バーミヤン蒲田駅東口店(大田区蒲田)は系列のジョナサンが閉店後に入れ替わりで2020年12月19日から区内3店目の開店

スポンサーリンク↓

バーミヤン蒲田駅東口店(大田区蒲田)は系列のジョナサンが閉店後に入れ替わりで2020年12月19日から区内3店目の開店

バーミヤン蒲田駅東口店(大田区蒲田)は、系列のジョナサンが閉店後に入れ替わりで2020年12月19日から区内3店目の開店です。オーダーはタブレットを使うようになり、会計もQRコードが使えるようになるなど、時代に合わせて進化しています。

アクセス

バーミヤン蒲田駅東口店(大田区蒲田)は、JR蒲田を下車してグランデュオ蒲田東口から徒歩5分のところにあります。

バーミヤン蒲田駅東口店

京急蒲田駅からは、京急蒲田商店街あすとを抜けてさらに3分進んだ場所です。

1階がトレーディングカードの店で、2階にあります。

1階がトレーディングカードの店で、2階

以前は、やはりすかいらーくグループのジョナサンがありました。

蒲田東口唯一のファミレスが、2020年12月6日に閉店と告知されてがっかりしていましたが、なんとその13日後には、バーミヤン蒲田駅東口店が開店したわけです。

さすが、同系列ですね。手際が良いと思います。

窓や看板も、すっかり『バーミヤン』です。

撤退ではなく、グループ内の看板の架けかえということは、リーズナブルな価格で、本格中華を楽しめるファミリーレストランであるバーミヤンの人気がそれだけ安定しているんでしょうね。

バーミヤンが蒲田にやってきた、と地元では概ね好評です。

店内

階段を登ると、改めて看板と正面ドアがあります。

バーミヤンが蒲田にやってきた

入ると、時節柄、アルコールの手消毒を行って席に。

コロナ禍だからか、年末の時分時をはずれていた時間帯(午後5時頃)だからか、自由に席を選べました。

おしぼり、水はバーからセルフです。

無料Wi-Fiや、無料電源も用意されています。

テーブルには、調味料、箸、れんげとともに、タブレットが。

テーブルには、調味料、箸、れんげとともに、タブレット

タブレットは初体験です。

このブログで、もっとも多くの回数(7回)を訪れているバーミヤンですが、今まではすべて西六郷店。

蒲田東口店は初めてで、しかも4ヶ月ぶり。

コロナ禍が、バーミヤンにもタブレット導入をさせたんですね。

会計は、QRコードが使えるようになりました。

これで、現金の持ち合わせがなくても、財布を忘れても、スマホさえあれば安心していただくことができます。

『エンボス手袋をご用意しております』『食事以外の時間にはマスクの装着をお願いします』『外気を取り入れて十分な換気量を確保しております』『食べきれない料理のお持ち帰り容器をご用意しております』などなど表示されたシールがテーブルに貼られています。

草野直樹が見たバーミヤン

オーダーしたのは、スタンダードメニューであるバーミヤンラーメンと、野菜たっぷりタンメンでした。

オーダーした

スポンサーリンク↓

バーミヤンラーメン(税抜499円)

バーミヤンラーメンは、スタンダードメニューといっていいでしょう。

バーミヤンラーメン

自家製の魚介系醤油スープ・自家製中華麺・自家製焼豚などを売り物にしています。

公式サイトによれば、かつお節とサバ節の混合節の出汁に、煮干しを加えることで、旨みと香りを追加したそうです。

具材は、海苔、チャーシュー、ほうれん草、メンマ、長ネギと、オーソドックスなラーメンです。

油は浮いていますが、魚介系なのでさっぱり感があり、スープはもう一口、もう一口とイケます。

にぼしの風味を活かす脂香りを移したラードと牛脂を使用しているそうです。

最近は、ネオクラシック系のラーメン、とんこつラーメンなどが増えてきましたが、バーミヤンのオーソドックスなラーメンが逆に引き立ちます。

野菜たっぷりタンメン(税抜649円)

バーミヤン蒲田駅東口店の野菜たっぷりタンメンです。

野菜たっぷりタンメン

名前通り、もやし、キクラゲ、キャベツ、人参などたっぷりの野菜が食べられる特製タンメンです。

スープは白濁で、たしかにタンメンです。

タンメンと塩ラーメンの違いは、以前も書きましたが、塩ラーメンはあくまで塩味出汁のラーメンに具材がのっているもので、一方のタンメンは、野菜を炒めた塩味スープに麺を入れます。

縮れた細麺もいいですね。

ちょっと値上げしました。

でもこれならリピートすると思います。

これまでのバーミヤン記事

バーミヤンは、これまで7回来店して記事にしました。

バーミヤン西六郷店(大田区)は大田区六郷では唯一のファミリーレストランで自転車や徒歩で地元の人も賑わう店
バーミヤンといえば、すかいらーく系の中華ファミリーレストランとして全国展開を行っています。大田区は雪が谷大塚駅前店と西六郷店の2店があります。国産野菜を使った麺類、肉汁のしたたる餃子、コクのあるチャーハンの味付けなど堪能できます。

バーミヤンのスタンダードメニューや、近隣スポットをご紹介しました。

バーミヤン西六郷店(大田区)たっぷり野菜の7品目冷やし中華の具材は錦糸卵きゅうり蒸鶏ハムトマトサニーレタスねぎ
バーミヤン西六郷店(大田区西六郷)について再びです。大衆的な価格で大衆的な中華料理を提供してくれる中華系フィミリーレストラン・バーミヤンですが、そのひとつとして、『たっぷり野菜の7品目冷やし中華』(729円)もラインナップされています。

『BM級グルメフェス』という催しにおける、たっぷり野菜の7品目冷やし中華(729円)を中心にご紹介しています。

バーミヤン西六郷店(大田区)のBM級(バーミヤン級)は『海老と厳選10種素材の懐かしちゃんぽん』など新メニュー
BM級(バーミヤン級)グルメフェスという名のキャンペーンが、中華料理系ファミリーレストラン・バーミヤンで行われています。もちろん、大田区のバーミヤン西六郷店も例外ではありません。経験してきたBM級グルメフェス開催新メニューの一部をご紹介します。

引き続き『BM級グルメフェス』開催中に、海老と厳選10種素材の懐かしちゃんぽんをいただきました。


『全国ご当地旅する麺グルメフェア』では、富山県産の白えび、オクラ、長芋、めかぶ、温泉たまご、かつおぶし、白髪ネギを使った、白えびとネバシャキ野菜の冷やしラーメンをいただきました。

バーミヤン西六郷店(大田区西六郷)は麺の代名詞であるラーメンとご飯ものの代表チャーハンが並ぶ中華頂上対決実施中
バーミヤン西六郷店(大田区西六郷)では、他のバーミヤン各店が行っている期間限定メニュー“中華頂上対決”を9月6日~11月14日まで提供中です。中華メニューのうち麺の代名詞とも言えるラーメンと、ご飯ものの代表チャーハンが並ぶフェアです。

『中華頂上対決』では、焼豚、旨辛麻婆、プリプリ海老の3ジャンルで、それらを使ったラーメンとチャーハンを提供。

プリプリ海老とレタスのXO醤チャーハンや、海鮮三種の具沢山あんかけラーメンをご紹介しました。

バーミヤン西六郷店(大田区西六郷)の日替わりランチは10~17時まで提供されるバリエーション豊富なご飯大盛り無料
バーミヤン西六郷店(大田区西六郷)には何度か来店して、このブログでも記事にしてきましたが、今日は初めて注文したメニューです。といっても、ポピュラーな日替わりランチですが、バリエーションは豊富です(ご紹介している価格はすべて税抜きです)。

『三都食べ歩き中華街物語』という催しでは、横浜中華街から、本場四川の豆板醤を使用しながらも、マイルドに仕上げた海老のチリソース、中華の希少食材“金針菜”を使用したあんかけラーメン。

長崎中華街の、フカヒレ姿煮と海鮮たっぷり熱々ちゃんぽん。

神戸中華街の、ぎっしり!ニラと鶏肉の焼まんじゅう(3コ)と、プリプリえび蒸し餃子(3コ)などをご紹介しました。

バーミヤン西六郷店(大田区西六郷)の海鮮夏中華(期間限定)メニューに、たっぷり蟹のレタスチャーハンなどを提供中
バーミヤン西六郷店(大田区西六郷)では、季節のメニューを楽しむ海鮮夏中華(期間限定)として、大海老と夏野菜のレモン冷やし中華、たっぷり蟹のレタスチャーハン、北海道産帆立とエビのチリソースなどエビをキーワードにしたメニューを提供しています。

『バーミヤン夏中華』では、たっぷり蟹のレタスチャーハンをいただきました。

すべてのキャンペーンを利用しているわけではなかったのですが、バーミヤンが蒲田に進出して大田区に3店できたことで、今後はその機会が増えることになりそうです。

以上、バーミヤン蒲田駅東口店(大田区蒲田)は系列のジョナサンが閉店後に入れ替わりで2020年12月19日から区内3店目の開店、でした。

スポンサーリンク↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました