中華sobaいそべ(大田区多摩川)白旨黒旨2種類スープ、自家製麺、自家製ワンタン、化学調味料不使用、国産小麦麺の店

スポンサーリンク↓

中華sobaいそべ(大田区多摩川)白旨黒旨2種類スープ、自家製麺、自家製ワンタン、化学調味料不使用、国産小麦麺の店
中華sobaいそべ(大田区多摩川)に行ってきました。白醤油ベースの白旨青湯系、濃口醤油ベースの黒旨淡麗系の2種類スープ、ストレート中太の自家製麺、海老や肉のしっかりつまった自家製ワンタン、化学調味料を使わず国産小麦の麺で勝負する本格派です。

中華sobaいそべは、住居表示は多摩川ですが最寄り駅は東急多摩川線の矢口渡駅です。

東急多摩川線の矢口渡駅

駅から多摩川方面に伸びる「矢口の渡商店街」を徒歩1分。

矢口の渡商店街

最初の三叉路の向かって左側にあります。

中華sobaいそべ

お店の前には、立て看板が出ています。

中華sobaいそべ

まあ、たぶん迷ってわからなくなることはないでしょう。

入り口には、相楽伊織(乃木坂46)の「ごちそうさま!!」のサインが飾ってあります。

相楽伊織

お店の中にはいると、まず食券を買います。

中華sobaいそべの食券

ボタン群は右と左で、白醤油ベースの白旨(しろうま)と、濃口醤油ベースの黒旨(くろうま)の2種類に分かれます。

メニューは、中華そば、ワンタン麺、つけ麺などが用意されています。

今回は、黒旨にこにこワンタン麺と、白旨にこにこワンタン麺を選択。

「にこにこ」というメニュー名につられて注文しました。

その内容は、エビワンタンと肉ワンタンが2個ずつという意味でした。

厨房は、ご夫婦お二人でしょうか。ランチ時でしたが、2人体制でした。

中華sobaいそべ

カウンターテープルにあるレンゲは任意。きれいに並べられているので、くずしてはいけないのではないかととるのが緊張します。

レンゲ

そして、できあがりました。

黒旨にこにこワンタン麺。

黒旨にこにこワンタン麺

スポンサーリンク↓

ツルツルモチモチのストレート麺で、淡麗系の醤油スープは明らかに魚介系。

淡麗系の醤油スープ

ただし、中華そば青葉のような魚粉を使う色とドロドロ感はなく、要するに出汁を取っているだけてす。

これだけはっきりと魚介を感じるのは、おそらくは、かなりたくさんの魚を使っていると思います。

メンマは、しっかり太い。

中華sobaいそべ黒旨にこにこワンタン麺

これまでこんな太いメンマをいただいたことはありませんでした。

なんだかんだであっという間に完食してしまいました。

大盛りにすればよかった。

こちらは、白旨にこにこワンタン麺。

白旨にこにこワンタン麺

魚介の感じはなかったのですが、ついもう一口と飲んでしまう青湯系スープ。

原材料はわかりませんが、化学調味料なしでこれだけの味を作ったのは、相当手間ひまかけているのでしょう。

やはり、ツルツルモチモチのストレート麺。

白旨にこにこワンタン麺

海老ワンタンと肉ワンタンは、それぞれめいっぱいつまっています。

海老ワンタンと肉ワンタン

おしゃれで作り込んだ渾身のワンタン麺ですね。中華sobaいそべ。

浜田山のたんたん亭がルーツ

中華sobaいそべの店主は、池尻大橋の支那そば八雲というお店の出身だそうです。

そして、支那そば八雲の店主は、浜田山のたんたん亭で修行したとか。

ということは、浜田山のたんたん亭→池尻大橋の支那そば八雲→中華sobaいそべ、という系譜になるわけですが、たんたん亭といえば、大田区池上の、支那そば香麺よってていもその系譜にあります。

よってていの場合は、浜田山のたんたん亭→世田谷・経堂のはるばるてい→よっててい、という系譜です。

中華sobaいそべと、支那そば香麺よってていは、支那そばの保守本流、浜田山のたんたん亭から見れば、孫弟子同士だったんですね。

道理で、やや硬めのストレート中太麺、ワンタンへのこだわり、淡麗系の醤油スープなど、類似点があると思いました。

そして、どちらも昼のランチと、夜のアルコールの部があり、よってていがワンタン麺のワンタンを黒酢と辣椒(ラーチャ)でいただくように、中華sobaいそべも夜の部はワンタンはポン酢で頂きます。

ただ、中華sobaいそべはお店が広い分、支那そば香麺よってていにないものがあります。

店を入って、というより店の外からも見えるところに、自家製麺機があります。

中華sobaいそべ自家製麺気

ツルツルモチモチの中太ストレート麺の美味しさの秘密は、国産小麦の自家製麺にあるのです。

最近は、新しい飲食店もできて活気づいている矢口渡界隈ですが、中華sobaいそべはその中でも一押しの名店です。

ここはリピートしたいですね。

ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK) -
ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK) –

スポンサーリンク↓