確認できたかどうかわかりませんが、

いか、えび、マッシュルーム、ほうれん草、豚肉、にんじん、たけのこ、きくらげ、はくさい……9品目かな。

9品目かな

ラーメン屋さんの五目そばは、かまぼこも入れますが、本格中華料理にはかまぼこは入らないようです。

スープは醤油味ですが、醤油ラーメンよりも濃いですね。

隠し味でXO醤を使っているのかも知れません。

XO醤というのは、中国料理の調味料で、干し貝柱・金華ハム・干しえびなどの高級食材をふんだんに使ったペースト状のものといわれています。

XOの語源は、ブランデーの最高級を意味する、エクストラオールド(eXtra Old)からとられたものですが、ブランデーのように古く熟成されるものではなく、あくまでも「高級感を持つ」という意味でそう命名されたようです。

かんたんに述べれば、XO醤で味付けすると、旨味とともにピリッと辛みのきいた味わいになるのです。

メニュー

主なメニューと値段は、2020年12月3日現在の税別価格です。

菜香楼の「本日のランチ」は900円(サラダ、デザート付き)です。

  1. 湯面+炒飯(五目そば+半チャーハン)
  2. 拉面+炒飯(ラーメン+半チャーハン)
  3. 雲呑+炒飯(ワンタン+半チャーハン)
  4. 炒馬面+炒飯(辛口チャンポン面+半チャーハン)

定食は、ライス1回までおかわり無料で1000円です。

本日のランチ

エビと木耳の玉子炒め、イカと玉子のチリソース煮、カニ玉、牛肉とイカの唐辛子炒め、八宝菜、ホイコーロー、マーボードウフ、キクラゲと玉子の炒め、ニンニクの芽と豚肉の炒め、マーボーナス、レバーとニラの炒め、とり肉の唐辛子炒め、などがあります。

さらに、セットメニューもあります。

  1. 青菜麺+炒飯(野菜そば+チャーハン)
  2. 担々麺+炒飯(辛子胡麻味噌入りそば+チャーハン)
  3. 酸辣麺+炒飯(四川風辛酸とろみそば+チャーハン)
  4. 柳麺+焼餃(ラーメン+焼ギョーザ)
  5. 麻婆飯+水餃(マーボ丼+水ギョーザ)
  6. 葱油麺+炒飯(ネギそば+チャーハン)

こちらは、ランチに比べると、杏仁豆腐やサラダがない分、「半」ではないチャーハンなんですね。

セットメニュー

なかなかむずかしい中国語で、カッコ内を読まないとわかりません(笑)

もちろん、麺類や丼類は単品で提供されています。

たとえば、柳麺(ラーメン)650円、叉焼湯麺750円、什景炒飯800円など、本格中華料理店としてはかなり庶民的な価格です。

一品料理も、じゃがいもの黒酢炒め780円、むき海老の天ぷら980円、エビとキクラゲの玉子炒め980円、
牛肉とキノコの炒め980円、ほうれん草の炒め780円、グリーンピースの菜の炒め780円、チンゲン菜の炒め780円、
ごまダレの取りにく炒め780円など、ごはんでもお酒のツマミでもイケます。

菜香楼のまとめ

菜香楼は、東急池上線池上駅北口近くにある本格中華料理店です。

お酒でも食事でも対応できるメニューを提供しています。

ランチメニュー、定食メニュー、セットメニューなど、麺類、チャーハン、餃子、一品料理などを組み合わせたメニューが提供されています。

以上、菜香楼(大田区池上)は本格中華料理の一品料理、定食やランチメニュー、セットメニューも充実してファミリーで楽しめる、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました