茹でたてまる美そばうどん(大田区多摩川)は、立ち食い並みの価格ですが自家製の麺とつゆと天ぷらを提供するメニュー豊富な店

茹でたてまる美そばうどん(大田区多摩川)は、立ち食い並みの価格ですが自家製の麺とつゆと天ぷらを提供するメニュー豊富な店

茹でたてまる美そばうどん(大田区多摩川)は、立ち食い並みの価格ですが自家製の麺とつゆと天ぷらを提供するメニュー豊富な店です。550円で、そば(うどん)とごはんとおかずと小鉢を提供する定食、多彩なトッピングなどバリエーションも豊かです。

アクセス

茹でたてまる美そばうどんは、東急多摩川線矢口渡駅下車、環八外回り沿いを徒歩3分のところにあります。

茹でたてまる美そばうどん

東急バス(蒲12)多摩川一丁目下車、やはり環八外回り沿いを徒歩5分です。

というと、いつぞや読んだことがある説明、と思われるかもしれませんが、その隣のラーメンビッグを前々回ご紹介したばかりです。

ラーメンビッグ(大田区多摩川)は環八沿いで有名な創業43年目のラーメン店。武蔵新田から矢口渡に移転して2年目になります
ラーメンビッグ(大田区多摩川)は環八沿いで有名な創業43年目のラーメン店。武蔵新田から矢口渡に移転して2年目になります。ラーメン、ワカメラーメン、チャーシューメン、ツケメンの4種類が、それぞれ並、中、大のバリエーションで提供されています。

ラーメンビッグよりも、国道1号線(第二京浜国道)寄りの隣りになります。

茄でたて○美 まるび そばうどん

左隣が不動産店、その左隣に見える「ラーメン」の看板がラーメンビッグです

茄でたて○美 まるび そばうどん
自家製麺

という看板です。

まるびは、黄緑色で、マルの中に美と書いたロゴが描かれています。


2月16日にオープンしたばかりです。

店内

店に入ると、右側に食券販売機、左側にアルコール消毒がありました。

食券を購入して、カウンターで注文。

その際、そばかうどんかを指定します。

席は、厨房を囲むようにL字型のカウンターが10席。

席ごとにパーティションで区切られています。

席ごとにパーティション

テーブルはシンプルです。

ふきん、ティッシュ、唐辛子、割り箸です。

ふきん、ティッシュ、唐辛子、割り箸

感染対策はバッチリなのですが、濡れ布巾は意見が分かれそうですね。

厨房は3人体制です。

途中でトッピングを追加したのですが、それは現金で会計しました。

麺もつゆも天ぷらも自家製で仕込むそうです。

麺は川崎市にある自社工場より直送。

そばは、注文毎に都度茹でたての生麺を使用し、うどんは、冷凍させてコシを持たせたものを使用するそうです。

ちくわ天そば(350円)

茹でたてまる美そばうどんのちくわ天そばです。

ちくわ天そば

信楽焼のようなしゃれた器です。

薬味はやや多め。

ちくわ天の衣は薄めです。

つゆは標準的だと思います。

これで立ち食いそば並みの350円はすばらしいですね。

ざるそば(350円)

茹でたてまる美そばうどんのざるそばです。

ざるそば

ざるそば

トッピングにちくわ天を加えたものと、きつねを加えたものです。

きつねは2枚1組です。

つゆが少し薄めだったかもしれません。

そばの最後の方が少し薄かったような気がしました。

そばはコシがあって美味しかったと思います。

さすが、自家製工場直送です。

メニュー

茹でたてまる美そばうどんの「お品書き」です。

お品書き

2021年4月3日現在の消費税込み価格です。

そば・うどん

かけ250円、たぬき、きつね、わかめ、月見など各300円、かき揚げ天、ちくわ天、春菊天、紅生姜天、コロッケ各350円、いか天、肉、カレー各400円、もり300円、ざる350円です。

そばもうどんも値段は同じです。

そば

麺大盛りは100円増しです。

定食

コロッケ定食(たぬきそぎ又はたぬきうどん・コロッケ・半ライス・小鉢)、ハムカツ定食(たぬきそぎ又はたぬきうどん・ハムカツ・半ライス・小鉢)、白身魚フライ定食(たぬきそぎ又はたぬきうどん・白身魚フライ・半ライス・小鉢)などです。

すべて550円です。

550円で、そば(うどん)も、ごはんも、おかずもいただけるというのはリーズナブルですね。

ご飯もの

カレーライス400円、ミニカレーライス250円、ライス250円、半ライス150円です。

そば(うどん)だけでは足りないときに重宝します。

トッピング

たぬき、きつね、わかめ、生卵各50円、かき揚げ、ちくわ天、春菊天、紅生姜天、コロッケ各100円、いか天、肉が各150円です。

多摩川スポット

東急多摩川線矢口渡駅付近は、環状八号線(環八)より多摩川側が文字通り多摩川という住居表示ですが、庶民の飲食店が増えてきました。

「大田区多摩川」にある店を振り返ってみましょう。

冒頭でご紹介したのは、先日お伺いしたラーメンビッグです。

向かいには、ラーメン道楽環八矢口渡店があります。

ラーメン道楽環八矢口渡店(大田区多摩川)は、コシのある玉子麺と作り置きしないフレッシュでクリーミーな濃厚スープの店
ラーメン道楽環八矢口渡店(大田区多摩川)は、コシのある玉子麺と、作り置きしないフレッシュでクリーミーな濃厚スープの店です。創業以来の注ぎ足し醤油ダレに漬け込む上質肩ロースの濃厚な焼豚など、オリジナリティあふれるトッピングも堪能できます。

家系ではありませんが、本格豚骨ラーメンはおすすめできます。

国道1号線(第二京浜国道)よりにもう少し歩くと、東急多摩川線矢口渡駅近くにラーメン福屋矢口店があります。

ラーメン福屋矢口店(大田区多摩川)は醤油、濃厚味噌、塩のらーめんに合計14種類のトッピングのバリエーションを提供
ラーメン福屋矢口店(大田区多摩川)は、東急多摩川線矢口渡駅から徒歩2分、環状八号線沿いにあるラーメン店です。醤油らーめん、濃厚味噌らーめん、塩らーめんを基本メニューに、合計14種類のトッピングのバリエーションを提供しています。

多摩川随一の町中華で、醤油、濃厚味噌、塩のらーめんに合計14種類のトッピングのバリエーションを提供しています。

中華sobaいそべは、いわゆるネオクラシック系です。

中華sobaいそべ(大田区多摩川)白旨黒旨2種類スープ、自家製麺、自家製ワンタン、化学調味料不使用、国産小麦麺の店
中華sobaいそべ(大田区多摩川)に行ってきました。白醤油ベースの白旨青湯系、濃口醤油ベースの黒旨淡麗系の2種類スープ、ストレート中太の自家製麺、海老や肉のしっかりつまった自家製ワンタン、化学調味料を使わず国産小麦の麺で勝負する本格派です。

白醤油ベースの白旨青湯系、濃口醤油ベースの黒旨淡麗系の2種類スープ、ストレート中太の自家製麺、海老や肉のしっかりつまった自家製ワンタン、化学調味料を使わず国産小麦の麺で勝負する本格派です。

今回、ジャンル的にかぶるのは讃岐うどん源八。

https://www.shiseiweb.co.jp/ootaku/%E8%AE%83%E5%B2%90%E3%81%86%E3%81%A9%E3%82%93%E6%BA%90%E5%85%AB

立ち食いそばの値段で、本格讃岐うどんが食べられることが特長です。

こちらは、多摩川大橋近くなので、茹でたてまる美そばうどんとは同じジャンルではありますが、ただし競合店というには少し離れていますね。

各店とも、これからのご繁栄を祈念します。

以上、茹でたてまる美そばうどん(大田区多摩川)は、立ち食い並みの価格ですが自家製の麺とつゆと天ぷらを提供するメニュー豊富な店、でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました