グランデュオ蒲田(大田区)の御座候は館内随一の人気和菓子店



スポンサーリンク↓

グランデュオ蒲田(大田区)の御座候は館内随一の人気和菓子店
グランデュオ蒲田といえばJR蒲田駅の駅ビルです。その西館1階に、御座候という和菓子店があります。地方によって様々な呼び方がありますが、小麦粉で作った皮と北海道産小豆によるつぶあんは和菓子の王道。その他、あんこやよもぎなども販売しています。

グランデュオというブランドのデパートは、1997年に、JR東日本、阪急百貨店、ルミネの3社出資により設立された、ジェイアール東日本商業開発株式会社が運営しています。

英語で「素敵な」という意味のGRANDと、ドイツ語の「二重奏」という意味のDUOの造語で、顧客と社員、駅ビルと百貨店の複合業態、地域と店の共存共栄という3つの意味がこめられているそうです。

ただ、「蒲田駅ビル」としての歴史はもっと古く、1961年に蒲田振興株式会社が設立され、『蒲田駅ビル・パリオ』が、当時の国鉄蒲田駅東口にできました。

今から55年も前の話です。

1970年には西口に『サンカマタ』ができて、東口と西口に駅ビルができました。

その後、19997年に、ジェイアール東日本商業開発株式会社が、蒲田振興株式会社改め蒲田ステーションビル株式会社を吸収合併。

パリオ・サンカマタが閉店し、2008年からグランデュオ蒲田として生まれ変わり今日に至るわけです。

その間、館内のテナントもだいぶかわりましたが、現在、西館1階で繁盛しているお店が、御座候というお店です。

御座候

御座候(ござそうろう)というのは、姫路に本社がある、あんこ(つぶあん、こしあん)や、主にあんこを使った和菓子の製販一体の会社です。

同店で販売しているのも、店名と同じ『御座候』。

御座候

その場で焼いて売っています。

具体的には、北海道十勝産の「赤あん」と「白あん」の入った御座候(商品名)を売っています。

御座候

ところで、御座候(商品名)と書きましたが、具体的にどんなものかというと、これが地方によって呼び方がかわります。

今川焼き、大判焼き、回転焼き、二重焼き、黄金焼き、じまん焼き……。

原材料や作り方は同じですが、それぞれ独特の意味や普及の背景があるのかもしれません。

wikiには、こう書かれています。

今川焼き(いまがわやき)は、焼き菓子のひとつ。後述する語源から明らかなとおり、元来は東京周辺での呼称であり、全国的には大判焼き(おおばんやき)と呼ぶ地域が多い。地域によっては二重焼き・太閤焼き・甘太郎焼・義士焼き・小判焼き・回転焼き・回転饅頭・太鼓焼き・きんつば・太鼓饅頭・夫婦まんじゅう(フーマン)・おやき(長野県のおやきとは異なる)などとも呼ばれる。

ちなみに、私は小さい頃は“東京の方言”で「今川焼き」で、最近になって標準語(?)の「大判焼き」と呼ぶようになりました。

これが「赤あん」です。あんこがめいっぱいつまっています。

赤あん

そして、これが「白あん」です。

白あん

御座候は、館内のお店の中では大変繁盛しているお店で、行くといつも客が列をなしています。

やはり1つ85円(税込み)という値付けもいいのでしょうね。

ほかには、あんこ単体(缶詰)や、よもぎの団子なども販売しています。

なお、グランデュオ蒲田は、店内のポイントカード(グランデュオカード)を廃止して、新たにJR東日本共通ポイントの『JRE POINT』を採用しています。

そして、グランデュオ蒲田のお店は基本的に、Suicaによる支払いが可能です。

もちろん、御座候の『御座候』も、Suicaで購入できます。



スポンサーリンク↓

JR蒲田駅は名店の数々

JR蒲田駅界隈のお店は、もうたくさんありすぎて、選別してご紹介するのも大変なので、これまでご紹介した記事について、順に振り返っていきたいと思います。

ラーメンチェーン店人気3位のお店として、『餃子の王将』をご紹介しました。

『餃子の王将』といえば、一部の空白県をのぞいてほぼ全国展開しているラーメンチェーン店です。大田区では、蒲田東口&

同店は、JR蒲田駅東口の京急バスのりば通りに面しています。

やよい軒蒲田店の、コスパ抜群の肉野菜炒め定食は圧巻でしたね。

やよい軒という全国規模の定食店があります。大田区では、JR蒲田駅東口の、さかさ川通り(大田区蒲田5丁目21番~&

お弁当作りのノウハウが生きています。

和鉄の、濃厚でもさっぱり味の中華そばは忘れられません。

関東地区を中心に進出しているラーメンチェーン店、和鉄が大田区にもやってきました。『和鉄 蒲田本店』といいます。&

ダブルスープで濃厚ながらもさっぱり味の中華そば、ミニチャーシュー丼無料サービスが好評です。

濃厚武蔵つけ麺1キロとダブルスープらー麺の、麺屋武蔵蒲田店も甲乙つけがたい。

麺屋武蔵蒲田店(2013年8月に開店)に行ってきました。1998年の新宿店開店以来、首都圏西部で11店舗運営さ&

つけ麺は、特盛りが最大で1キロ(茹で上がり2キロ)のデカ盛りを提供しています。

そして、東口駅前ロータリーのすぐ近くには、薄皮餃子専門渋谷餃子蒲田店があります。

渋谷餃子といえば、渋谷の餃子です。それが大田区蒲田に進出してきました。いささか古い話なのですが、2017年1月&

渋谷餃子は名前通り、渋谷のセンター街の奥にある、餃子もニラ・にんにく入りと、両方無しを選べる完璧選択肢の焼餃子がご自慢メニューの店です。

JR蒲田駅西口をでて、駅前のサンライズ商店街を出たところには、麺処直久蒲田店があります。

麺処直久蒲田店が、JR蒲田駅西口商店街(サンライズカマタ)の通りを出てすぐのところにあります。大田区では初めて&

昔ながらの鶏ガララーメンが魅力です。

こうした名店の数々のひとつに数えられるのが、御座候なのです。
ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK) -
ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK) –