華屋与兵衛羽田店(大田区萩中)は江戸前寿司、手打ちうどん、各種和定食、和膳など提供の和食系ファミリーレストラン

スポンサーリンク↓

華屋与兵衛羽田店(大田区萩中)は江戸前寿司、手打ちうどん、各種和定食、和膳など提供の和食系ファミリーレストラン

華屋与兵衛羽田店(大田区萩中)に行ってきました。江戸前寿司、手打ちうどん、各種和定食、和膳などを提供する和食系ファミリーレストラン。グランドメニュー、ランチメニュー、サイドメニューいずれもバリエーションが豊富で家族でも楽しめる店です。

華屋与兵衛はバリエーションが売り物

華屋与兵衛羽田店までのみち

華屋与兵衛羽田店は、店名は「羽田」ですが、住居表示は「萩中」です。

華屋与兵衛

最寄りの駅は、京急羽田空港線大鳥居駅。下車して環状八号線と産業道路の交差点近く。

環状八号線外回り方面に面したところにあります。

華屋与兵衛は、関東地方を中心に店舗展開する、おなじみの和食ファミリーレストランチェーンです。

江戸前寿司・手打ちうどん・各種和定食・和膳などバリエーションあるメニューが売り物です。

華屋与兵衛というと、人の名前みたいですね。

握り寿司の始祖とされる、実在の江戸時代後期の寿司職人でだそうです。

といっても、あくまでイメージ上名前を拝借しているだけで、創業者ということではないようです。

華屋与兵衛は、清水信次・ライフコーポレーションの会長が設立しました。

現在は、『すき家』などでおなじもゼンショーホールディングスの連結子会社です。

ねばとろうどん(790円)+小まぐろ漬け丼(450円)

華屋与兵衛羽田店の、十種の具材入りのねばとろうどんです。

ねばとろうどん(790円)+小まぐろ漬け丼(450円)

小まぐろ漬け丼は、サイドメニューです。

納豆、おくら、めかぶ、茗荷など10種類の具材入りのねばとろうどんには、生卵が1つついています。

生卵分離器

それを入れるのですが、そのままではなく、分離器を使って黄身だけを入れます。

ねばとろうどん

そして、かき回していただきます。

ねばとろうどん

出汁がしっかりきいているため、黄身やとろろが入ってもしっかりと味を感じることができます。

本まぐろ中とろまぐろづくし(1090円)

華屋与兵衛羽田店の、本まぐろ中とろまぐろづくしは、握り寿司ですがギョク1貫含めて全部で10貫です。

本まぐろ中とろまぐろづくし

一通りのまぐろ寿司が揃っていますが、もしかしたら1人前としては少ないかもしれません。

本まぐろ中とろまぐろづくしのにぎり

足りなければ、サイドメニューの出番です。

小そばや小うどんをセットで付けます。

小そば

まぐろ三色丼(780円)+小そば

華屋与兵衛羽田店の、まぐろ三色丼+小そばです。

スポンサーリンク↓

まぐろ三色丼(780円)+小そば

まぐろは、赤み、中トロ、すきみで三色です。

まぐろ三色丼(780円)

お吸い物付きです。

一見、ご飯が隠れるほど刺身が乗って……といいたいところですが、ちょっとご飯が少ないかもしれませんね。

華屋与兵衛他のメニュー

華屋与兵衛は、常に新しいメニューを提供して、メニューの“新陳代謝”が激しいので、あまりここで詳細に列挙しても、これを読まれることには、また別のメニューになっているかもしれません。

また、名前だけではイメージしにくいメニューもあるかもしれません。

が、少なくとも2018年12月22日現在ではこうなっている、というご紹介をいたします。(価格は税別)

ランチメニューは15時まで提供。

現在は、ランチ限定メニューとして、【選べる】小丼×天ぷら×麺、トリオセットとして、小本まぐろ中とろ丼と天ぷら麺セット(1090円)。

要するに、それぞれ選択肢のある小丼と麺と天ぷらを組み合わせるメニューです。

たとえば、小丼は、小うな丼、小ローストビーフ丼などの選択肢があります。

冬の松花堂御膳というものも提供されています。

ランチタイム限定の豪華御膳です。

たとえば、与兵衛御膳は、季節のご飯、季節の天ぷら、季節のお造り(刺し身2品)、豚の角煮、季節の小鉢、茶碗蒸し、お吸い物、デザート(少クリームあんみつ)がいっせいに提供されて1490円です。

彩り寿司御膳は、季節の握り寿司4巻、季節の天ぷら、二八そば、季節の小鉢、茶碗蒸し、お吸い物など1290円。

もうこのへんになると、もはやランチとは言えないレベルですね。

お金持ちの年配の方の社交場という感じだしょうか。

華屋与兵衛羽田店界隈のスポット

華屋与兵衛羽田店のあるのは萩中。

糀谷と羽田に挟まれた住宅地です。

らーめん食堂赤玉に来店したときは、まだ開店したてのほやほやで、店内外に花が飾ってありました。

らーめん食堂赤玉(大田区萩中)は油そば、担々麺、玉子スープ麺の3種類をメインメニューとするコスパ高く味も良い店
らーめん食堂赤玉(大田区萩中)に行ってきました。まだ開店したてのほやほやで、店内外に花が飾ってありました。「らーめん食堂」という名称ですが、メニューに「ラーメン」はなく、油そば、担々麺、玉子スープ麺の3種類をメインメニューとしています。…

油そば、担々麺、玉子スープ麺の3種類をメインメニューとした、大変に盛りの良い食べがいのある店です。

萩中の南隣の街は本羽田ですが、ファミレスという競合ジャンルのサイゼリヤ本羽田店があります。

サイゼリヤ本羽田店(東京都大田区本羽田)はレギュラーメニューのハンバーグやスパゲッティとフォッカチオなど提供
サイゼリヤ本羽田店(東京都大田区本羽田)に久しぶりに行ってみました。といっても連休中のため、いつものワンコイン…
サイゼリヤ本羽田店(東京都大田区本羽田)は大衆的な価格のワンコインランチとして親しまれる卵付ハンバーグが有名
サイゼリヤといえば、大衆的な価格のメニューでお馴染みのファミリーレストラン。大田区は2016年11月現在、上池…

ただし、華屋与兵衛羽田店は和食で、サイゼリヤ本羽田店は洋食なので、棲み分けられています。

萩中と言えば、まさにその名を冠した萩中公園をご紹介しないわけにはいかないでしょう。

萩中公園は大田区内に5つある交通公園のひとつで野球場、プール、築山広場、健康遊具のあるがらくた公園など広い公園
萩中公園は、大田区内に5つある交通公園のひとつです。その施設は、大田区萩中3丁目の野球場、プール、築山広場、健…

大田区内に5つある交通公園のひとつで、すぐ前には東京都立羽田つばさ高校、東京都立城南職業能力開発センター大田校、最寄りの小学校は大田区立中萩中小学校、隣接した施設に集会施設の萩中集会所などがあります。

萩中公園に遊びに来て、華屋与兵衛羽田店に寄って食事をするコースもいいかもしれません。

以上、華屋与兵衛羽田店(大田区萩中)は江戸前寿司、手打ちうどん、各種和定食、和膳など提供の和食系ファミリーレストラン、でした。

川崎蒲田大森食本 (ぴあMOOK)
川崎蒲田大森食本 (ぴあMOOK)

スポンサーリンク↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました