ブーランジェリーミモレット(南蒲田)で大田区発祥のあげぱんを

スポンサーリンク↓

ブーランジェリーミモレット(南蒲田)で大田区発祥のあげぱんを

ブーランジェリーミモレット、という大田区南蒲田のパン屋さんに行きました。ここは大田区発祥といわれる『蒲田あげぱん』を、注文すれば揚げたてで売ってくれます。もちろん、他のオリジナル商品もたくさんあるステキなお店ですが、今回はあげぱんについて少し書いてみましょう。

 ブーランジェリーミモレットがあるのは、日の出通りと言います。

日の出通り

別名を日の出銀座とも言います。

個人的には実に懐かしい。

私の小学校時代の通学路です。

日の出通りから環状八号線を超えると、大田区立南蒲小学校があります。

一方、日の出通りの南端には、日本でもめずらしい七辻があります。

文字通り、七叉路です。

羽田に、糀谷に、六郷にと続いています。

しかし、七つ道があっても信号はひとつもありません。

でも事故がないことを自慢としています。

そんな日の出通りの、環状八号線近くに、ブーランジェリーミモレットはあります。

ブーランジェリーミモレット

あげぱんの起源と種類

あげぱんは、大田区が発祥の地と言われています。

揚げパンは、コッペパンを油で揚げて、砂糖をまぶしたものをいいます。

1954年、学校給食法が施行されました。

それまでコッペパンオンリーだった学校給食のメニューに、揚げパンが登場したのは1964年(昭和39年)といわれています。

※学校給食(http://www.juk2.sakura.ne.jp/rekisi.html)より

学校給食は、アメリカの小麦粉配給によるパン作りから始まったのですが、美味しいパンではなかったために、苦し紛れの「調理」として登場したと言って良いかもしれません。

最初にあげぱんを導入したのは、鵜の木小学校といわれており、鵜の木では『東京あげぱん』というあげぱんを売っているお店があります。

ただ、そのあげぱんは現代風のおしゃれな細い揚げパンで、昭和30~40年代の太いコッペパンを使ったあげぱんは、ブーランジェリーミモレットです。

下町ボブスレーあげぱんは正真正銘ミモレット発祥

ということで、前置きが長くなりましたが、ブーランジェリーミモレットのあげぱんです。

スポンサーリンク↓

ブーランジェリーミモレットのあげぱん

これが、現在、売られている『蒲田あげぱん』です。

揚げたては、やはりホカホカして美味しいです。

ブーランジェリーミモレットのあげぱん

ただ、逆に言うと美味しすぎるかもしれません。

当時の揚げパンは、非常食のような硬くなったコッペパンを油であげて、今よりももっと粗い砂糖を付けて食べやすくしたのです。

当時に比べて、パンの生地も砂糖も油も、全て質が良くなっているため、また揚げる時間も短めのため、お上品でやわらかくおいしくなりすぎ、逆に当時の味から遠ざかるというジレンマがあるのです。

あげぱんは、もう一種類売っています。

黒い弾丸です。

下町ボブスレーあげぱんといいます。

下町ボブスレーあげぱん

大田区の『下町ボブスレー』を応援する揚げパンだそうです。

下町ボブスレーあげぱんは、メディアで紹介されるときは表面が真っ黒な写真が出ています。

たしかに揚げたてはピッカピカの真っ黒なんですが、時間がたって冷えてくると砂糖が浮いて固まってしまい、表面が白くなります。

中も真っ黒ですが、生地はブラックカカオとチョコチップ入りといいます。

下町ボブスレーあげぱん

下町ボブスレーあげぱんも、甘くて柔らかくて美味しい!

ところで、下町ボブスレー。ご存知ですか。

大田区産業振興協会が発案した、国産ボブスレー(鋼鉄ソリ)のことです。

大田区産業振興協会
公益財団法人大田区産業振興協会公式サイトより http://www.pio-ota.jp/

つまり、下町ボブスレーも大田区発祥です。

まあ、蒲田あげぱんはリアルに「昭和」当時のあげぱんというわけではありませんが、現在の給食で出るあげぱんはまさに蒲田あげぱんなのでしょう。

歌は世につれ世は歌につれ、ではありませんが、あげぱんも時代とともに進化していくということでしょう。

昭和40年代のあげぱんは心のなかにとどめておき、現在に生きる者は、現在の蒲田あげぱんを味わい楽しみたいと思います。

 

ミモレット

所在地: 〒144ー0035 東京都大田区 南蒲田2-8-11

電話: 03-3735-0850

スポンサーリンク↓