魚蔵ねむろ蒲田駅前店は毎朝空輸される四季折々の新鮮魚介をその日に提供するお店でランチも北海道ラーメンと丼を用意

スポンサーリンク↓

魚蔵ねむろ蒲田駅前店は毎朝空輸される四季折々の新鮮魚介をその日に提供するお店でランチも北海道ラーメンと丼を用意
魚蔵ねむろ蒲田駅前店(大田区西蒲田)。JR蒲田駅西口商店街、サンライズカマタの駅前口徒歩1分弱のところにあります。「魚蔵」と書いて「とどくら」と読みます。毎朝漁港から空輸で直送の新鮮食材を夜の宴会に提供していますが、昼はランチもあります。



魚蔵ねむろは、東京の秋葉原店とともに、最近は蒲田駅前店も注目されています。

本来は居酒屋。

毎朝漁港から空輸で直送の新鮮食材を提供するだけでなく、都内では珍しく、北海道の地酒で昼飲みもOKだそうです。

が、ランチは決してついでではなく、その北海道食材をふんだんに使った丼、ラーメンなどを提供し、ランチは、週末の土日も含めて毎日営業しています。

場所は、サンライズカマタの駅前口を入り、

富士そばを超えるとすぐですね。おかしのまちおかの向かいです。

魚蔵ねむろ蒲田駅前店

以前は、根室食堂という店名でした。

ということは、もともと飲み屋ではなく飯屋だったんでしょうね。

魚蔵ねむろ蒲田駅前店

1階はカウンター席。ランチ時は満席です。

そこで、2階のテーブル席へ。

その途中の階段には、「尾崎漁業」の旗が貼ってあります。

魚蔵ねむろ蒲田駅前店

魚蔵ねむろは、漁業会社が運営会社だそうですが、尾崎漁業がそうなのでしょうか。

海鮮丼、北海道ラーメン、ザンギや蝦夷鹿、サンマも扱っているので、居酒屋の余技ではなく、本格的なランチタイム用のお店です。

ランチは、丼か北海道ラーメン。

魚蔵ねむろ蒲田駅前店

丼は大盛りが、麺は半ライス無料というのでお願いしました。

注文品は前金です。

最近の飲み屋さんにそれを採用しているお店が多いですね。

会計のトラブルもないかもしれません。

スポンサーリンク↓

ランチは北海道ラーメンと丼

さて、そうした前置きはともかくとして、さっそく注文したものをご紹介します。

これはさんまラーメンです。

魚蔵ねむろ蒲田駅前店

そばににしんそばがありますが、ラーメンにさんまが入るのです。

北海道ならほたてラーメン。

魚蔵ねむろ蒲田駅前店

いかにも北海道ラーメンらしいですが、少しほたてが小さいかもしれません。

とともに、もっとどんぶりいっぱいに入ってもいいような気がします、

丼ものでは、柔らかハーブ豚のトン豚丼定食。

柔らかハーブ豚のトン豚丼定食

ごはんの上に、スライスした豚肉が3枚とサラダが、独特のタレとともにのっています。

汁は、とん汁かと思ったら、少し違ってとと汁でした。

とと汁

「とん」と「とと」。1字違いです。

ただ、魚は入っておらず、たぶん出しを取っただけで、具はだいこん、にんじんなどを乱切りしたものと、わかめです。

もちろん、北海道を売り物にするお店ですから、海鮮丼もあります。

そして夜になると、新鮮な魚介類とともに、北海道の地酒が提供されます。

もちろん、蒲田は飲み屋さんがたくさんありますが、北海道の地酒と新鮮な魚介類をセールスポイントにするお店はめずらしいのではないでしょうか。

いかがですか。

魚蔵ねむろ蒲田駅前店。

ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK) -
ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK) –

スポンサーリンク↓