松のや武蔵新田店(大田区矢口)は定食のご飯やみそ汁おかわり無料、QRコード可など新機軸を打ち出して消費者のニーズに対応

スポンサーリンク↓

松のや武蔵新田店(大田区矢口)は定食のご飯やみそ汁おかわり無料、QRコード可など新機軸を打ち出して消費者のニーズに対応

松のや武蔵新田店(大田区矢口)は、東急多摩川線武蔵新田駅を下車してすぐのところにある人気のかつ専門店です。「松乃家」から「松のや」に改称。定食のご飯やみそ汁おかわり無料、QRコード可など、次々新機軸を打ち出して消費者のニーズに応えています。

アクセス

松のや武蔵新田店(大田区矢口)は、東急多摩川線武蔵新田駅を下車して、武蔵新田商店街方面にあります。

松のや武蔵新田店

多摩川方面の改札からは、道路を隔ててすぐのところです。

多摩川方面の改札からは、道路を隔ててすぐ

駅を下車して、ちょっと食べていこう、という気になれる距離ですね。

店頭に画像のメニュー。右側はショーウインドーです。

ドアは軽く触れる半自動ドアです。

店内

店内左側に食券販売機。

QRコードが使えます。

PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、Jcoin、d払い、auペイ、クオ・カードペイ、メルペイ、ゆうちょPay、Alipay、WeChatペイなど、市中で使われているQRコードはほぼ対応しています。

食券制で〇〇ペイが使えるのは便利ですね。

私は早速、楽天ペイを使わせていただきました。

テーブル席7卓で、30席あります。

来店時は空いていたこともあって、どの席でも自由に座れました。

店員は配膳に2人体制です。

食券を受け取り、しばらくして配膳されます。

テーブルの横には、調味料が用意されています。

セルフ調味料

人参ドレッシング、特製ソース、しょうゆ、すだちドレッシング、七味唐辛子。

そして、個包装のからしです。

松乃家と松のや

松のやは、以前もご紹介しました。

松乃家が武蔵新田にやって来た。最も人気のあるスタンダードメニューはワンコインでお釣りが来るという松乃家のカツ丼
カツ丼といえば、日本人には定番の丼ものですね。カツ丼チェーン店も全国展開していますが、その中の一つである松乃家が武蔵新田にやってきました。となれば、大田区住民として食べに行かなければならないでしょう。というわけで、今日はワンコインでお釣りが来るという松乃家のカツ丼です。
とんかつ松乃家武蔵新田店(大田区矢口)ロースカツ定食とおろしポン酢ささみかつ定食と半額豚汁シャキシャキ食感具材
とんかつ松乃家武蔵新田店に妻と行ってきました。久しぶりの松乃家です。ロースカツ定食、おろしポン酢ささみかつ定食のほか、期間限定半額サービスとされている豚汁もいただきました。豚汁は、中のシャキシャキ食感の具材の正体がネットでも話題です。

といっても、この時の店名は、とんかつ松乃家武蔵新田店といいました。

松屋フーズを運営会社とする点では同じです。

では、松乃家と松のやはどう違うのかと言うと、創業当初は松乃家だったのですが、「海外出店した際に中華料理店に間違えられやすく支障がある」ため、2013年以降は『松のや』とひらがなにしつつあるそうです。

とんかつ「松乃家」と「松のや」の違いは?メニュー・店舗も調査!
松乃家と松のやは、牛丼で有名な松屋フーズの展開するとんかつ専門の飲食店です。読み方は同じでも、表記の仕方に違いがある松乃家と松のやには、実際どのような違いがあるのでしょうか。今回はこの2つの違いとその理由、クーポンの利用可否、メニューについて紹介していきます。

それでも、まだ松乃家という屋号は何店か残っているようですね。

ロースかつ&海老かつ定食タルタルソース(890円)

松のや武蔵新田店のロースかつ&海老かつ定食タルタルソースです。

ロースかつ&海老かつ定食タルタルソース

「エビフライ」ではなく「海老かつ」と表記されています。

「海老かつ」というのは本来、天ぷらで言えばかき揚げ、別の揚げ物で言えばかつとメンチの違いようなもので、小エビをたたいてつなぎとまぜて衣をつけあげたものです。

しっぽも付いた大きなエビまるごと

しかし、この「海老かつ」は、しっぽも付いた大きなエビまるごとです。

ロースカツと比べても、いかにビッグサイズかがわかります。

まあかつ専門店の矜持として、あえてエビフライではなく海老かつと名乗ったんでしょうね。

親子ささみかつ丼(590円)

