麺家彩華(大田区池上)は国道1号線近くにあるつけ麺とらーめんを専門に提供する自家製麺ネオクラシック系ラーメン店

スポンサーリンク↓

麺家彩華(大田区池上)は国道1号線近くにあるつけ麺とらーめんを専門に提供する自家製麺ネオクラシック系ラーメン店

麺家彩華(大田区池上)は国道1号線近くにあるつけ麺とらーめんを専門に提供する自家製麺ネオクラシック系ラーメン店です。タイマーを使わず麺の硬さをその都度確認する職人の仕事ぶり。普通、中盛、大盛すべて同一料金で店頭には人が並んでいます。

麺家彩華アクセス

麺家彩華は、東急池上線池上駅から、池上駅前商店街を端まで歩き、右折して国道1号(第二京浜国道)方面に2分歩いたところにあるラーメン、つけ麺の専門店です。

麺家彩華

東急バス通り沿いで、ほぼ隣には徳持神社があります。

席数は13席ですが、そのうち9席はカウンターです。

ランチ、夜の部とも店の外で並んでいる人がいます。

客の中には、近所にある大田区唯一の相撲部屋、尾上部屋の力士もいます。

まだ養成員(幕下以下)で食べ盛りであるものの、十分にちゃんこが食べられず、もしくは足りなくなって午後の自由時間に食べに来るのかもしれません。

麺家彩華の一押しメニュー

つけ麺(醤油)750円

麺家彩華のつけ麺(醤油)です。

麺家彩華のつけ麺(醤油)

ちなみに、量は大盛り(400g)です。

つけ麺にしてはやや細めの自家製麺です。

つけ汁は大き目の器で提供。

つけ汁は大き目の器で提供

大盛りでも使い切れないほど入っています。

煮玉子半分、分厚くとろとろのバラ肉チャーシュー、極太で長いメンマなどの具材が入っています。

分厚くとろとろのバラ肉チャーシュー

最初は、残ったつけ汁も飲んでしまおうと思いましたが、さすがにつけ麺400gはお腹に来ます。

店によっては、1kgのデカ盛りを提供するとこもありますが、通常のお腹の人なら、一番盛りがいいのが400gというのは、ちょうどいいところではないでしょうか。

黒酢らーめん

麺家彩華の黒酢らーめんです。

麺家彩華の黒酢らーめん

純白な高台型の丼は、ネオクラシック系によくあるパターンですが、それらは丼の6分目ぐらいに盛られているのに比べて、今回は大盛りなので、かなり目一杯盛られています。

ネギ、チャーシュー、味付玉子(半分)、そして目立つのはラー油です。

黒酢の酸っぱさよりも、ラー油のピリ辛さが味を締めています。

黒酢の酸っぱさよりも、ラー油のピリ辛さ

もう一口、もう一口といただきたくなります。

やはり、太く長いメンマです。

食べごたえがあります。

店によって、細くしたり長くしたりいろいろありますが、太いメンマは好みに合います。

スポンサーリンク↓

麺家彩華の特徴

ネオクラシック系ラーメン店

麺家彩華は、店のジャンルとしては、ネオクラシック系といわれる創作らーめんの店と言えます。

記憶は定かではないのですが、かなり前からある店なので、てっきり昭和の味を守る街のラーメン店かと思っていたら、後述するメニューや、実際に着丼したものをみると、明らかに新しい味と流儀です。

ラーメン店には3つのタイプがあると言われています。

ひとつは、昭和からの佇まいや味を守っている街のラーメン店。

横浜家系ラーメンやラーメン二郎、リンガーハットなど、チェーン店やフランチャイズ展開をする資本系。

そして、多くは個人の職人営業で、創作的なラーメンを提供するネオクラシック系などです。

2人オペ体制

麺家彩華は、カウンター席の向こうで男性2人体制です。

比較的年配の方と、若い体格のよい方の男性ですが、スペースが広くないので麺を茹でる寸胴が小さく、席がいっぱいになって注文が増えてくると、少し待ち時間が必要となります。

注文は食券制です。

注文は食券制

少人数のオペで回すために、スタッフは作ることに専念したいのでしょうね。

食券制も、ネオクラシック系が積極的に採用しています。

自家製麺

麺家彩華の採用している麺は自家製麺を標榜しています。

らーめんの麺は、細めで硬めのストレート麺です。

これは、ネオクラシック系のラーメン点が積極的に採用する傾向があります。

つけ麺ですが、中太ぐらいでしょうか。

といっても、らーめんのようなバリカタストレートではなく、つけ麺にしては、という意味です。

つけ麺の麺の太さは、三田製麺所蒲田東口店でご紹介したように、番手という等分に切り出される麺の本数が少ないほど太くなります。

多くは12番~16番といわれ、14番ぐらいでしょうか。

茹で時間は、タイマーでシステマチックに決めずに、その都度麺をつまみ、指で押して硬さを確認しています。

メニュー

麺家彩華は2人オペなので、それほどメニューのバリエーションが多いわけではなく、基本的にらーめんんつけ麺です。

麺家彩華は2人オペ

らーめん類は、らーめん700円、塩らーめん700円、タンタンめん750円、黒酢らーめん750円、味噌らーめん(冬季限定)800円です。

つけ麺類は、つけ麺(醤油)750円、つけ麺(塩)750円、つけ麺(ごま)です。

サイドメニューは、チャーシュー飯300円、ライス100円となっています。

らーめん、つけ麺とも、大盛・中盛への増量は無料です。

らーめんは、普通150g、中盛200g、大盛250gです。

つけ麺は、普通240g、中盛320g、大盛400gです。

11:00~15:00。

スープがなくなり次第終了です。

火曜日定休日です。

メニューについても、「スープがなくなり次第終了」という創作店らしい断り書きと、かつ今風の「大盛り無料」となっています。

麺家彩華のまとめ

麺家彩華は、大田区池上で、つけ麺とらーめんを中心に提供しています。

自家製麺は、タイマーを使わず麺の硬さをその都度確認しています。

麺は普通、中盛、大盛すべて同一料金です。

以上、麺家彩華(大田区池上)は国道1号線近くにあるつけ麺とらーめんを専門に提供する自家製麺ネオクラシック系ラーメン店、でした。

ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK)
ぴあ蒲田大森食本 (ぴあMOOK)

スポンサーリンク↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました