横浜くりこ庵京急蒲田駅店で『京急電車たい焼き』2100形



スポンサーリンク↓

横浜くりこ庵京急蒲田駅店で『京急電車たい焼き』2100形
京急線の京急蒲田駅は新装なり、様々な店舗が入っていますが、その中でも注目されているのは横浜くりこ庵の『京急電車たい焼き』(横浜くりこ庵 京急蒲田店)です。あんこもさることながら、生地の厚いたい焼きとして定評があります。

京急蒲田駅は、東海道線と京浜地区を並走する大手私鉄・京急線本線の駅で、羽田空港にアクセスする空港線の始発駅でもあります。

京急蒲田駅

2012年に、3階建ての高架駅が完成して町並みもガラッと変わりました。

3階建ての高架駅

京急蒲田駅西口は、こきたない、もとい大衆的なお店が、いっせいに地上げされ、いやいや、立ち退き、よその駅並みに、きれいに整備されてしまいました。

京急蒲田(以前は京浜蒲田といいました)といえば、大田区の新しい中心部として再開発が今も進んでいます。3年前には&
あすと(京急蒲田駅前西口商店街=京浜蒲田商店街協同組合)といえば、地元の人には「のんべ横丁」ともいわれた商店街&

高架化された駅の1階は、『ウィングキッチン京急蒲田』という駅ビルとして、飲食店などたくさんのお店が入っています。

ウィングキッチン京急蒲田

その中に入っている横浜くりこ庵は、東京、埼玉、神奈川に31店舗出店している鯛焼き店。

横浜くりこ庵

横浜くりこ庵

ただし、『京急電車たい焼き』は京急蒲田店限定です。

京急電車たい焼き

横浜くりこ庵のたい焼き自体、大変魅力のある作り方です。

とにかく分厚い。

分厚い

たい焼きの厚みは、大人の指の第二関節ほどのカサがあります。

そして、何より生地が厚い。

生地が厚い

中は、あんこがかたまりで入っています。

普通のタイヤキは、平べったく、ときには尻尾までならしています。

あんこは、砂糖が少なめ。

甘いものが苦手な人でもイケるでしょう。

本体価格174円。

これは、通常のメニューにない、限定商品である紫いもあんたい焼き。

紫いもあんたい焼き

形状は普通のタイヤキですが、

尻尾の部分からチラッと紫色のあんこがのぞいています。

こちらは、本体価格143円です。

どうして京急蒲田駅限定なのか。

京急蒲田駅

京急蒲田駅は、羽田空港からの電車(羽田空港線)も合流。

その空港線は、京成、都営地下鉄など、5社の路線が直通で乗り入れている、京急線内随一のハブステーションだからでしょう。

京急蒲田駅にこられた方は、1度寄られてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク↓

京急蒲田の町並み

上に書いたように、京急蒲田駅西口は、『』という商店街です。

あすと

国道1号線を隔てて、東口商店会もあります。

ただ、こちらは、有線放送もかかってのどかです。

東口商店街には、高橋らんちゅう養殖園、スーパー銭湯タイプの天神湯などがあることはご紹介しました。

高橋らんちゅう養殖園

高橋らんちゅう養殖園

スーパー銭湯タイプの天神湯

京急蒲田商店街を南下し、環状八号線を超えると日の出銀座があり、あげぱんのブーランジェリーミモレット(南蒲田)があります。

ブーランジェリーミモレット、という大田区南蒲田のパン屋さんに行きました。ここは大田区発祥といわれる『蒲田あげぱ&

住居表示は、「南蒲田」で、いうなれば、蒲田の「アラウンド」になりますが、静かな住宅街です。
ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK) -
ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK) –