松のや武蔵新田店の親子ささみかつ丼です。

親子ささみかつ丼

スポンサーリンク↓

ささみかつと閉じた卵がどんぶり一面に広がり、ご飯が隠れています。

ささみかつと閉じた卵がどんぶり一面に広がり

ささみはやわらかく、高齢者やお子さんにもおすすめできます。

閉じた卵で、カツの衣がほどよい軟らかさです。

ロースかつ定食(590円)

松のや武蔵新田店では、スタンダードメニュー中のスタンダードメニュー、ロースかつ定食です。

ロースかつ定食

かつにはヒレカツもありますが、やはりとんかつはロースカツのほうが合っているような気がします。

店員や店によってデキが違うらしく、評判はメディアによってまちまちの松のやですが、ロースカツ定食の出来でそれは判断できます。

揚げたて

今日の武蔵新田店は、文句なしのコスパで、すべて揚げたて。

何の不満もありません!

メニュー

松のやは、このブログで2度目の来店となりますが、当時とは値段もメニューのバリエーションも変わっているので、改めてメニューをご紹介します。

メニュー

2020年12月29日現在の税込価格です。

定食

ご飯、みそ汁、かつ一品で構成される、松のやのスタンダードメニューです。

海老かつ定食790円、ホワイトソースロースかつ定食690円、ホワイトソース厚切りロースかつ定食790円、ホワイトソースささみかつ定食690円、クリスピーメガチキン定食750円、たっぷりタルタルクリスピーメガチキン定食850円、クリスピー唐揚げ定食750円、クリスピー唐揚げラージ定食980円、厚切りロースかつ定食690円、おろしポン酢厚切りロースかつ定食790円、味噌厚切りロースかつ定食790円、チーズトマト厚切りロースかつ定食790円、カキフライ定食790円、たっぷりカキフライ定食1050円、メガチキンかつ定食690円、Wメガチキンかつ定食1090円、たっぷりタルタルメガチキンかつ定食790円、ロースかつ定食590円、おろしポン酢ロースかつ定食690円、味噌ロースかつ定食690円、チーズトマトロースかつ定食690円、大判ヒレかつ定食790円、ささみかつ定食590円、たっぷりささみかつ定食760円、おろしポン酢ささみかつ定食690円、チーズトマトささみかつ定食690円、味噌ささみかつ定食690円。

盛合せ定食

ご飯、みそ汁に、複数の揚げ物で構成される定食です。

ロースかつ&海老かつ定食(トマトソース)890円、ロースかつ&海老かつ定食(タルタルソース)890円、ささみかつ&海老かつ定食(トマトソース)890円、ささみかつ&海老かつ定食(タルタルソース)890円、大判ヒレかつ&海老かつ定食(トマトソース)1090円、大判ヒレかつ&海老かつ定食(タルタルソース)1090円、ロースかつ&クリスピー唐揚げ定食870円、大判ヒレかつ&クリスピー唐揚げ定食1070円、ロースかつ&カキフライ定食850円、大判ヒレかつ&カキフライ定食1050円、ロースかつ&大判ヒレかつ定食1040円、ロースかつ&ささみかつ(1枚)定食760円、ロースかつ&ささみかつ(2枚)定食930円、ロースかつ&海老フライ(1尾)定食840円、ロースかつ&海老フライ(2尾)定食1040円、大判ヒレかつ&海老フライ(1尾)定食1040円、大判ヒレかつ&海老フライ(2尾)定食1240円。

定食ものは、すべてご飯とみそ汁がつき、お替り無料です。

揚げ物の丼とみそ汁です。

厚切りロースかつ丼690円、カキフライとじ丼690円、メガチキンかつ丼650円、ロースかつ丼590円、味噌ロースかつ丼590円、大判ヒレかつ丼790円、親子ささみかつ丼590円。

カレー

松のやが提供している揚げ物ののったカレーライスです。

ロースかつカレー690円並盛、海老フライカレー900円並盛などとなっています。

まとめ

松のや武蔵新田店(大田区矢口)は、東急多摩川線武蔵新田駅下車すぐのところにります。

メニューは、定食、盛り合わせ定食、丼、カレーなどのジャンルに分かれますが、いずれもかつを提供するかつ専門店です。

前回来店したときは松乃家でしたが、今回は松のやと改称していました。

もちろん、店名は変わっても、コスパ抜群の揚げたてが食べられることは変わりありません。

以上、松のや武蔵新田店(大田区矢口)は定食のご飯やみそ汁おかわり無料、QRコード可など新機軸を打ち出して消費者のニーズに対応、でした。

スポンサーリンク↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました