ランドマーク

ランドマーク

聖跡蒲田梅屋敷公園(大田区蒲田)は江戸(文政)時代に近郷から数百本の梅の銘木を集めて造られた庭園で東海道の名物

聖跡蒲田梅屋敷公園(大田区蒲田)は京急線京急蒲田と梅屋敷の間に国道15号線に面した公園としてあります。梅屋敷という文字通り、江戸(文政)時代に富豪の薬屋・山本久三郎が近郷から数百本の梅の銘木を集めて造られた庭園で東海道の名物だったそうです。
ランドマーク

池上梅園(大田区池上)は約8800平方メートルに30種約370本の紅白梅や多様な植木がありますが2019年梅の開花状況は?

池上梅園(大田区池上)といえば、梅のメッカ大田区の中でもさらに“梅の拠点”です。約8800平方メートルに、園内には30種、約370本の紅白の梅の他、ツツジ・サクラ・モモ等の植木が植えてあります。2019年梅の見頃や開花状況、アクセスなども見ていきます。
ランドマーク

森ヶ崎交通公園(大田区大森南)は大田区でもっとも新しい交通公園で公園内のコースで補助付きからの練習に最適な公園

森ヶ崎交通公園(大田区大森南)は大田区でもっとも新しい5つある交通公園のうちのひとつです。自転車は補助輪あり、補助輪なし、ペダルなし、補助輪なしの3タイプが無料で貸し出されます。公園内のコースで補助付きからの練習に適した公園です。
ランドマーク

羽田の渡し(大田区羽田)は多摩川渡し跡の石碑であり羽田がもともとは漁業の町であることが分かる多摩川八景のひとつ

羽田の渡し(大田区羽田)の石碑は、多摩川渡し跡です。羽田といえば東京国際空港(羽田空港)のお膝元というイメージが強いかもしれませんが、もともとは漁業と工場の町であり、山梨県から138キロ続く多摩川のスポット多摩川八景のひとつです。
ランドマーク

東調布公園(大田区南雪谷)は児童交通公園のほか園内には川が流れ野球場やプールなどを併設した総合スポーツ・遊技場

東調布公園(大田区南雪谷)は緑に囲まれたスポーツと憩いの区立公園です。大田区内に5園ある交通公園のひとつでもあります。貸自転車や三輪車を走らせる児童交通公園のほか、園内には川が流れ、野球場、プールなどを併設した総合スポーツ・遊技場です。
ランドマーク

大田区総合体育館(大田区東蒲田)は国道15号線(第一京浜国道)に面した大田区が所有する区内随一の屋内スポーツ施設

大田区総合体育館(大田区東蒲田)は大田区にある屋内スポーツ施設です。大田区が所有する施設ですが、住友不動産エスフォルタ・NTTファシリティーズグループが指定管理者として運営管理を行っている、区内随一のスポットといえます。
ランドマーク

美原通り(大森本町、大森東)は旧東海道の品川宿から川崎宿の間に位置する大森海岸付近で旧東海道の面影残すスポット

美原通り(大森本町、大森東)は、旧東海道の品川宿から川崎宿の間に位置する大森付近にあたります。1918年(大正7年)の第一京浜国道建設工事で旧東海道が拡張されたときも美原通りは商店街だったため、今も美原通りは旧東海道の面影を残すスポットです。
ランドマーク

北野エースグランデュオ蒲田店(大田区西蒲田)は定価販売ながら一般のスーパーでは手に入りにくい商品を揃えています

北野エースグランデュオ蒲田店(大田区西蒲田)は、店名通り大田区のグランデュオ蒲田西館地下にあります。定価販売ながらブック陳列といわれるレトルトカレー、調味料、おつまみやスナック菓子等、一般のスーパーでは手に入りにくい商品を揃えています。
ランドマーク

入新井西児童交通公園(大田区大森北)は自転車や三輪車用トラックがあり貴婦人(C-57-66)が1日2回汽笛を鳴らし動輪

入新井西児童交通公園(大田区大森北)に行ってきました。大田区内にある5つの交通公園のひとつです。乗り物のおもちゃ、自転車や三輪車を走らせるトラックのほか、貴婦人(国鉄C57形蒸気機関車)が毎日正午と午後3時に汽笛を鳴らし車輪を動かします。
ランドマーク

大田区立尾崎士郎記念館(山王)は1954年に建てられた居宅を再現し2008年5月にオープンした馬込文士村の象徴的施設

大田区立尾崎士郎記念館(大田区山王)に行きました。1954年に建てられた居宅を再現して2008年5月にオープンしたものです。馬込文士村は、当時の文士たちの説明板や記念館などをいくつか建てていますが、当時を再現した居宅形式は見応えがあります。