健康中華庵青樺(大田区矢口)は中国江南料理の高級中華料理メニューや焼きそば、湯麺、炒飯、お粥などランチメニュー提供

健康中華庵青樺(大田区矢口)は中国江南料理の高級中華料理メニューや焼きそば、湯麺、炒飯、お粥などランチメニュー提供

健康中華庵 青樺(大田区矢口)でランチを頂きました。青樺(せいか)は中国江南料理を標榜してランチやテイクアウトも提供しています。高級中華料理のレギュラーメニューのほか、ランチメニューは焼きそば、湯麺、炒飯、お粥メニューを揃えています。

健康中華庵 青樺へのアクセス

健康中華庵 青樺(大田区矢口)は、東急多摩川線武蔵新田駅の多摩川方面ホームから改札を出て真ん前にあります。

健康中華庵 青樺(大田区矢口)

まあ、たぶん迷う人はいないでしょう。

海老湯麺(870円)

海老湯麺(870円)

海老湯麺(870円)は、健康中華庵 青樺の湯麺ランチメニューです。

海老湯麺とデサートで構成されています。

海老というメニユー名なので海老はもちろんのこと、しいたけ、白菜、にんじん、ぶなしめじ、きくらげ、青梗菜なども入った、五目そばの装いです。

ただし、とろみはありません。

麺は中細麺。比較的盛りはいいように思いました。

スープは湯麺ですからもちろん塩味です。

とろみが苦手という人も心配ありません。

デザートは、杏仁豆腐に朱い玉が5つ。

杏仁豆腐に朱い玉が4つ

食感はイクラのような気もしますが、デザートですし、これは結局何かはわかりませんでした。

もやし塩味そばセット(920円)

もやし塩味そばセット(920円)

もやし塩味そばセット(920円)は、もやし塩味そばと半炒飯、デザートで構成されています。

透明のスープは塩ラーメンそのものです。

もやし塩味そばセット(920円)

もやし、ニラ、にんじん、バラ肉の細切りです。

こちらも麺は中細麺。やや硬めでちょうどいい茹で具合です。

炒飯は、特に中華料理を思わせる強い香辛料などは入っておらず、家庭料理でも手が届きそうなシンプルな味付けです。

炒飯

「半」よりは少し多めのように思います。

普通のラーメン屋さんで、ラーメンとチャーハンのセットを頼んだときと同じぐらいの満腹感はあります。

健康中華庵 青樺のメニュー

健康中華庵 青樺のメニューは、中国江南料理を標榜するメニューが実に多彩です。(以下、値段はこの記事執筆時点の2020年9月15日現在で税込み)

健康中華庵 青樺のメニュー

店の外からでもメニューは見ることができますが、画像入りで大きく表示しているのは、フカヒレ姿煮(3880円)、北京ダック(2800円/半羽、5600円/羽)、車海老ソース煮(3尾1180円)、サザエとセロリさっぱり炒め(980円)、茹でイカのネギ油かけ(980円)、カニ味噌とレタス炒め(980円)、揚げトマト(580円)、カニ入りお粥(880円)などです。

特選セットは、フカヒレあんかけ炒飯(1380円)、フカヒレあんかけスープ麺(1380円)、海鮮湯麺(1300円)、特製ジャージャン麺(970円)など。いずれもデザートの小鉢付きです。

定番定食は、ごはんとスープのおかわりが自由です。そして、デザートの小鉢付きです。

蒸し鶏とネギ油かけ(750円)、チンジャオロース(770円)、黒酢酢豚(800円)、陳麻豆腐(820円)、よだれ鶏(850円)、大海老チリソース(1000円)、レバニラの黒胡椒炒め(770円)、牛肉とキノコ黒胡麻炒め(1000円)などとなっています。

ランチメニューは、週替わり定食が、さっぱり海老ワンタンスープ麺(850円)、鶏肉のマヨネーズ定食(720円)、牛肉と玉子炒め定食(770円)、半上海風焼そば+半生姜焼肉丼(870円)、特売カニ肉、海老と豆腐煮込み(1080円⇒820円)となっています。

焼きそばランチは、上海焼きそば(800円)、四川焼きそば(820円)、海老あんかけ焼きそば(870円)、海老あんかけかた焼きそば(900円)、五目あんかけ焼きそば(820円)、五目あんかけかた焼きそば(850円)、牛肉あんかけ焼きそば(870円)、牛肉あんかけかた焼きそば(900円)です。

土鍋ごはんランチは、麻婆あんかけ土鍋ご飯(820円)、五目あんかけ中華丼(820円)、豚バラ肉土鍋ご飯(870円)、玉子、海老チリソース丼(870円)です。

お粥ランチは、キノコと豚肉お粥(830円)、海鮮お粥(870円)、ピータンと豚肉お粥(800円)です。

炒飯ランチは、牛肉とレタス炒飯(870円)、ぶりぶり海老の葱塩炒飯(850円)、豚バラ炒飯(870円)です。

湯麺ランチは、もやし塩味そば(770円)、海老湯麺(870円)、ゴマ担々麺(820円)、五目湯麺(820円)、四川風とろみそば(870円)、蒸し豚肉そば(800円)、チャーシュー麺(770円)です。

