「 神社仏閣 」一覧

池上七福神(大田区池上)は日蓮宗総本山池上本門寺の塔頭や境内外のお堂や曹洞宗寺院など7つの寺院に祀られています

池上七福神(大田区池上)は日蓮宗総本山池上本門寺の塔頭や境内外のお堂や曹洞宗寺院など7つの寺院に祀られています

池上七福神(大田区池上)は、日蓮宗の総本山である池上本門寺の塔頭や境内外のお堂、さらに他宗派(曹洞宗)寺院に祀られています。大田区内の3つの“七福神”のうち、礼所がすべて寺院なのは池上七福神だけで、池上本門寺の存在の大きさがわかります。

大森鷲神社(大田区大森北)は「酉の日」に商売繁盛の神様に参拝する地元商工業者がたくさん訪れる神社としてお馴染み

大森鷲神社(大田区大森北)は「酉の日」に商売繁盛の神様に参拝する地元商工業者がたくさん訪れる神社としてお馴染み

大森鷲神社(大田区大森北)は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)を祭神としています。大田区大森は商業の町ですが、十干十二支を日にちに当てた「酉の日」に、商売繁盛の神様に参拝する地元の商工業者がたくさん訪れる酉の市の神社として知られています。

多摩川七福神(大田区矢口、下丸子)は「七難即滅、七福即生」で武蔵新田界隈の6つの神社と1つの寺院に祀られています

多摩川七福神(大田区矢口、下丸子)は「七難即滅、七福即生」で武蔵新田界隈の6つの神社と1つの寺院に祀られています

多摩川七福神(大田区矢口、下丸子)巡りをご紹介します。昔から「七難即滅、七福即生」といわれ、七福神を参拝すると七つの災難が除かれ、七つの幸福が授かると言われています。多摩川七福神は大田区武蔵新田界隈の6つの神社と1つの寺院に祀られています。

新田神社(大田区矢口)は新田義興公を祭る神社で樹齢700年のケヤキの御神木があり多摩川七福神の恵比寿天が祀られる

新田神社(大田区矢口)は新田義興公を祭る神社で樹齢700年のケヤキの御神木があり多摩川七福神の恵比寿天が祀られる

新田神社(大田区矢口)に行ってきました。謀殺された新田義興公を祭る神社です。境内には、樹齢700年のケヤキの木である御神木に人が集まり、武蔵新田や矢口界隈の神社寺院にある多摩川七福神の恵比寿天がある大田区内でも有数のパワースポットです。

磐井神社(大田区大森北)は子取りの狛犬と磐井の井戸と笠島弁天社などの見どころがあり東海七福神の弁財天が祀られる

磐井神社(大田区大森北)は子取りの狛犬と磐井の井戸と笠島弁天社などの見どころがあり東海七福神の弁財天が祀られる

磐井神社(いわいじんじゃ、大田区大森北)は、東海七福神のうちの弁財天が祀られています。その昔は、武蔵国の八幡社の総社に定められたといわれています。子だくさんの狛犬と磐井の井戸、笠島弁天社などの見どころがあり、大田区北端のスポットです。

池上本門寺御会式2017は万灯練供養で池上本門寺総門まで練り歩き御会式桜は池上大坊本行寺で咲いていました

池上本門寺御会式2017は万灯練供養で池上本門寺総門まで練り歩き御会式桜は池上大坊本行寺で咲いていました

池上本門寺のお会式「万灯練供養」が今年も11~13日まで、無事開催されました。中でも12日の「万灯練供養」がクライマックスでした。宗教行事というだけでなく、地元の池上の町おこしのような意味合いもあり、地元商店街は提灯をつけて迎え入れました。

池上本門寺(東京都大田区)には力道山の墓がありますが生前深い関係にあった有名人たちの墓も多く“墓閥”を感じます

池上本門寺(東京都大田区)には力道山の墓がありますが生前深い関係にあった有名人たちの墓も多く“墓閥”を感じます

池上本門寺(東京都大田区池上1-1-1)に、日本プロレスを作った力道山の墓があるのは有名な話ですが、どうして池上本門寺にあるのか、ということについてはあまり知られていません。力道山と生前深い関係にあった人たちとの“墓閥”を今回見ていきます。

御嶽神社、「木曽の御嶽山」大田区の「関東第一分霊社」

御嶽神社、「木曽の御嶽山」大田区の「関東第一分霊社」

御嶽神社といえば、東急池上線御嶽山駅から徒歩2分。駅前商店街にあるパワースポットとして地元ではおなじみです。御嶽山という駅名も、御嶽山神社から命名したもの。では、その「御嶽山」というのはどこからきているかといえば、長野県と岐阜県の県境に位置する「木曽の御嶽山」です。