喜多方ラーメン坂内大森店(大田区山王)は柔らかいチャーシュー、ちぢれ麺、あっさりスープで懐かしい昭和のラーメン

スポンサーリンク↓

喜多方ラーメン坂内大森店(大田区山王)は柔らかいチャーシュー、ちぢれ麺、あっさりスープなど懐かしい昭和のラーメン

喜多方ラーメン坂内大森店(大田区山王)に行ってきました。JR京浜東北線大森駅西口を下車徒歩1分のところにあります。おなじみの建物で、柔らかいチャーシュー、歯ごたえのよい麺、あっさりしたスープ。懐かしい昭和のラーメンを味わえます。

喜多方ラーメン坂内大森店で“本場の味”を味わう

喜多方ラーメン坂内大森店の道順

喜多方ラーメン坂内大森店は、JR京浜東北線大森駅西口を下車してすぐのところです。

ちなみに、大森駅は大田区の最北端にあります。

喜多方ラーメン坂内

出口の斜め向かいに建物が見えます。

個性的なおなじみの建物なので、すぐにわかります。

ただし、そこが入口ではなく、その向かって左側に入口があります。

喜多方ラーメン坂内

この日はキャンペーン中でしたので、ちょっと並びました。

喜多方ラーメン坂内大森店のメニュー

喜多方ラーメン坂内大森店のメニューは、基本となるのがもちろん喜多方ラーメン(650円)です。

これにトッピングが乗ったメニューとして、焼豚ラーメン(940円)、ねぎラーメン(730円)、ねぎ焼豚ラーメン(990円)、和風冷やしラーメン(700円)、中華風冷やしラーメン(760円)。

そして、ライス(160円)、餃子(5個で360円)、麺大盛り(150円増し)

セット・ご飯メニューは、餃子(5個)・半ラーメン・ご飯・漬物の餃子セット(770円)、ラーメン・炙り焼豚ご飯・味玉の炙り焼豚ご飯セット(890円)、ラーメン・半チャーハン・味玉の半チャーハンセット(950円)、おこさまラーメン・おこさまデザート・ジュース・おもちゃ付きのお子様ラーメンセット(510円)、炙り焼豚ご飯(260円)、チャーハン(600円)、半チャーハン(320円)などです。

その他、単品として、メンマ皿(220円)、焼豚皿(370円)、ねぎ皿(220円)も用意されています。

ライスは160円ですが、ランチ時は希望すれば半ライスが無料でつきます。

喜多方ラーメン(650円)

ということで、喜多方ラーメンをいただきました。

喜多方ラーメン

ランチ時なので、ご飯もつけさせていただきました。

実は、このときはキャンペーンだったので、同じものが390円でいただけたのですが、普段は現時点で650円です。

麺は手打ちちぢれ麺です。

そして、豚骨ベースではありますが、澄んだ醤油スープです。

喜多方ラーメン

「各店舗で毎日仕込む手作りチャーシュー」(公式サイトより)が5枚というのが、喜多方ラーメンのポイントですね。

喜多方ラーメンのチャーシュー

そもそも喜多方ラーメンとは何ぞや

喜多方ラーメンというのは、札幌ラーメンや博多ラーメンのように、地域性と特定の体裁があるラーメンのジャンルです。

喜多方といえば福島県喜多方市。

福島県の中では最西端の市です。

スポンサーリンク↓

喜多方ラーメンは、喜多方市発祥のご当地ラーメンです。

喜多方ラーメンは、大正末期から昭和初期の頃、中国から渡ってきた一青年がチャルメラを吹き、屋台を引いて売り歩いていたラーメンが始まりだそうです。

喜多方市内に約120軒ほどあるラーメン店が、集まり作った団体『喜多方老麺会』の公式サイトにそう説明されています。

喜多方ラーメンとは - 蔵のまち喜多方老麺会 -
日本最大級のラーメン店舗団体 蔵のまち喜多方老麺会のホームページです。

ラーメンの重要な要素に麺がありますが、喜多方ラーメンの麺は、約4mmの太麺です。

平打ち熟成多加水麺と呼ばれる、一般的な麺よりも水分を多く含んでいます。

その水がポイントなのです。

喜多方には、万年雪の飯豊山から、地下水・水道水がもたらされており、「平成の名水百選」に選ばれている栂峰渓流水(つがみねけいりゅうすい)を多く含む美味しい水です。

喜多方ラーメンは、その水を麺作りに使用するといいます。

実は、喜多方ラーメンの性格な定義は、この麺だけです。

スープについては、喜多方ラーメン坂内は薄い醤油味ですが、ご当地は店によって色合いや風味は千差万別で、塩味、醤油味、その中間の味と様々あり、どれも「喜多方ラーメン」といいます。

そして、喜多方ラーメン坂内は、福島県喜多方市の老舗繁盛店『坂内食堂』の味を受け継いでいることを標榜しています。

本場の地の老舗の味による、“本場の味”を標榜しています。

ちなみに、喜多方ラーメンには『小法師』という看板もありますが、坂内も小法師も提供している商品は同じサービスです。

大森駅界隈のスポット

JR京浜東北線大森駅西口には、やはり駅から歩いて間もなく、喜多方ラーメン坂内大森店のすぐそばであるJR大森駅前バス通りの『森05』停留所前に東京煮干中華そば三三七大森があります。

東京煮干中華そば三三七大森(さんさんなな、大田区山王)濃厚ダブルスープにもかかわらず洗練されたマイルドな味わい
東京煮干中華そば三三七大森(さんさんなな、大田区山王)という人気のつけ麺店が、JR大森駅前バス通りの『森05』…

動物&魚介を使ったドロっと濃い味のダブルスープで、食べ物レビューサイトでも大森の名物店として紹介されます。

駅を出るとすぐにバス通りになりますが、そこを超えると、大田区切手のスポットである馬込文士村の入口があります。

馬込文士村(大田区山王など)は室生犀星の説明板があり読むと大岩雄二郎(ゆうひが丘の総理大臣)との接点を感じます
馬込文士村といえば、日本の近代文学を支えた作家や詩人や芸術家などが、大正末期から昭和初期に移り住み、互いの家を…

馬込文士村には、その名をつけた馬込文士村商店街もありますが、その中には和菓子店の御菓子司わたなべがあります。

馬込三寸にんじんまんじゅう、馬込文士村商店会御菓子司わたなべ
 馬込三寸にんじんまんじゅう。馬込文士村商店街の御菓子司わたなべで売っています。大田区馬込の特産品を使ったご当…

馬込三寸にんじんまんじゅうという、ご当地商品が有名です。

馬込文士村の行き帰りに、喜多方ラーメン坂内大森店に寄って、喜多方ラーメンをすするのもいいかもしれません。

以上、喜多方ラーメン坂内大森店(大田区山王)は柔らかいチャーシュー、ちぢれ麺、あっさりスープなど懐かしい昭和のラーメン、でした。

食べ歩き 喜多方らーめん (こおりやま情報グルメBOOK)
食べ歩き 喜多方らーめん (こおりやま情報グルメBOOK)

スポンサーリンク↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました