What's New

赤坂晃(元光GENJI)被告の覚せい剤取締法違反(所持)事件判決公判は懲役1年6月、執行猶予3年、抽選となり傍聴ならず

2007年11月21日は仕事として依頼され、覚せい剤取締法違反(所持)に問われた赤坂晃(元光GENJI)の判決公判の傍聴に東京地裁(佐々木直人裁判官)まで行きました。しかし、大変な競争率で抽選となり、くじ運がいいとは思えない私は案の定外れました。
What's New

田中真紀子前外相長女の記事で東京地裁が『週刊文春』に出版差し止め仮処分騒動。報道とプライバシーの侵害の衝突を考えた

田中真紀子前外相長女の記事で『週刊文春』に出版差し止め仮処分騒動です。東京地裁(鬼沢友直裁判官)は2004年3月16日、17日に発売予定の『週刊文春(3月25日号)』の出版を禁止する仮処分命令を出しました。社会的な反響は当然大きくなっています。
インタビュー

高橋英樹さんがもっとも影響を受けた俳優、フィルムドラマの衰退、NG集批判の真意、俳優として開眼した作品などについて

前回に引き続き“時代劇のエース”高橋英樹さんからお伺いした、私の好きな1970年代ドラマについてのお話です。もっとも影響を受けた俳優、フィルムドラマの衰退について、NG集批判の真意、俳優として開眼した作品など興味深いことなどを伺いました。
インタビュー

『国盗り物語』『ぶらり信兵衛 道場破り』『桃太郎侍』など出演した“時代劇のエース”高橋英樹さんに草野直樹が伺った

高橋英樹さんは、“時代劇のエース”の異名を持つほどたくさんの役を演じましたが、そのきっかけになったのは織田信長を演じた大河ドラマ『国盗り物語』(1973年)ではなかったかと思います。私の好きな1970年代ドラマについてのお話を伺いました。
インタビュー

『青春とはなんだ』『サインはV』『大江戸捜査網』『おひかえあそばせ』などで活躍した岡田可愛さんに草野直樹が伺った

岡田可愛さん、1970年代~80年代にかけてテレビドラマや映画で活躍された、私の世代では正真正銘の青春スターです。『青春とはなんだ』など青春学園ドラマ4作皆勤。『サインはV』『大江戸捜査網』『おひかえあそばせ』など人気ドラマにも出演しました。
タイトルとURLをコピーしました