玄海鮨池上店(大田区池上)は昨今当たり前の回転寿司ではなく正統派の江戸前寿司でランチ・宴会・おひとりさまOKの店

スポンサーリンク↓

玄海鮨池上店(大田区池上)は昨今当たり前の回転寿司ではなく正統派の江戸前寿司でランチ・宴会・おひとりさまOKの店

玄海鮨池上店(大田区池上)は昨今当たり前の回転寿司ではなく正統派の江戸前寿司でランチ・宴会・おひとりさまOKの店です。ランチ時にお伺いしたので、ランチのにぎりをいただきました。こぶりのシャリがネタとバランスよくよく握られた質の良い寿司です。

ランチにぎり(850円)

玄海鮨池上店のランチにぎりです。

玄海鮨池上店のランチにぎり

メインのにぎりり皿、みそ汁、サラダの3点セットです。

サラダ

まず最初に、お通しのようにサラダが届きます。

サラダ

かいわれ、レタス、キャベツ、ドレッシングは他にもありますが、玄海鮨池上店のオリジナルは、とびこがのっていること。

とびこ(飛子・飛び子)というは、トビウオ(飛魚)の卵の塩漬けです。

皮が硬く、粒がプチプチした食感を楽しめるアクセントです。

にぎり

続いて、メインの握りが届きました。

玄海鮨池上店のにぎり

ギョクも含めて6巻と、巻き物が1本分です。

まずはまぐろから。

まぐろ

シャリの量は江戸前寿司なのでお上品に。

イカはくにくにとした食感のスルメイカですね。

スルメイカ

白身はスズキではなくヒラメだと思います。

ヒラメ

甘エビはとろっとした口当たりでもしっかり食べごたえのあるいいネタです。

甘エビ

ギョクはきれいな黄色です

ギョク

巻き物は鉄火巻きとかっぱ巻きです。

玄海鮨池上店の鉄火巻

どちらも鮮度が良かったと思います。

玄海鮨池上店のかっぱ巻き

みそ汁

蟹の爪の外側が入ってました。

蟹の爪の外側が入っていた玄海鮨池上店のみそ汁

味噌はやや辛口です。

握ってくれた板前さんは、この道10年の28歳。

回転寿司の握りは、ご飯の塊にぽんとネタをのせた感じですが、やはり1カン、1カンの出来が比べるまでもないほどいいですね。

素人の私でも、質が高いとわかります。

近頃のお子さんが、寿司というと回るものと思っているという話は、笑い話でもなく当たり前になってしまいましたが、たまにはこうした本格江戸前にぎりを経験させたいですね。

玄海鮨池上店概要

アクセス

玄海鮨池上店のアクセスは、東急池上線池上駅の南側に下車。

池上駅前商店街とは反対側の道です。

玄海鮨池上店

飲食店が数店並ぶ中のひとつです。

『活魚料理玄海鮨』という伝統的な江戸前寿司の暖簾がかかっています。

メニューのウインドウには、面白い賞状が飾られています。

三宅裕司のどよ~ん

推薦状

スポンサーリンク↓

玄海鮨殿

貴殿の日々精進された職人の腕から作り出されるお寿司はネタよく 味よく 気前よく 日本の庶民が安心して食べられ かつ 誠 日本の食文化を潤すお寿司であることをここに推薦いたします。

平成三年七月二十日
ニッポン放送三宅裕司のどよ~ん
てやんでぇ寿司屋が大将推薦委員会
委員長 三宅裕司

三宅裕司のどよ~ん! という、かつてあったラジオ番組がとりあげたんでしょうね。

ということで、ランチのにぎりを注文したわけです。

メニュー

その左側にメニューが記載されています。(2019年5月25日現在の税込み)

ランチメニュー

ランチメニューは、ランチにぎり1人前850円、ランチにぎり1.5人前950円、ランチちらし900円です。

すべて、みそ汁、サラダ付きです。

通常の一人前メニューは、大トロ寿司3000円、中トロ寿司2100円、まぐろ寿司(赤身)1600円、てっか丼1600円、てっか巻1500円、極上ちらし3000円、特上ちらし1600円、上ちらし1300円、並ちらし900円、極上すし3000円、特上すし1600円、上すし1300円、並すし900円、いくら丼2500円、うに丼2500円、あなご丼1600円、ネギトロ巻(中おち)1650円、大トロ巻2000円、特大太巻4000円、のり玉750円、太巻700円、らめ巻500円、かっぱ巻500円、しんこ巻500円、のり巻500円などとなっています。

玄海鮨池上店通常の一人前メニュー

もちろん、それは1人前のメニューで、刺し身やお好みネタはさらにバリエーションが広がります。

しめサバさしみ、ヤリイカさしみ、生タコさしみ800円、カンパチ、カツオさしみ1000円、ヒラメさしみ1200円、赤貝800円、アジ・イワシさしみ、コハダつまみ700円、ボタンエビ(1本)600円、筋子つまみ600円、穴子つまみ1300円、ホタルイカつまみ700円、天然タイさしみ1200円、活カワハギさしみ2000円。

生ホッケしょうゆバター焼き800円、はまぐり焼き(2ケ)1000円、鮭ハラス焼き600円、鯨ベーコン1500円、キンキ塩焼き煮付け3000円、マコカレイ塩焼き煮付け1300円、活車エビ(1本)おどり塩焼き900円、アワビさしみ2500円、サザエさしみ・塩焼き1500円、銀ダラ西京焼き・煮付け900円、明太子つまみ、カニみそ600円、子持ちこんぶつまみ1000円、サーモンさしみ1000円、みる貝さしみ1200円、生ホタルイカつまみ900円、しまあじさしみ1200円、岩カキ(1ケ)ポン酢800円などとなっています。

他にも、焼き鳥、一品料理、珍味などが提供されています。

飲み物は、もちろん日本酒あり。特選地酒が提供されています。

姉妹店

玄海鮨は、大田区に2店舗あります。

玄海鮨の湯呑

今回の玄海鮨池上店、JR蒲田西口東急バス通り沿いにある玄海鮨蒲田西口店です。

品川区に、東急目黒線西小山駅近くの玄海鮨西小山店があります。

湯呑にでている、武蔵新田の玄海鮨新田店はGoogle検索によると閉業と記載されています。

どこに移転したのかは現時点では不明です。

それにしても、寿司屋の湯呑みは、分厚くて量が多いからか、かなり長い間熱々ですね。

玄海鮨池上店のまとめ

玄海鮨池上店(大田区池上)は“回転しない寿司”の正統派江戸前寿司店です。

東急池上線池上駅前にあります。

ランチの握りは、850円で本物のにぎりをいただくことができます。

シャリは小ぶりで、ネタとバランスよく握られています。

以上、玄海鮨池上店(大田区池上)は昨今当たり前の回転寿司ではなく正統派の江戸前寿司でランチ・宴会・おひとりさまOKの店、でした、

ウォーカームック 大田区Walker 09-10年版 61802-48 (ウォーカームック 147)
ウォーカームック 大田区Walker 09-10年版 61802-48 (ウォーカームック 147)

スポンサーリンク↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました