小麦工房アリス(大田区)の『池上あんぱん』は上品なご当地商品

スポンサーリンク↓

小麦工房アリス(大田区)の『池上あんぱん』は上品なご当地商品
小麦工房アリスというベーカリーが、『池上あんぱん』というご当地商品を販売して話題になっています。どこが『池上』なのかというと、パンの形が池上本門寺の鐘に似せているのです。池上本門寺に参拝に来られた際はおみやげにぴったりです。

さっそくですが、『池上あんぱん』(140円)を見ていきましょう。

白い和紙の袋に包まれています。ここから高級感を表現しています。

白い和紙の袋

袋から本体を取ります。

池上あんぱん

少し潰れてしまいましたが、釣り鐘のような形をしています。

当然、池上本門寺の釣り鐘を意識しているのでしょう。

上から見ると、こんな感じです。

池上あんぱん

そして、中は、つぶあんがたっぷりはいっています。

池上あんぱん

小麦工房アリスの店頭には、すべてオリジナルのパンを並べる“製販一体”のベーカリーです。

ガラス張りの店舗で、カウンターからはっきり見える奥の部屋では、スクラッチ製法(粉から生地を捏ね上げてパンを焼く製法)によるパン作りが行われています。

『池上あんぱん』もそうやって作られてきたものですから、きちんと作り込んだ、上品な味わいです。

『池上あんぱん』以外にも、たくさんのおいしいパンが並んでいます。

お店には、最近のベーカリー流行の、コーヒーサービスもあります。

スポンサーリンク↓

落ち着いた、いいお店です。

大森税務署の近くのパン屋さん

小麦工房アリスの場所は、堤方橋の近く、大森税務署のひとつ手前の道路沿いです。

小麦工房アリス

土地の人には、「(大森)税務署の近くのパン屋さん」で通ります。

ということは、住居表示が東京都大田区中央8-1-9ですから、本当は『池上あんぱん』は、小麦工房アリスにとって“ご当地”ではないわけですが、まあそれはあくまで住居表示の問題であり、小麦工房アリスは、池上本門寺から5分ほどのところにあります。

池上本門寺といえば、大田区を代表する寺院です。毎年秋に行われる御会式は、日蓮宗の信徒でなくても町をあげて一大イ…

道路を隔てた反対側の角には、一昨日ご紹介した、フランキー堺の名前が石塀に彫られている成田山成心寺(大田区中央) があります。

フランキー堺といえば、フランキー堺とシティ・スリッカーズというコミックバンドに始まり、『幕末太陽傳』(日活)や…

「中央」ですから、まさに地理上、大田区のど真ん中にあります。

昔ながらの心温まるベーカリーです。

ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK)

ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぴあ
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: ムック

スポンサーリンク↓