大田区のランドマーク

ランドマーク

東調布公園(大田区南雪谷)は児童交通公園のほか園内には川が流れ野球場やプールなどを併設した総合スポーツ・遊技場

東調布公園(大田区南雪谷)は緑に囲まれたスポーツと憩いの区立公園です。大田区内に5園ある交通公園のひとつでもあります。貸自転車や三輪車を走らせる児童交通公園のほか、園内には川が流れ、野球場、プールなどを併設した総合スポーツ・遊技場です。
ランドマーク

大田区総合体育館(大田区東蒲田)は国道15号線(第一京浜国道)に面した大田区が所有する区内随一の屋内スポーツ施設

大田区総合体育館(大田区東蒲田)は大田区にある屋内スポーツ施設です。大田区が所有する施設ですが、住友不動産エスフォルタ・NTTファシリティーズグループが指定管理者として運営管理を行っている、区内随一のスポットといえます。
ランドマーク

美原通り(大森本町、大森東)は旧東海道の品川宿から川崎宿の間に位置する大森海岸付近で旧東海道の面影残すスポット

美原通り(大森本町、大森東)は、旧東海道の品川宿から川崎宿の間に位置する大森付近にあたります。1918年(大正7年)の第一京浜国道建設工事で旧東海道が拡張されたときも美原通りは商店街だったため、今も美原通りは旧東海道の面影を残すスポットです。
ランドマーク

北野エースグランデュオ蒲田店(大田区西蒲田)は定価販売ながら一般のスーパーでは手に入りにくい商品を揃えています

北野エースグランデュオ蒲田店(大田区西蒲田)は、店名通り大田区のグランデュオ蒲田西館地下にあります。定価販売ながらブック陳列といわれるレトルトカレー、調味料、おつまみやスナック菓子等、一般のスーパーでは手に入りにくい商品を揃えています。
ランドマーク

入新井西児童交通公園(大田区大森北)は自転車や三輪車用トラックがあり貴婦人(C-57-66)が1日2回汽笛を鳴らし動輪

入新井西児童交通公園(大田区大森北)に行ってきました。大田区内にある5つの交通公園のひとつです。乗り物のおもちゃ、自転車や三輪車を走らせるトラックのほか、貴婦人(国鉄C57形蒸気機関車)が毎日正午と午後3時に汽笛を鳴らし車輪を動かします。
ランドマーク

大田区立尾崎士郎記念館(山王)は1954年に建てられた居宅を再現し2008年5月にオープンした馬込文士村の象徴的施設

大田区立尾崎士郎記念館(大田区山王)に行きました。1954年に建てられた居宅を再現して2008年5月にオープンしたものです。馬込文士村は、当時の文士たちの説明板や記念館などをいくつか建てていますが、当時を再現した居宅形式は見応えがあります。
ランドマーク

羽田クロノゲートは陸・海・空のスピード輸送ネットワークと付加価値機能を一体化した日本最大級の物流ターミナル

羽田クロノゲート(大田区羽田旭町)に行ってきました。「羽田」の立地を活かした陸・海・空の「スピード輸送ネットワーク」と、高度な「付加価値機能」を一体化した日本最大級の物流ターミナルとしてヤマト運輸のヤマトロジスティクスが運営しています。
イベント

蒲田映画祭(シネパラ蒲田)は松竹キネマ蒲田撮影所ゆかりの監督や俳優の資料展示、映画上映、トークショーなどの催し

蒲田映画祭(シネパラ蒲田)という催しが今年も行われています。松竹キネマ蒲田撮影所ゆかりの監督や俳優のパネル・資料展示、映画上映、トークショーなど、松竹蒲田大田観光協会主催、大田区共催、東京急行株式会社等が後援して町をあげての催しです。
ランドマーク

ARTFACTORY城南島、大田区東京湾沿い埋立地に作られたアート施設

ARTFACTORY城南島をご存知ですか。大田区の東端、東京湾沿いの埋立て地に作られたアート施設です。芸術家の作品発表や交流、ワークショップなどの企画開催など、アートの発信源として、また社会貢献・文化振興活動に取り組んだりしています。
ランドマーク

新空港線(蒲蒲線)は実現するのか、大蒲田祭2017ほか

新空港線(蒲蒲線)が話題になっています。8月4日~6日にかけて、JR蒲田駅東口で恒例の大蒲田祭2017(蒲田東口例大祭、東京都大田区)が行われましたが、その中の催しの一つとして、新空港線(蒲蒲線)プロジェクトの紹介ブースが登場しました。
タイトルとURLをコピーしました