武蔵新田の本格洋菓子店ボンビアンと武蔵新田商店会(大田区)



スポンサーリンク↓

武蔵新田の本格洋菓子店ボンビアンと武蔵新田商店会(大田区)
ボンビアン(東京都大田区矢口1-15-3)という製販一体の洋菓子店が、東急多摩川線武蔵新田駅下車南西側の武蔵新田商店会にあります。ベーカリーを自社で用意しているだけに、通年の市販商品とともに、誕生日やお祝いのケーキなども受注しています。

東急多摩川線武蔵新田駅前にある洋菓子の『ボンビアン』は、大田区内でも有数の洋菓子店です。

ボンビアンは、奥にベーカリーを用意した洋菓子店です。

ボンビアン

生ケーキ38種類、アントルメ20種類、焼き菓子20種類、トリフ20数種類、クッキー10数種類、各種バースデーケーキなどを売っている大田区内でも名物店です。

市販品の他、お客さんの注文を受けて、たとえば誕生日のケーキなどを受注しています。

武蔵新田ロールは、名前の通りロールケーキです。

武蔵新田ロール

ロールケーキのご当地商品指しては、過去に梅屋敷ロール(ウメヤシキロール)をご紹介しました。

ウメヤシキロール。カタカナで書きましたが、梅屋敷ロールと書くこともあります。もちろん、梅屋敷の名物です。梅屋敷&

梅屋敷商店街(ぷらもーる梅屋敷商店街)にあるシェークドールというお店で売られています。

なぜ梅屋敷のご当地商品かというと、ロールケーキのクリーム部分に梅が入っているからです。

一方、ボンビアンの武蔵新田ロールは、地元商店街の材料を使っている「ご当地商品」です。

エスプレッソ生キャラメルの通信販売など行っている『ワールドビーンズ』の珈琲豆、和三盆を使って焼き上げたものだそうです。

以前は、青森産おおすず大豆由来の豆乳おからクッキーなどを売っている『豆富司みしまや』の豆乳も使っていたのですが、同店は閉店になりました。

たしかに食べてみると、豆乳コーヒーの味がします。

評価はよくわからないのですが、「食べログ」では星3~4ですね。

一番うまい、と太鼓判を押すほどではないがまずまずの出来、ということなんでしょう。

値段は1500円。

正直ちょっとお値段はります。

もちろん、本格洋菓子店で自作しているのですから、それだけの値打ちはあります。

スポンジは、きめ細やかでふんわり、しっとり。

クリームは、洋菓子店ですから無問題です。



スポンサーリンク↓

観光スポットである武蔵新田商店会

武蔵新田商店会は、東急多摩川線武蔵新田駅前に、カツ丼でお馴染みの松乃家ができたことをご紹介しました。

カツ丼といえば、日本人には定番の丼ものですね。カツ丼チェーン店も全国展開していますが、その中の一つである松乃家&

今日はワンコインでお釣りが来るという松乃家のカツ丼は、かつやとともに、多くの人に親しまれています。

大田区でもっともドラマロケに使われている中華料理店である『中華麺舗 虎』もあります。

『中華麺舗 虎』(東京都大田区矢口)といえば、最近ではめずらしい昭和の佇まいと、ドラマ舞台の登場回数の多さでお&

最近ではめずらしい昭和の佇まいと、ドラマ舞台の登場回数の多さでおなじみであるところから、もう地元大田区の人だけでなく、ロケ地探訪者にとっても超有名店です。

松乃家の前の通りは、武蔵新田商店街があります。

武蔵新田商店街

大田観光協会の資料によると、武蔵新田駅から旧鎌倉通りまで1.6キロ続く、東京の中で最も距離が長い商店街といいます。

武蔵新田という地名のもととなった新田神社もあります。

新田神社

神奈川県川崎市を横断するJR南武線には、「武蔵~」という駅が多いですが、武蔵新田も含めて、東京や神奈川が、武蔵の国であったことの名残なのでしょうか。
ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK) -
ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK) –