湯麺セットは、半炒飯つきのセットメニユーです。もやし塩味そばセット(920円)、ゴマ担々麺セット(970円)、五目湯麺セット(970円)、チャーシュー麺セット(920円)などです。

午前11時~午後3時のランチメニューは、麺・ご飯大盛りプラスで110円、焼きそば・土鍋ごはん・炒飯すべてスープ・デザート付き、タンメンはデザート付き、お粥はデザート、小鉢付きとなっています。

さらに、サイドメニューとして、手作り焼き餃子(5コ380円)、豚肉シュウマイ3コ(350円)などがあります。

各種会合も受付

武蔵新田駅界隈は、ラーメン日本一、虎、麺喰屋Senmi、名物よだれ鶏と濃厚鶏白湯麺 MATSURIKA、らあめん花月嵐武蔵新田店、らーめん八快などがある、かなりのラーメン激戦区です。

中華麺舗虎(大田区矢口)は昭和の佇まいとドラマ舞台の登場回数の多さで地元民だけでなくロケ地探訪者も訪れる有名店
中華麺舗虎(東京都大田区矢口)といえば、最近ではめずらしい昭和の佇まいと、ドラマ舞台の登場回数の多さでおなじみであるところから、もう地元大田区の人だけでなく、ロケ地探訪者にとっても超有名店です。常連客も多い同店をご紹介します。
麺喰屋Senmi(大田区矢口)は、らー麺、ごまらー麺、つけ麺、汁なし担々麺、塩ラーメンなどいずれも個性的なメニュー
麺喰屋Senmi(大田区矢口)に行ってきました。らー麺、ごまらー麺、つけ麺、汁なし担々麺、塩らー麺、味噌らー麺といずれも個性的なメニューで、さらに最近は味噌らー麺を提供している店です。東急多摩川線武蔵新田駅下車徒歩3分ほどのところにあります。
ラーメン日本一(大田区矢口)は麺類、セットメニュー、定食など揃う中華料理店で夜11時までの営業は残業帰りに有難い
ラーメン日本一(大田区矢口)に行ってきました。環八沿いにあります。ラーメン、タンメン、五目ラーメンなど麺類、ラーメンと飯類とおかずや半チャーハンなどを組み合わせたセットメニュー、豚肉生姜焼き定食などご飯ものと一通り揃った中華料理店です。
名物よだれ鶏と濃厚鶏白湯麺 MATSURIKA(大田区矢口)はよだれ鶏や濃厚鶏白湯麺など“ひと時の「口福」をお届けできる”店
名物よだれ鶏と濃厚鶏白湯麺 MATSURIKA(大田区矢口)は漢字で表記すると茉莉花鶏湯麺の店です。店主は広尾の中華香彩JASMINE出身で4月21日に武蔵新田にOPEN。名物よだれ鶏と濃厚鶏白湯麺の店として、“ひと時の「口福」をお届けできるラーメン店”です。
らあめん花月嵐武蔵新田店(大田区千鳥)は特に厳選されたげんこつを使用した嵐げんこつらあめんを中心に多彩なメニュー
らあめん花月嵐武蔵新田店(大田区千鳥)は特に厳選されたげんこつを使用した嵐げんこつらあめんを中心に多彩なメニューを提供。らあめん花月嵐は全国に200店舗以上のフランチャイズ店を展開中。毎月の新作ラーメン・新商品で新鮮味をもたせています。
らーめん八快(大田区矢口)は東京ラーメン、とんこつラーメン、燕三条ラーメンを足して3で割ったようなオリジナル味
らーめん 八快(大田区矢口)は、東急多摩川線武蔵新田駅近くにあるあっさり豚骨味のラーメン店です。にんにくこってりラーメン、チーズラーメン、辛口ラーメンなどのオリジナルメニューも提供。炒飯、ギョーザのテイクアウトを受け付けています。

その中で、健康中華庵 青樺は、中国江南料理の本格中華料理を標榜しています。

月~金曜日は11:00~15:00、17:00~23:00

土・日・祭日は11:00~23:00(ラストオーダー22:30)となっています。

忘年会・新年会・各種会合・歓送迎会などの予約も受け付けています。

円卓完全個室で、最大80名の部屋も。

もっとも、この記事を更新した2020年9月15日現在はコロナ禍のさなかなので、詳細はお店に問い合わせてください。

以上、健康中華庵青樺(大田区矢口)は中国江南料理の高級中華料理メニューや焼きそば、湯麺、炒飯、お粥などランチメニュー提供、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました